更新日: 2014/07/01

レノボ・ジャパンより、Celeron N2830を搭載する11.6型ノート「Lenovo S20」が発表されました。 旧IdeaPad Sシリーズの新製品だと思われます。(IdeaPadは廃止となり、Lenovoシリーズに統一されました)

構成はOSがWindows 8.1 Update(64bit)、Celeron N2830(2.16GHz)、メモリ4GB、ストレージには500GB HDD(5400rpm)を搭載し、液晶には1,366×768ドットの11.6型ワイド非光沢液晶を、ワイヤレス機能はIEEE 802.11b/g/n、Bluetooth 4.0という内容。

本体は厚みが6~20.9mmとやや薄めですが、重量は約1.3kgと11.6型サイズの割には少し重いように思います。といっても、モバイルは十分に可能です。

7月4日よりレノボ・ショッピング(直販)にて順次発売予定。Office Home and Business 2013搭載モデルと 非搭載モデルの2種がラインアップされます。



【製品の主な特徴】

・Celeron N2830を搭載
・静音設計のファンを採用
・11.6型ワイドHD(1,366×768)の非光沢液晶を搭載
・重量は約1.3kg
・バッテリ駆動時間は約5.3時間(公称値)

Celeron N2830というと、Windows 8~8.1タブレットなどに搭載される事の多い Atom Z3000とほぼ同等の性能を持つプロセッサ。
余り負荷の高い用途には向きませんが、日常的な作業であれば十分快適に動作すると思われます。

ネットやメール、動画閲覧程度の作業しかしない方であれば、十分な内容でしょう。
ただストレージがHDDなので、全般的に処理は遅めだと思われます。

キーボードにはおなじみのAccuTypeキーボード(人間工学に基づいた設計)を採用、ボタン分離タイプのタッチパッドが採用されており、
実際に使ってみなくては操作性などはわからないものの、見る限りでは使いやすそうに思えます。
光沢液晶ではなく非光沢液晶が採用されている所も、個人的には好みです。

上にも書いた通りやや筺体が薄型であるためか、側面の端子はUSB 2.0が2基、HDMI出力、
電源コネクター(角型)、SDカードリーダー、オーディオ端子、LAN、OneKey Rescue Systemボタンと少な目。

重量は約1.3kgとモバイルは十分可能ではあるものの、小型サイズのノートとしては若干重いでしょうか。

構成はシンプルですが、価格は51,500円前後と安価。(Office搭載モデルは70,500円前後)
日常的な用途向けの、お手頃で使い勝手の良いノートをお探しの方に向く製品だと言えるでしょう。


【構成の一例】

Lenovo S20(59424274/Officeなし)

Windows 8.1 Update (64bit)
Celeron N2830
4GB (PC3-10600 DDR3L SDRAM/1スロット)
インテル HD グラフィックス
11.6型ワイドHD、非光沢
500GB HDD(5400rpm)
HD 720p カメラ
IEEE802.11b/g/n+Bluetooth4.0
駆動時間:約5.3時間
サイズ:299×207×6~20.9(幅×奥行き×高さ/mm)、重量約1.3㎏
カラー:エボニー

¥51,500前後
価格・構成内容は2014年7月1日時点


上記はOfficeなしモデルで、Microsoft Office Home & Business 2013を搭載したモデルもラインアップされます。
2014年7月4日より、レノボ・ショッピングにて販売開始予定です。



以下、Lenovo S20のイメージ画像となります。
実際の製品とは異なる可能性があるため、参考程度にご覧ください。

以上となります。
Lenovo S20のより詳しい情報については、公式の製品ページにてご確認ください。