更新日: 2013/10/30

レノボ・ジャパンよりYogaシリーズの新モデル、Yoga 2 Proが発表されました。

このYoga 2 Proはラップトップ、スタンド、テント、タブレットの4つのモードへの変形が可能な13.3型のUltrabook。IdeaPad Yoga 13の後継となるモデルで、製品のコンセプトは継承してはいるものの、IdeaPadの名称はなくなってしまったようです。

従来との大きな違いは、液晶がHD+からQHD+(3200×1800ドット)へと高解像度化された部分。重量も従来の約1.5kgから1.39kgへと軽量化されており、携帯性は向上していると思われます。

主な構成は第4世代のCore i7-4500Uに、メモリ8GB、256GB SSDなどハイパフォーマンスな内容です。

筺体のカラーはシルバーグレーとクレメンタインオレンジの2色。これまでと同じカラーが採用されています。



【主な特徴】

・13.3型ワイドQHD+(3200×1800ドット)の光沢液晶、10点マルチタッチ対応、IPS、ゴリラガラス
・重量は約1.39kg
・第4世代Core i7プロセッサーを採用
・筺体デザインを若干変更
・カラーバリエーションはシルバーグレー、クレメンタインオレンジ
・OSにはWindows 8.1を搭載

13.3型にしては軽量、そして高性能・・と、従来のモデルと同じく印象の良いモデルです。

高解像度液晶に関しては、アプリの非対応等で使い難い部分もあるのではと想像してしまうのですが、
写真や動画などを扱うユーザーにとっては魅力的なものです。

Yoga 2 Proのような製品を買うユーザーは、その点を理解した上で購入される方も多いでしょうから、
購入後に「こんなはずではなかった」などいう声が上がる事はあまりないのではと思われます。

筐体デザインは一見、従来のモデルと変わりなく見えるのですが、
従来モデルが前後で平坦な形状であったのに対し、Yoga 2 Proは前方にかけて薄くなる構造を採用しているのだとか。

また、従来モデルではテントモード時にテーブルに触れるのが天板などの金属部であったのに対し、
Yoga 2 Proではラバー状のパームレスト部分が着地点となるよう改良されているよう。
細かい点ですが、金属の擦れる感触や音は気持ちの良いものではありませんので、良い改善だと思います。


【構成の一例】

Lenovo Yoga 2 Pro 主な仕様

Windows 8.1 (64bit)
Core i7-4500U
8GB (8GB×1)
13.3型 QHD+ IPS液晶、光沢、10点マルチタッチ
HD グラフィックス4400
256G SSD
インテル Centrino Wireless-N 7260 b/g/n+Bluetooth4.0
駆動時間:約8時間(公称値)

189,800円前後
価格・構成内容は2013年10月30日時点

上記は、11月9日から販売開始予定の量販店向けモデルの構成・価格です。
Yoga 2 Proは直販(レノボ・ショッピング)での販売も順次開始予定となっているよう。

既に製品ページも公開されていますので、製品に興味を持ちの方はそちらもぜひご覧下さい。


以下、イメージ画像です。
実際の製品とは異なる可能性もありますので、参考程度にご覧ください。


クレメンタインオレンジの筐体

360度の開閉が可能

シルバーグレーの筐体

タブレットモード
【掲載製品の情報】
Lenovo Yoga 2 Pro 製品詳細