更新日: 2013/02/13

14型のUltrabookです。
この製品は量販店のみでの扱いとなります。

HP Pavilion Ultrabook 14-b000の後継にあたるモデルですが、筐体は以前のまま。プロセッサがCore i5-3317UからCore i5-3337Uに、メモリが4GBから8GBに強化され、新カラー「シルバー」が追加されました。



安価なUltrabookという以外に、特に目だった特徴はない製品だと思うのですが、標準で「KINGSOFT Office 2012 Standard」が付属しています。
オフィスを載せるのであれば、MSのオフィスを搭載したモデルと搭載しないモデル、2種類を販売した方が良いのではと自分は思うのですが(人によって意見は異なると思いますが)、とにかく付いています。

製品価格は量販店向けの製品なので店舗によって開きがありますが、店頭予想価格は7万円前後、実際は大体6万円台前半から後半で販売されているようです(2013年2月13日時点)。

旧モデルも同じくらいの価格であった事を考えると、スペックが強化された分、多少コストパフォーマンスはよくなっていると思います。

【構成の一例】

HP Pavilion Ultrabook14-b105TU パフォーマンスモデル スパークリングブラック

Windows 8 (64bit)
Core i5-3337U
8GB (4GB×2)
14.0型ワイドHD、光沢
HD グラフィックス4000
500GB HDD+32GB SSD(mSATA)
IEEE802.11b/g/n+Bluetooth4.0
駆動時間:約5時間
KINGSOFT Office 2012 Standard

6万円台前半~後半
価格・構成内容は2013年2月13日時点

カラーはスパークリングブラック、シルバー、ルビーレッドの3色です。


以下、旧モデル「HP Pavilion Ultrabook14-b000」の写真ですが、参考として掲載します。


スパークリングブラックの天板。ブラックだが、全体にラメのようなものが散りばめられている。

液晶はHDの光沢のみ。

キーボード。見難いですが、右端にHomeやPgUpなどが並ぶタイプのアイソレーションキーボードのよう。

左側面

右側面
【掲載製品の情報】
HP Pavilion Ultrabook 14-b100の製品詳細icon