更新日: 2014/04/25

NEXTGEAR-NOTE i790は、GeForce GTX870M(6GB)を標準搭載する15.6型のゲーミングノートPC。

i780シリーズの後継となる製品で、i780と同じくNTSC比95%という広色域な液晶を採用しています。

ゲーム向けだけあって性能も高く、CPUはExtreme Editionこそ選択できないものの 最大でCore i7-4900MQの搭載や、ストレージにおいてはmSATA SSDを2枚と、2.5インチのストレージも2台搭載可能。

その他、バック・チャンバー付きスピーカーを搭載しており、内部への音漏れが発生せず音質が良いのもこの製品の特徴です。ただし、i990の10ccのチャンバーに比べると、i790は2ccと容量が小さいです。

あと、キーボードバックライトは搭載されません。(NEXTGEAR-NOTE i790の製品ページをお探しの方はこちら




【製品の主な特徴】

・NTSC比95% の15.6型フルHD非光沢液晶を搭載
・NVIDIA GeForce GTX870M(6GB)を標準搭載
・CPUは最大Core i7-4900MQ、ストレージは最大でmSATA SSD×2&2.5インチのストレージを2台搭載可能
・Windows キーの有効・無効を設定可能なアプリケーションが付属
・2ccのチャンバー付きスピーカ―を採用 ノートにしては音が良い

この製品の特徴としては、GTX870M(6GB)搭載でグラフィック性能が高いという部分、
またNTSC比95% の液晶を搭載している部分などがあげられます。

G-Tuneは一般用途向けのノートPCに比べると、総合的に綺麗な液晶を搭載しているように思えますが、
G-TuneでもNTSC比95% の液晶を搭載しているのは、旧モデルのi780とNEXTGEAR-NOTE i790のみとなります。(2014年4月24日時点)

ちなみにNTSCとはアナログテレビ方式の色域規格で、色の範囲はAdobe RGBと比較してややずれてはいるものの、
同じ位広い色域を持ちます。NTSCの色域をカバーする液晶は、特に映像制作系の業務等で利用される事が多いです。

一般的なノートPCでは、やや色域が広いと思われるものでもsRGBの色域をほぼカバーできるかできないか程度のものが殆ど。
sRGBの色域の範囲がNTSCの70数パーセントくらいである事を考えると、NTSCカバー率95%という数字がいかに広色域であるかという事がよくわかると思います。

もちろん、広色域な液晶は作業によっては扱いが難しい為、広色域であればあるほど良い液晶だというわけではありませんが、
映像等は非常に鮮やかで美しく、ゲームのプレイなどでは映像をより楽しめると思います。

ゲームのプレイはもちろん、美しいグラフィック映像を楽しみたい、という方に特におすすめの製品だと言えるでしょう。


【構成の一例】

NEXTGEAR-NOTE i790SA1(シルバーモデル)

Windows 8.1 (64bit)
Core i7-4700MQ
HM87 Express
8GB (8GB×1)
15.6型ワイドフルHD、非光沢、NTSC比 95%カバー
GeForce GTX870M(6GB)
120GB SSD(mSATA)+1TB HDD(5400rpm)
DVDスーパーマルチドライブ
IEEE802.11b/g/n+Bluetooth4.0 + LE
駆動時間:約4.6時間
重量:約 3.1kg(構成により変化)

¥159,800 (税別)~
価格・構成内容は2014年4月24日時点

2014年4月24日時点、CPUのアップグレードキャンペーンが実施されています。
(上記モデルだと、Core i7-4700MQをCore i7-4710MQに無償アップグレード)

期間限定のキャンペーンですので、製品を購入するタイミングによっては終了している可能性もありますが、
このようなキャンペーンは比較的良く実施されていますので、購入を検討されている方は製品ページを要チェックです。



以下、NEXTGEAR-NOTE i790シリーズの展示機を用いた簡易レビューを掲載します。
簡単なものとなりますが、外観や性能等の参考情報としてご覧ください。


写真ではわからないと思いますが、特に緑や赤色の表示が鮮やかです。

筺体左側面にはIEEE1394、LAN、USB3.0×2、eSATAとUSB3.0のコンボ、マルチカードリーダーを搭載

右側面にはDVD光学ドライブ、ヘッドフォン出力、マイク入力、ライン入力、SPDIF、USB2.0、セキュリティスロット


無地一色の天板にG-Tuneのロゴ。

ロゴには、エンボス加工を施したような凸凹感があります。
あと、天板は無地一色といっても、よく見ると細かいラメのようなものが全体にちりばめられています。




キーボード

キーボードは、右側にテンキーを搭載するアイソレーションタイプのキーボードを採用。
テンキーとEnter等のキーの間が詰まっており、慣れるまではやや打ち難いかもしれません。

ただ、WASDキーに赤い矢印がプリントされており、些細な事ですがゲームはやりやすいかもしれません。
タッチパッドはクリックがやや硬め。



掲載モデルはNEXTGEAR-NOTE i790SA1という、シルバーモデル

FF14 新生エオルゼアキャラクター編のスコアは8695 1920×1080で高品質(ノートPC)という設定


NEXTGEAR-NOTE i790 シリーズについては以上となります。
製品のラインアップやより詳しい仕様、価格などについては、公式の製品ページにてご確認ください。