更新日: 2016/05/16

キャノンのブースでは、2013年4月に発売予定のコンデジ「PowerShot N」を中心に見ました。

コンパクトといっても、このPowerShot Nは本当に小さく、手のひらにすっぽり収まるくらいのサイズ。欲しいとは思いませんが、小さいながら様々な機能を載せていて面白いです。



前から

上部

左側面。ストラップ取り付け部と電源ボタンがあります。

右側面。モードスイッチやワンタッチスマホボタン、再生ボタン、デジタル端子等。

ワンタッチスマホボタンはその名の通り、ワンタッチで登録しているスマホに撮影写真を転送するというもので、スマホを利用してSNSに写真を上げたい・・などという場合に便利に使えるのだとか。



液晶は約46.1万ドットの2.8型。タッチパネルに対応しています。

90度の角度までチルトさせることが出来ます。これはローアングルで撮る場合に結構便利。

レンズ近くにシャッターとズームリングがあります。

ズームの様子。
約1,210万画素、ズームは光学8倍。
(28~224mm F3.0~F5.9、感度はISO80~ISO6400まで)




このPowerShot Nには「クリエイティブショット」という面白い機能が搭載されており、一回シャッターを切ると通常の画像のほか、同じ画像を用いて特殊な加工処理を施した画像を5枚自動で生成します。

お洒落な写真を簡単に撮りたい、というニーズにこたえた機能なのだそう。


撮影モードを連写にし撮影すると・・

上のような感じで通常画像1枚+特殊加工画像5枚が生成されます。
画像は色だけではなく構図なども変わっており、中々ユニークです。

このPowerShot N、製品価格は29,980円(予定)との事。いつも携帯で写真を撮ってウェブ(SNS)にアップロードしている・・という方には手軽で良いかもしれません。




他・・歴代の製品の展示等、色々ありましたが余り細かくは見ていません。