更新日: 2013/02/13

15.6型のdv6シリーズで、インテルCPUを搭載したモデル。

基本的に、スペックや筐体は昨年のdv6-7000等から殆ど変化していないのですが、OSがWindows 8になっています。

液晶はAMDモデルと同じく、HDの光沢液晶のほかにフルHDの非光沢液晶を搭載可能、メモリは16GBまで(AMDは8GBまで)可能ですし、ブルーレイ等のドライブも選択することができます。筐体はAMDのモデルと同じですが、インテルモデルの方がパーツのカスタマイズ性は高いです。



dv6-7200は選択するプロセッサによってグラフィックスが変化するようになっており、Core i3やCore i5搭載のモデルでは内蔵のHDグラフィックス4000を利用、上位のCore i7以上を選択した場合には自動で GeForce GT 650Mが搭載されます。

内容的に、とてもコストパフォーマンスの高い製品です。
下は¥49,980 (税込/2013年2月13日時点)から販売されており、タッチパッドやキーボード等の操作性もHPの個人向けノートの中では良いです。

携帯用ではないノートをお探しの場合で、安く使い易い製品が欲しいという方にはお勧めできるモデルだと思います。

【構成の一例】

HP ENVY dv6-7200(インテルモデル) デュアルコア・プロセッサー 東京生産カスタムモデル

Windows 8 (64bit)
Core i3-3120M
4GB (4GB×1)
15.6型ワイドHD、光沢
HD グラフィックス4000
320GB HDD(7200rpm)
DVDスーパーマルチドライブ
IEEE802.11b/g/n+Bluetooth4.0
駆動時間:約7時間

¥49,980 (税込)
価格・構成内容は2013年2月13日時点



dv6-7000の写真ですが、筐体は同じなので参考として掲載。

冒頭のdv6の写真はライトがきつくて天板の素材が光沢っぽく見えていますが、
実際はヘアライン加工が施されたマットな質感のアルミ素材が採用されています。

色味は地味ですが、安っぽい感じはしません。



左側面

右側面

インターフェースはAMDモデルと同じです。
USB3.0が3基、2.0が1基・・他、端子類は普通に充実しています。


キーボードはテンキーつき、タッチパッドはボタン分離型。
どちらも非常に使いやすい、というものではないのですが、HPの個人向け製品の中では使い易い部類です。

日常使いは勿論ですが、構成によってはビジネス用途にも使える製品だと思います。