パソコン工房が販売するiiyama PCブランドのデスクトップPC、Lev-C011-LCi7-RNRのレビューです。

Lev-C011-LCi7-RNRは、Mini-ITXのコンパクトケースを採用するゲーミングデスクトップPC。

小型ながらもグラフィック性能の高い GTX 1060(6GB)を標準搭載しており、数多くのゲームを高い画質設定でプレイする事ができます。カスタマイズでは GTX 1070やGTX 1080を選択する事も可能です。

CPUには標準で水冷式のクーラーを採用しているため、負荷をかけた状態であっても比較的静かであり、加えて高温になりにくいなどのメリットがあります。

高性能でありながら、価格が安い所も魅力。
今回は、そんな Lev-C011-LCi7-RNRの外観や特徴、性能面について詳しくご紹介したいと思います。

【Lev-C011-LCi7-RNR レビュー記事目次】

・Lev-C011-LCi7-RNR 筺体外観をチェック
外観・インターフェース筐体内部の構造

・構成内容と特徴・ベンチマークテストの結果
構成と特徴ベンチマーク結果消費電力水冷の効果は?再起動時間

・製品のまとめ
Lev-C011-LCi7-RNR まとめ

※掲載製品は メーカー様よりお貸出しいただいたものとなります。


Lev-C011-LCi7-RNR 筺体外観・インターフェースの内容をチェック

まず、Lev-C011-LCi7-RNRの筐体外観をチェックします。
Mini ITX規格のフォームファクタを採用するなど、非常にコンパクトな筐体です。

ユニットコムと同グループの某社が販売する製品「LITTLE・・・(ハンドル付きのPC)」とベースは同じものを使用していると思いますが、上部にハンドルがない分高さが抑えられているため、より設置しやすいです。




フロントパネルの様子。
中央付近にはレベルインフィニティのロゴ、下部にはiiyamaのロゴが配置されています。

スッキリとしたきれいなデザインです。




ケース上部の様子。
木目調っぽい加工を一面に施したデザインで、落ち着いた印象を受けます。

指紋や埃汚れなどが目立ち難いところが良いです。



このケース上部のパネルは、後方へスライドさせる事が可能です。


後方にスライドさせると、内側の光学ドライブへアクセスすることができます。



ケース左側面の様子です。
サイドパネルには大きなメッシュパネルが取り付けられており、風通しが良さそうです。



フロントパネルの側面に、幾つかの端子が搭載されているのがみえます。
上から電源ボタン、USB3.0×2、オーディオ端子が2基という内容です。

机の下などに筐体を設置するよりも、上に設置した方が便利だと思われるインターフェースの配置ですね。



ケース右側面の様子。
こちら側の再度パネルにも、大きなメッシュ状のパネルが用いられています。



背面の様子です。
上の方からUSB2.0×4、PS/2端子、USB3.0×2、LAN、オーディオ端子×3が並び、下部の拡張スロット付近には、搭載されているGTX 1060(6GB)から提供されるMini DisplayPort×3、HDMI、DVI端子などが並びます。



背面下部から、ケース底面の通気口に設置されている防塵フィルターを取り出す事ができます。
底面の通気口は埃が溜まりやすい部分だけに、メンテナンスがしやすくなっているというのは便利です。



筐体内部の構造

筐体内の構造を確認します。

今回CPUに水冷クーラーが採用されており、そのラジエーターが取り付けられている位置の関係より、完全に内部までは覗いていないのですが、大体のパーツの配置を解説します。

内部へアクセスするには、背面にあるサイドパネルのネジを外します。
ネジがきつく締めてある場合は、ドライバーが必要です。



サイドパネルを開きました。
その内側にもパネルのようなものが設置されており、パーツへアクセスするにはこのパネルを開く必要があります。


ただ今回のモデルは、内部パネルの内側に水冷クーラーのラジエーターが取り付けられており、チューブなどが連結されていてちょっとややこしかったので、内部のパネルを取り外す事はしませんでした。

このパネルの内側に、水冷クーラーのラジエーターが取り付けられています。




大体のパーツの配置を解説します。

パネルの内側には水冷クーラーのラジエーター、その右側にストレージベイ(3.5インチ、2.5インチ)が取り付けられています。

パネルを取り外すと、ラジエーターの奥にはCPUやメモリ(2基)、マザーボードが搭載され、その下部にはグラフィクカード、そしてフロントパネル上部寄りの位置に電源ユニット、光学ドライブベイが搭載されるという配置となっています。

