更新日: 2013/02/06

ニコンのブースは規模が大きく、特にD600やD800のタッチ&トライコーナーがメインのようでした。

新しい製品はコンパクトで幾つかでており、そちらも触ることが出来るなど、タッチ&トライが多かったです。

2013年1月初めに発表された、Nikon 1 S1やJ3のタッチ&トライコーナーもありました。これらの製品はコンパクトのようなボディながらレンズを交換できるカメラなのだそうで、特にS1の方は初心者向けに発売されるものなのだとか。

デザインがライトな感じで、ピンクなどカラーによっては可愛らしいイメージです。





Nikon 1 S1。2013年2月に発売予定。
写真のレンズ、「1 NIKKOR VR 10-30mm F3.5-5.6」を付属する標準ズームキットが6万5,000円前後との事。

元々、従来のJ1やJ2がエントリー向けという位置づけの製品だったのですが、S1はより初心者向けとして販売されるシリーズなのだそう。
直感的な操作が可能な、わかりやすいインターフェースを採用しています。



レンズがボディと同カラーでお洒落です。

こちらはピンク。女性向けの可愛いカラーです。

J3の展示もありましたが、ものすごい人だったので触らずブースから出ました。

S1もJ3も、別売りのワイヤレスモバイルアダプターを利用する事で、撮影した写真や動画をスマホなどにワイヤレス転送できるのだそう。

こういったカメラを使う際、機能豊富なのは良いけど専門用語が良くわからない・・という場合も多いですが、特にS1はわかりやすい言葉で効果を設定できるなど、初めての使用でも使いやすいです。

「Nikon 1 J3」「Nikon 1 S1」プレスリリース




その他、様々な展示がありました。





D4の断面図。D4は発売当時65万のフラッグシップモデル。