富士通が販売するノートPC、LIFEBOOK WS1/Wに触れる機会が持てたため、製品について簡単にレビューしたいと思います。

LIFEBOOK WS1/Wは、13.3型フルHD、もしくは4Kの液晶を選べるモバイルタイプのノートPC。

LIFEBOOK WS1/Wというとわかり難いかもしれませんが、量販店向けのカタログモデルでは「LIFEBOOK SH90/W」として販売されている製品と同タイプのWEB専用モデルです。

インテルの第6世代Core i5や Core i7を搭載し、メモリは最大12GBまで、ストレージは最大512GB M.2 SSD、着脱可能な光学ドライブベイを備え、さらに高い堅牢性や長時間のバッテリ駆動にも対応するなど、性能だけではなく機能性にも優れています。

液晶は非光沢も選べ、VGAや有線LANも備えるなどビジネス用途にも適した特徴を持ち合わせており、ビジネス向けのモバイルノートを検討されている方はもちろん、頑丈で使いやすくバッテリの持ちが良いモバイルノートをお探しの方におすすめのモデルです。

今回は、そんな LIFEBOOK WS1/Wの特徴や使い勝手、構成についてご紹介したいと思います。


LIFEBOOK WS1/W 主な特徴

以下、LIFEBOOK WS1/Wの主な特徴です。
主にウェブ限定で販売されているカスタムメイドモデルの特徴となります。

・高い堅牢性(天板前面加圧試験や落下試験等のテストを実施)
・13.3型フルHD非光沢、WQHD非光沢、WQHDタッチを選べる
・最大Core i7-6500U、メモリ12GB(DDR4)、512GB SSD等を選択できる
・指紋センサーを搭載
・ハイレゾ対応のヘッドフォン端子を搭載
・使いやすいキーボード&タッチパッド(ATOK搭載)
・着脱が可能な光学ドライブベイを搭載
・長時間のバッテリ駆動が可能(約8.8~21時間/JEITA2.0/構成による)
・重さ約1.2~1.5kg

まず、LIFEBOOK WS1/Wの大きな特徴としてあげられるのは、堅牢性の高さ。

個人向けモデルにもかかわらず、天板前面加圧試験や落下試験、キーボードのたわみ試験、衝撃試験など様々なテストが実施されており、毎日満員電車に乗るような場合であっても安心して持ち運ぶことができます。


また、液晶には13.3型フルHDおよびWQHDの非光沢、WQHDのタッチパネルの選択肢が提供されており、主な構成に関してはCPUはCore i5~Core i7、メモリは4GB~最大12GBまでを選択でき、ストレージにはHDDの他、最大では512GBものM.2 SSDを搭載する事もできるなど、幅広い構成が提供されています。

着脱可能な光学ドライブには、ブルーレイディスクドライブの選択も可能です。


筐体のデザインについては、凸凹とした形状をなくし、手になじみやすいデザインを採用したのだとか。
タッチ搭載でも19.8mmと薄く、小さめのバックにも収めやすいノートPCです。

重量に関しては約1.2~1.5kgと結構幅があるのですが、これは光学ドライブベイを取外しできるという構造によるもので、何を搭載しているのかによって重量が変わります。

光学ドライブを完全に取り外した状態でも持ち歩けるという点が、とても便利です。
光学ドライブ着脱時には、本製品に付属しているモバイル・マルチベイ用カバーで剥き出しになった端子部をカバーすることができます。

このベイには他にも、別売りの内蔵バッテリユニットや、内蔵ハードディスクユニットなども装着できるため、例えばバッテリが必要な時には内蔵バッテリユニットを装着、本体のストレージとは別にHDDも利用したい場合には内蔵ハードディスクユニットを・・といった具合に、用途にあわせてフレキシブルにユニットを変更することができます。


あと、キーボードやタッチパッドの操作性に拘っている部分も魅力が大きいです。

筐体自体が薄いため、キーストロークは約1.2mmと浅めではありますが、指の力に合わせてキーの重さを2段階に調整した「2段階押下圧」キーボードの採用や、タイピング時の静音性なども考慮しています。

ATOKが搭載されているという点も、日本人にとっては利便性が高いのではないでしょうか。



LIFEBOOK WS1/Wの筐体外観・操作性

LIFEBOOK WS1/Wの筐体外観と、簡単な操作性をチェックします。



写真はスパークリングブラックカラーのモデル。
ブラックカラー一色の天板の中央に、富士通おなじみのロゴを配置するシンプルなデザインです。

他、アーバンホワイトの選択も可能。



正面から。
テンキーなしのキーボードを採用。

右パームレスト上に指紋センサーが、タッチパッド上にはNFCポートが搭載されています。

キーボードはEnterやBackspaceキーのサイズが大きめとなっていること、また右下のカーソルキーが独立した配置となっている部分など、見るからに使い易そうな配列、配置のキーボードです。

キーストロークはやや浅目ですが、その割にタッチ感は悪くはなく、タッチパッドもボタン独立タイプが採用されるなど、操作のしやすさを考慮したキーボードとタッチパッドだと思います。