Mini ITX採用のモデルですが、電源にはATX規格の製品が採用されるなど、小型ながら効率的にスペースを利用した製品です。



さきほどとは反対側のサイドパネルも開く事ができます。



CPUの裏側の少し下あたりにM.2スロットが搭載されています。(ちょうど見えない位置にあります)

ただカスタマイズなどでは、このスロットを使用するオプションは提供されていないようです。各種の2.5インチSSDを選択できるようになっています。



Lev-C011-LCi7-RNR 構成内容とその特徴について

掲載している Lev-C011-LCi7-RNRの構成内容と、その特徴について解説します。

【CPU-Z】





【GPU-Z】

【Lev-C011-LCi7-RNRの主な構成】

OS   Windows 10 Home 64bit
プロセッサ   Core i7-6700(3.4GHz/TB時最大4.0GHz)
チップセット   H110 Express
グラフィックス   NVIDIA Geforce GTX 1060(6GB)
メモリ   8GB(4GB×2/DDR3L-1600 DIMM/2スロット)
ストレージ   240GB SSD(SATA /Samsung製)、1TB HDD(Seagate製)
光学ドライブ   DVDスーパーマルチドライブ
拡張ベイ   3.5インチ×1、2.5インチ×4
拡張スロット   PCI Express x16×1
電源   500W(80PLUS SILVER/ATX電源)
サイズ   178×384×292(幅×奥行き×高さ/mm)
保証   1年間無償保証

※記事に記載の仕様や解説等は、記事を作成した2016年10月13日時点の情報に基付く内容となります。

Windows 10 Home、H110、Core i7-6700(水冷)、メモリ8GB、240GB SSD& 1TB HDD、DVDスーパーマルチドライブ、500WのATX電源を搭載するという構成内容のモデルです。

本製品で提供されている、基本構成そのままの内容です。
カスタマイズでは、CPUをore i7-6700Kへとアップグレードしたり、グラフィックカードをGTX 1070やGTX 1080へアップグレードする事もできます。

小型ながら、ハイエンド構成を選択できるという点が魅力の製品です。
内容の割に価格が安い所も良いですね。

大きいデスクトップPCは邪魔になるので置きたくないけれど、ハイエンドなPCが欲しいという方にお勧めです。



以下、搭載ストレージの詳細です。


SSDの仕様


HDDの仕様

起動ドライブにはSamsung製の「750 EVO」という250GB SSDが、データドライブにはSeagate製の「ST1000DM003-1SB102」という1TB HDDが搭載されていました。

デフォルトでSSDとHDDの2ドライブ構成を採用するなど、カスタマイズ無しでも十分便利だと思われるストレージの構成です。

SSDの性能も高いです。
もちろん、SSDやHDDはアップグレードが可能となっており、より大容量のモデルを選択する事ができます。



ベンチマークテストの結果

以下、Lev-C011-LCi7-RNRで実施したベンチマークテストの結果です。


【CrystalDiskMark】


Ver.5を使用 左が250GB SSD、右が1TB HDD



【3DMark】



Fire Strikeの実行結果



Fire Strike Ultraの実行結果



Time spyの実行結果



【ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族】


最高品質、ウィンドウモードで実行  1280×720 / 1920×1080 / 3840×2160



【ファンタシースターオンライン2 EP4】


1980×1080、左が描画設定3 右が描画設定6



【FINAL FANTASY XIV 蒼天のイシュガルド】




DirectX 11、最高品質、上から1280×720、1920×1080、3840×2160



【CINEBENCH R15】



【GTA V】

GTA Vは、フルHDの解像度で標準画質(デフォルトの画質)&最高画質、また4Kの各解像度で標準画質&ほぼ最高画質という、計4通りの設定でベンチマークを実行してみました。




フルHD&標準画質


フルHD&最高画質


4K&標準画質


4K&最高画質

各ベンチマークの詳細は以下の通りです。


【フルHD&標準設定】

Frames Per Second (Higher is better) Min Max Avg
Pass 0 16.405312 115.986931 99.102287
Pass 1 64.899849 150.880814 119.805710
Pass 2 27.769354 152.268341 109.893585
Pass 3 84.964111 164.856796 129.650314
Pass 4 35.643761 175.896042 116.224541


【4K&標準設定】

Frames Per Second (Higher is better) Min Max Avg
Pass 0 21.958282 106.766617 85.146339
Pass 1 48.034657 124.290588 88.107208
Pass 2 56.607571 132.352234 84.864197
Pass 3 58.616524 155.034668 91.152748
Pass 4 29.672522 144.049911 91.447906


