更新日: 2015/06/01

LuvBook C シリーズは、マウスコンピューターが販売する11.6型のモバイルノート。

以前の記事でも特徴をご紹介した事がありましたが、先日実機に触れる機会がありましたので、再度簡単にご紹介したいと思います。

2015年6月1日現在、最小構成では税込でも3万円台という非常にリーズナブルな価格を実現しており、簡単な用途向けのPCをできるだけ安く手に入れたいという方に適した製品です。

CPUにCeleron N2840搭載と、スペックはあまり高くはありませんが、上位構成では256GB SSDや8GBものメモリを搭載したモデルもラインアップ。

価格の安いエントリーノートは、ストレージにHDDしか選択できないような製品も多く、価格が安くても性能面で妥協しなくてはならない場合がありますが、本製品のようにCeleron搭載であってもストレージがSSDであればかなり快適に利用できますので、安価かつロースペックな製品としては魅力は大きいと思います。

外観も、私が想像していた以上に良い感じでした。



【主な特徴】

・11.6型HD(1,366×768)の光沢液晶を搭載
・CPUにはCeleron N2840を搭載
・メモリは2GB~8GB
・ストレージはHDDの他、最大256GB SSDを選択可能
・重量約1.3kg
・カラーは「ホワイト」と「ピンク」

11.6型モバイルノートとしては、目を惹くような軽さではありませんが、十分持って歩ける重さです。
とはいえ、本製品は外出用というよりは、屋内の様々な場所で気軽に利用するPCとして購入される方が多いのではと思います。

小さくて軽いと扱いやすく、部屋の移動や体勢を変えてPCを利用するような場合にも便利です。

筺体カラーはホワイトとピンクがラインアップされています。
最初、なぜピンク?と思ってしまったのですが、実物は結構綺麗めで上品な感じのピンク色でした。

男性は多分選ばないと思いますが、綺麗なカラーのPCを持ちたいという女性には好まれそうな色味です。



ピンクカラーのモデルの天板 やや濃いめのシルバー系のピンクといった感じの色味で、質感が良いです。

天板の上にはmouse computerの刺繍調のロゴ

写真ではわかり辛いですが、かなり薄いです

決して軽いとまではいえないものの、一応片手でも持てる重さ

仕様だけを見ていると重さなどに目が行きがちですが、本製品は筺体の厚みが12~22.7mmとかなり薄型。
マウスコンピューターでは、過去にも11.6型のノートを販売しており、今回のLuvBook C シリーズも そういったモデルと同じような外観と思ったのですが、全く異なりました。

過去のモデルはなんとなく筺体全体の形状などに垢抜けなさがありましたが、今回のモデルは側面の線がスッとしていてとてもスタイリッシュな印象。鞄などへの収まりも良く扱いやすいと思います。



正面から見た全体の様子 パームレストやキーボード周りも天板と同じカラーで一体感があります

ディスプレイの解像度は1366×768ドット 11.6型サイズなのでちょうど良いくらいだと思います

左側面にはVGA、HDMI、USB3.0、マイクやヘッドフォンなどのオーディオ端子が2基

右側面にはUSB2.0×2基、カードリーダー、LAN、電源コネクターが並びます

インターフェースはUSBをはじめ、映像出力やLANなど一通りのものが揃っています。




キーボードとタッチパッド

キーボードの使い勝手は普通です。
簡単に触っただけであるため、長く使えばまた評価が変わるかもしれませんが、良くも悪くもなくという感じ。

タッチパッドはボタンが少し硬く押しにくかったです。
長時間タッチパッドで操作を行うような場合だと、やや辛いかもしれません。



筺体底面全体の様子 バッテリのみ着脱できる

ホワイトカラーのモデル

ホワイトカラーもピンクカラーと同様、ややシルバー系の光沢感が見られる色味で綺麗です。
ピンクも綺麗ですが、普通に考えるとホワイトを選ばれる方が多いと思います。

ちなみに上記写真に掲載の製品は、色々な都合で筺体にマウスコンピューターのロゴが入っていないのですが、実際の製品にはもちろんロゴが入ります。



掲載モデルの構成 上記は最小構成モデルの内容

最小構成モデルはCeleron N2830、メモリ2GB、320GB HDDという内容で、税込でも3万円台と安価(2015年6月1日)。



デバイスマネージャの内容

ディスクの内訳

Windows エクスペリエンス・インデックスの内容

高性能とはいえませんが、メモリは最大8GBまで、ストレージは256GB SSDを選択できますので、構成内容によっては使用感は結構快適だと思います。
使用感を考えると、SSDを搭載するモデルを選択した方がコストパフォーマンスは高く、実際にもSSDを選択される方が多いのではないでしょうか。

ちなみに2015年6月1日現在、値引きキャンペーンにより、128GB SSDを搭載したモデルでも4万円前後と非常にリーズナブルな価格となっています。

他にも、パーツのアップグレードを通常よりも安く行えるなどお得な内容となっていますので、製品に興味をお持ちの方、購入を検討されている方は早めに製品ページをチェックしてみてください。