更新日: 2013/06/11

XPS 8700は、XPS 8500の後継となる高性能デスクトップPC。新プラットフォームである第4世代Core プロセッサを搭載したモデルです。

以前との違いは、ストレージが強化された部分と搭載メモリ容量の増加、またUSB3.0の数が増えました。

具体的には旧モデルのストレージの最大構成がHDD×2&SSD×1であったのに対し、新モデルではHDD×3&SSD×1に、またメモリは最大32GBまで搭載可能となっています。

あとこのシリーズは、Adobe Photoshop Elements やPremiere Elementsが標準で搭載される特典がついているのですが、そのソフトウェアのバージョンが両ソフトとも10から11にアップグレードされました。(これまでのモデルでは10であったため、なぜ最新の11ではないのかと思っていましたが、ようやく最新に対応)

筺体は中の構造が少し変化しましたが、外観は前と変わっていないようです。※掲載写真はイメージです。



【主な特徴】

・第4世代Core プロセッサを搭載
・ストレージやメモリが強化
・添付のAdobeソフトウェアのバージョンが10から最新の11に
・Windows 7 Home PremiumやProfessionalの選択肢もあり

製品の性質上(クリエイター向け)、Windows 7の選択肢も残されています。
カスタマイズ性もより高くなり、価格も内容の割にお手頃。前と変わらず人気の高い製品になるのではないかと思います。


【構成の一例】

XPS 8700 エントリーモデル

Windows 8 (64bit)
Core i5-4430
8GB (4GB×2)
AMD Radeon HD 7570
1TB HDD(7200rpm)
DVDスーパーマルチドライブ
IEEE802.11b/g/n+Bluetooth v4.0+LE
電源:460W
Adobe Photoshop Elements 11 and Adobe Premiere Elements 11

¥94,680 (税込)~
価格・構成内容は2013年6月11日時点

2013年6月11日時点では、CPUは最大でCore i7-4770を選択可能、
またグラフィックスはGeForce GTX 660 (1.5GB)の選択も可能です。


以上となります。
製品のより詳しい仕様や価格については、デル公式の製品ページをご覧ください。

もし実際の製品に触れる機会があれば、また詳しく記事にします。

【掲載製品の情報】
XPS 8700