【フルHD&高画質設定】

Frames Per Second (Higher is better) Min Max Avg
Pass 0 8.822826 69.341797 42.544575
Pass 1 16.374720 62.345531 32.743324
Pass 2 9.639487 94.867142 43.580330
Pass 3 12.226419 142.118423 49.346088
Pass 4 9.827782 72.711029 91.447906


【4K解像度&高画質設定】

Frames Per Second (Higher is better) Min Max Avg
Pass 0 12.267701 81.697945 28.909096
Pass 1 12.637329 83.749695 26.560493
Pass 2 12.281145 110.170120 29.825932
Pass 3 8.310184 147.132141 33.365879
Pass 4 13.644627 105.044632 31.613552


最高画質に設定すると、フルHDであってもやや動きが重いかなと感じられましたが、標準画質ならフルHDはもちろん、4Kでもそこそこ快適にプレイできる性能です。



【SteamVR Performance Test】

SteamVR Performance Testは、VRレディという結果です。
GTX 1070やGTX 1080と比較した場合、若干クオリティが落ちる場面もあるようですが、VR用途にも十分な性能を持ちあわせていると言えるでしょう。


4Kなどの超高解像度環境でのゲームプレイは、画質を落とさなくては難しいですが、そのような環境で無ければ、本製品位のパワーがあれば性能不足を感じるような事はないでしょう。

より性能を求めるのなら、GTX 1070やGTX 1080の選択もおすすめです。



消費電力

Lev-C011-LCi7-RNRの消費電力を測定。
以下はアイドル時、ベンチマーク(3DMark)実行時の消費電力測定値です。

以下に、液晶の消費電力は含まれていません。

アイドル時 ・・・ 29W
ベンチマーク実行時 ・・・ 179W

高負荷時は、それなりに高い消費電力となるようですが、性能の割には低い印象です。



水冷クーラーの効果は?

Lev-C011-LCi7-RNRのCPUには標準で水冷クーラーが採用されており、空冷を採用した場合よりも静音性が高く、またCPUの温度も上昇しにくくなっています。

以下の、筐体内パーツの温度測定結果をご覧ください。




アイドル時、ベンチマーク実行時(3DMarkを20分以上実行)のパーツ温度

負荷をかけるとCPUの温度は上昇するものの、一般的なゲーミングデスクトップPCのCPU温度と比較すると、若干低温だと思います。

特に本製品は筐体のサイズが小さく、容量のあるデスクトップPCに比べると熱がこもりやすいのではないかと思われるため、水冷の採用は安心です。



再起動(起動&シャットダウン)にかかる時間

PassMark Rebooterを利用し、Lev-C011-LCi7-RNRの再起動にかかる時間を測定。
以下は10回の再起動時間と、その平均値です。

1回目 0:46
2回目 0:48
3回目 0:45
4回目 0:45
5回目 0:45
6回目 0:45
7回目 0:47
8回目 0:51
9回目 0:46
10回目 0:45

再起動(起動&シャットダウン)の平均時間 ・・・ 46秒

掲載している Lev-C011-LCi7-RNRの再起動にかかる時間は約46秒。
起動ドライブがSSDであるため、高速です。



Lev-C011-LCi7-RNR まとめ

Lev-C011-LCi7-RNRのレビューは以上となります。
最後にまとめると・・

・設置しやすいコンパクトサイズのケースを採用
・第6世代のCore i7に水冷クーラーを採用
・GTX 1060(6GB)を標準搭載、カスタマイズではGTX 1070、GTX 1080も選べる
・小型ながら拡張性はそこそこ高い
・リーズナブル

ゲーミングPCとしてはかなりコンパクトなケースを採用する、ゲーミングデスクトップPCです。

小型ながら高性能なGTX 1060(6GB)をはじめ、カスタマイズではGTX 1070や GTX 1080も選択できるなど、非常にハイパフォーマンスな製品です。

ストレージを複数搭載可能となるなど、サイズの割に拡張性は高く、一般的なPCの使い方で不便を感じるような事はあまりないと思われます。

CPUに水冷クーラーを採用しているため、高負荷な作業を行ってもCPUは比較的低温であり、音も静かです。ゲームにも良いですが、CPUの温度が高くなりやすい動画エンコードやRAW現像などにも適しています。

メモリが最大16GBという点に物足りなさを感じる方はおられるかもしれませんが、大抵の用途では十分な容量だと思います。

内容の割にリーズナブルだという点なども、大きな魅力です。