更新日: 2013/04/12

ALIENWARE M18xは、18.4型の液晶を搭載するゲーミングノートPC。ALIENWAREブランドのノートの中では最もサイズの大きい製品となります。

ALIENWAREの名を冠するだけあって、オーバークロック処理されたインテルの第3世代Core i7 プロセッサの提供や、SSD&HDDの構成、デュアルGPUオプション、最大24GBのメモリが選択可能であるなど、妥協のない内容を有しています。

価格も最小構成で20万超えと妥協がないため、ノートにこだわるのでなければ、デスクトップPCを選択した方がコストパフォーマンスは高いのではないかと考えてしまいますが、筐体のデザインやイルミネーションのギミックはALIENWAREのノートならでは。

ALIENWAREのデザインを好む方には最強のノートPCだと言えるでしょう。




製品の概要について簡単に解説します。
(構成などは時期によって異なるため、参考程度にお読みください。)

液晶は18.4型でフルHDで光沢です。
個体差があるかもしれませんが、私が確認したモデルは視野角はあまり広くはありませんでした。

18.4型サイズだけあって、筐体サイズや電源アダプターのサイズはかなり大きいです。
筐体にかなり厚みがあるため、机などにおいているとかなり威圧感を感じるだろうと思われます。

構成に関してですが、カスタマイズでは最大で24GBまでのメモリを選択可能となっていますが、仕様的には32GBまで搭載できます。
最大3台までのHDや(mSATA SSD含む)、グラフィックスはデュアル Radeon HD 7970MやGeForce GTX680MのSLI構成なども選択可能。
(ここに記載の構成は選択できる構成の一部です)

プロセッサに関しては最大でオーバークロック済みのCore i7-3940XMが選択可能となるなど、
あらゆるPCゲームを快適にプレイする事ができるであろう内容の構成が提供されています。


その他、搭載の「AlienFX」によって再現される筐体のイルミネーションもユニークです。

キーボードやロゴなどのイルミネーションカラーを個別に指定できる事はもとより、
起動するアプリやイベントに合わせてカラーを自動で変更するようなカスタマイズを行う事ができるなど、非常に奥が深いです。

このギミックに魅力を感じ、ALIENWAREを選択される方も少なくないと思います。

上にも書いたように決して価格は安くはないため、ゲーミングデスクトップPCを購入された方が拡張性は高く、
コストも抑える事ができるのではと思いますが、イルミネーション仕様のキーボードなども含めての価格ですので相応かと思います。


【構成の一例】

ALIENWARE M18x スタンダード

Windows 8 (64bit)
Core i7-3630QM
6GB (2GB×1、4GB×1)
18.4型ワイドフルHD、光沢
NVIDIA GeForce GTX675M(2GB/GDDR5)
500GB HDD+32GB SSD(mSATA)
DVDスーパーマルチドライブ
Centrino Wireless-N 2230+Bluetooth4.0
バッテリ:12セル
駆動時間:不明

¥209,980 (税込)~
価格・構成内容は2013年4月12日時点


以下、昨年のイベント時に撮影したALIENWARE M18xの写真です。
レビュー記事にする程触れてはいないため、ここで簡単に掲載したいと思います。

現在販売の製品とは異なる箇所があるかもしれませんので、参考までにお願いいたします。


正面から。こうやって見るとそれ程の大きさではないように思えますが、かなり大きいです。

重量は構成によっても変化しますが、最小で5.41kg。



天板中央にはエイリアンの顔。

天板はアルミ仕上げで、写真のカラーはスペースブラック。
他、ネブラレッドも選択可能です。

スペースブラックは指紋が目立ちやすいので、個人的にはネブラレッドのカラーが好み。


さすがにインターフェースは充実しています。
HDMIは出力端子のほか、入力端子も備えられています。

右側面のUSB/eSATAのコンボは、マシン電源オフ時の充電に対応。



前面には特に何もありません。

背面側の写真はありませんが、中央に電源コネクターがあります。



キーボード全体

キーボード左半分拡大

キーボード右半分拡大

右側にテンキーを搭載。
写真は英語キーボードですが、日本語キーボードももちろん選択可。

左端のキーなど、ゲームPCならではのキーが並びます。



キートップは端から中央にかけて若干湾曲しています

タッチパッドにもイルミネーション。ボタン分離型です。

キーボード右上には、メディア機能キーが並びます。

液晶下にあるALIENWAREのロゴと、キーボード上側にあるエイリアンの顔。


以下、エクスペリエンス・インデックスのスコアです。
昨年見たマシンなので現在では選べない構成が含まれていますが、参考までに掲載します。


エクスペリエンス・インデックス

簡単なシステム情報

Core i7-3720QMに8GBメモリ、AMD Radeon HD 7970M(2GB/デュアル)など、非常にハイエンドな構成です。



イルミネーションの設定を行えるAlienFX

非常に細かなカラーやイベントの設定が行えます


美しいイルミネーション。このキーボードが欲しい、という気持ちはわからなくもないです。

操作感や性能に関しては、それらが実感できるほど長く製品を触っていないため、そのあたりについては何とも言えません。
ただ構成的に性能は間違いがないと思いますし、キーボードも簡単に触った感じでは悪くはありません。

高価ですが、購入された方の満足度は高い製品だと思います。



ALIENWARE M18xについては以上となります。
製品のより詳しい仕様や具体的な価格に関しては、デル公式サイトの製品ページでご確認ください。

【掲載製品の情報】
Alienware M18x