更新日: 2013/10/21

日本HPより、3,200×1,800ドットの液晶を持つ14型ノート「HP ENVY 14-k000 TouchSmart Sleekbook」が発表されました。

名称にSleekbook(※)とあるように、Ultrabookの仕様には準拠しませんが薄型ノートのカテゴリに位置づけられた製品です。

最近はフルHD以上の高解像度な液晶を搭載するノートPCがちらほら見受けられますが、この製品もそんな流行を受けて登場したモデル。

解像度の高さと液晶の良し悪しはまた別物だと思うので、実際の製品を見ないうちにどうとは言えませんが、面白そうなモデルだと思います。

主な仕様としてプロセッサにCore i5-4200U、外部GPUにGeForce GT 740Mを搭載、ストレージはSSDではないもののHDDにキャッシュ用のSSDという組み合わせを採用しており、パフォーマンスはそこそこ高いと思われます。

※SleekbookはUltrabookの仕様には準拠しないものの、それに近い薄さと内容を持つ薄型ノートに対して付けられる名称。HPが独自に定義するものです。



【主な特徴】

・14型ワイドQHD+(3,200×1,800ドット)タッチ液晶搭載
・NVIDIA GeForce GT 740M搭載
・ストレージは750GB HDD&24GB SSD(キャッシュ用)
・重量は約2.14kg

面白そうなモデルだと書きましたが、使いやすさに関しては微妙だという意見です。
モダンUIならともかく、デスクトップ画面だと表示が小さくなりすぎて逆に使い勝手が悪いのではないかと思われます。

もちろん表示はある程度調整できますが、ソフトによっては表示の変更に対応していないものもあります。

ソフトがサイズの変更に対応していなくとも、フルHD程度であれば表示がやや小さいというだけで何とか操作できるような気がしますが、
3,200×1,800ドットともなるととても使い難いのでは?などと考えてしまいます。

ただ制作系などサイドメニューの多いソフトウェアを利用する際は、画面の解像度が高いと作業領域が広く取れて便利。

画像編集などは、低解像度の液晶を利用して行うよりも作業が行いやすくきれいに仕上がると思いますし、
ドットが細かく緻密なので写真の閲覧なども楽しめると思います。(液晶が綺麗なものであるかどうかはわかりません)


【構成の一例】

HP ENVY 14-k000 TouchSmart Sleekbook 主な構成

Windows 8 (64bit)
Core i5 4200U
8GBメモリ
14型ワイドQHD+(3200×1800)、タッチ対応
NVIDIA GeForce GT 740M(2GB)
750GB HDD+24GB SSD
IEEE802.11b/g/n+Bluetooth4.0
駆動時間:約8.5時間45分(公称値)
重量:約2.14kg

140,000円前後
価格・構成内容は2013年10月21日時点

販売は量販店のみで、価格は14万円前後。
構成にしてはやや高めに思えますが、高解像度液晶を搭載している事を思うとそうでもありません。

2013年10月25日より順次販売が開始されます。