本製品には13.3型フルHD非光沢、WQHD非光沢、またWQHDのタッチパネルが提供されています。

ウェブ限定のカスタムメイドモデルでは全ての液晶を選択できますが、量販店向けのカタログモデルで選べるのはWQHDタッチパネルのみ。

実用性を考えるとウェブ限定のフルHD非光沢パネルを選びたい、という方が多いのではないかと思われます。



左側面の様子。
電源コネクタ、LAN、VGA、HDMI、USB3.0、マイク入力とヘッドフォン出力のコンボポートが並びます。

LANやVGAを搭載するなど、ビジネス用途への利用にも便利なインターフェースの内容です。
また上でも述べた通り、ヘッドフォン端子はハイレゾ音源に対応しています。(ハイレゾ対応のヘッドフォンが必要です)



右側面の様子です。
UBS3.0、光学ドライブベイ(着脱可)、USB3.0、セキュリティスロットが搭載されています。



正面側にはメディアカードスロットを搭載。



本体底面側です。
中央付近に見える小さなカバーの内部には、メモリが搭載されています。

背面側(写真下側)にはバッテリが、そして右側には着脱可能なドライブが搭載されています。



モバイル・マルチベイロックを解除することで、光学ドライブを取り外すことができます。
本製品にはモバイル・マルチベイ用カバーが付属していますので、光学ドライブをとりはずした際にはそのカバーを装着して端子部を保護します。

標準搭載のドライブはDVDスーパーマルチドライブ(着脱式)となりますが、カスタマイズにてブルーレイディスクドライブ(着脱式)の選択も可能です。

また、オプションとなりますが、増設用内蔵バッテリユニット(28Wh)や増設用内蔵ハードディスクユニット(約500GB)の追加も可能です。

必要な方は製品購入時に追加しておくと良いでしょう。



LIFEBOOK WS1/Wで選べる構成

LIFEBOOK WS1/Wで選べる構成について解説します。
ここであげるのは、ウェブ限定のカスタムメイドモデルの構成です。(2016年11月25日確認)

ウェブ限定のカスタムメイドモデルと、量販店向けのカタログモデルとでは選択できる構成が若干異なっており、カスタムメイドモデルの方が選択肢の幅は広いです。


LIFEBOOK WS1/W(カスタムメイドモデル)
OS Windows 10 Home 64ビット
Windows 10 Pro 64ビット
CPU Core i5-6200U
Core i7-6500U
液晶 13.3型ワイドフルHD(1920×1080)非光沢
13.3型ワイドWQHD(2560×1440)非光沢
13.3型ワイドWQHD(2560×1440)タッチパネル
メモリ 4GB(4GBオンボード/DDR4 )
8GB(4GBオンボード+4GB×1/DDR4 )
12GB4GBオンボード+8GB×1/DDR4 )
グラフィックス インテル HD グラフィックス 520
ストレージ 約500GB HDD(SATA、5,400rpm)
約1TB HDD(SATA、5,400rpm)
約256GB SSD
約512GB SSD
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
ブルーレイディスクドライブ
モバイル・マルチベイオプション モバイル・マルチベイ用カバー(標準添付)
増設用内蔵ハードディスクユニット
増設用内蔵バッテリユニット
通信機能 1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T対応、IEEE802.11ac/a/b/g/n、Bluetooth v4.1
NFC NFCポート本体内蔵
バッテリ リチウムイオン 51Wh
リチウムイオン 77Wh
重量 約1.20kg~約1.60kg
カラー スパークリングブラック(ブラック&シルバーキーボード)
アーバンホワイト(ホワイト&シルバーキーボード)
Office なし
Home and Business Premium


上記の構成のうち、Windows 10 Pro、フルHDおよびWQHDの非光沢液晶、Core i7-6500U、8GBおよび12GBメモリ、HDDおよび512GB SSD、ブルーレイディスクドライブ、Office無しの構成は、ウェブ限定で販売されているカスタムメイドモデルのみで選べる構成です。

細かく構成を指定したいのなら、カスタムメイドモデルの方が断然おすすめだと言えます。



LIFEBOOK WS1/W まとめ

LIFEBOOK WS1/Wについては以上となります。
堅牢性が高く、かつハイパフォーマンスでバッテリの持ちも良いなど、モバイルノートとしては使いやすい13.3型ノートです。

個人向けの製品というよりは、ビジネス向けのモデルといった方がしっくり来るような特徴を多数持ちあわせており、ビジネスにも使えるモバイルノートをお探しの方にはとてもおすすめ。

液晶は非光沢パネルも選択できますし、キーボードなども使いやすく、操作性に拘る方にも納得の製品でしょう。

着脱できるベイの採用も非常に便利。
光学ドライブを取り外せば軽量化も可能ですし、オプションのユニットを利用すればSSD&HDDの構成や、さらに長時間のバッテリ駆動も可能となるなど、様々な用途・場面に対応する事ができます。

ネットや動画など簡単な作業しかしないという方にはオーバースペックなモデルですが、毎日PCをバリバリ使っているという方には魅力の大きい製品です。

クーポンでかなり安く購入できるという点にも注目です。(クーポンの割引率は時期によって異なります)