更新日: 2013/03/05

少し前にレビュー記事を掲載したので、細かい詳細についてはそちら(ENVY x2のレビュー)を見ていただきたいのですが、ENVY x2は最近多いハイブリッド型のPCです。

構成的に、ノートよりもタブレットに近い内容ですが、個人的にお勧めの製品。



このタイプの製品はこれまでにも幾つか出ていますが、比較的価格高めで重量も重めのものが多いです。
ENVY x2も11.6型のノートPCとして考えると約1.41kgと決して軽いものではないのですが、持ち歩けない重さではありません。コンセプト的に、携帯時はタブレットで・・と考えられているのかもしれませんが、キーボードが必須の自分にとっては総重量がいくらであるのかは重要な要素です。

あと、重量以上に魅力なのが価格。
構成(Atom Z2760)を考えると妥当な価格なのかもしれませんが、ハイブリッドタイプのノートで7万円を切る価格は安いです。

加えて液晶(IPS)やキーボードも使いやすく、Core iプロセッサーを搭載したノートのような性能でなくても良いというのであれば、この製品はおすすめできると思います。

ちなみにAtomというと低性能なイメージがありますが、Atom Z2760はそれ程性能は低くはありません。普通にネットや動画を見たり、オフィス等の文書を閲覧・編集したりするくらいであれば快適にこなせます。ただ、オフィスのようなソフトを使用する場合、簡単な作業であれば問題ありませんが、大量のデータ処理などには向きません。動作が遅くなります。

【構成の一例】

HP ENVY x2 11-g005TUスタンダードモデル

Windows 8 (32bit)
Atom Z2760
2GB (2GB×1)
タッチ対応11.6型ワイドHD、IPS液晶
グラフィックス・メディア・アクセラレーター
64GB(eMMC)
IEEE802.11a/b/g/n+Bluetooth4.0
駆動時間:タブレット(約 10時間45分) タブレット+キーボードドック(約19時間)

¥69,930 (税込)~500台限定で配送料無料
価格・構成内容は2013年2月8日時点

2013年3月5日追記: 2013年3月5日正午より、Windows 8 Pro(32bit)を搭載し、ストレージを64GB→128GB(eMMC)に増量した「HP ENVY x2 11-g024TU 大容量プロモデル」が追加されました。Win 8だと容量が少なくても大丈夫・・ですが、マシンに色々入れたい方には物足りなかったと思います。今回のモデルはそういった方にお勧めです。価格は¥85,890 (税込/2013年3月5日時点)~で、500台限定送料無料です。



タブレットとキーボードを分離した図。

タブレットもキーボードドックもほぼ変わらない重量です。このバランスは結構難しいのではと思います。

もしかすると、もっとキーボードを軽く出来たのかもしれませんが、キーボードを軽くするとノートPCとして使う場合に、液晶側に倒れやすくなります。



天板の様子。良くあるデザイン・・ですが、hpのロゴが中央に入っているのは珍しいかもしれません。

エクスペリエンス・インデックスのスコア。

ディスク性能。

ストレージには64GBのカード型のインタフェースを持つeMMCというフラッシュメモリが使われています。

SSDよりも軽く低消費電力であるというところが魅力のデバイスですが、読み書き性能はSSDに劣ります。実際、スコアはHDDを搭載した製品の数値に似ており、ぱっとしない数値です。ですがランダムのリードは早め。

性能の割りに、OSやソフトの起動が早いのはそのせいだと思います。

【掲載製品の情報】
HP ENVY x2の製品詳細icon