前記事(GALLERIA SF レビュー GTX970を搭載するスリム・コンパクトなゲーミングデスクトップPC)に続き、今回は GALLERIA SFの構成特徴と性能面について。

掲載モデルの構成はWindows 8.1、Core i7-4790、メモリ8GB、Geforce GTX970 JetStream(4GB)、2TB HDDを搭載するという内容のモデル。

GALLERIA SFは、スリムゲーミングデスクトップPCのSシリーズの中ではGTX970を標準搭載するモデルであり、その構成をベースにCPUやメモリ、ストレージなどのパーツのカスタマイズを行うことが出来る様になっています。

GTX970を搭載するゲーミングデスクトップPCは数多く存在しますが、本製品のようにスリム、コンパクトなケースへの搭載は珍しく、設置スペースなどの問題でハイエンドな構成を持つデスクトップPCの購入を諦めていた方には非常に魅力あるモデルだといえるでしょう。

というわけで以下、そのモデルの性能について詳しく検証を行ってみました。

【GALLERIA SF レビュー記事目次】

・GALLERIA SF KTCケースの外観と内部構造をチェック
KTCケースの外観・インターフェースケース内部の構造

・構成特徴とベンチマークテストの結果
構成と特徴ベンチマーク結果消費電力・温度再起動時間

・標準搭載されているソフトウェアの内容について
プリインストール・ソフトウェアの内容

・製品レビューのまとめ
GALLERIA SF まとめ

※掲載製品は メーカー様よりお貸出しいただいたものとなります。


GALLERIA SF 構成内容とその特徴について

まず、掲載モデルの主な構成内容とその特徴について解説します。

【CPU-Z】





【GPU-Z】

【GALLERIA SF の主な構成】

OS   Windows 8.1 64bit
プロセッサ   Core i7-4790(3.60GHz/TB時最大4.00GHz)
チップセット   H97 Express
グラフィックス   NVIDIA Geforce GTX970 JetStream(4GB)
メモリ   8GB(4GB×2/PC3-12800/2スロット/最大16GB)
ストレージ   2TB HDD(TOSHIBA製/7200rpm)
光学ドライブ   DVDスーパーマルチドライブ
無線機能   IEEE802.11 ac/a/b/g/n、Bluetooth 4.0 + HS
拡張ベイ   5インチシャドウ×1、3.5インチシャドウ×1、2.5 インチ シャドウ×2
拡張スロット   PCI Express x16×1
電源   SILVERSTONE SST-SX600-G(SFX 600W 静音電源 / 80PLUS GOLD)
ケース   ガレリア専用 KTCケース ブラック
サイズ   105×350×382(幅×奥行き×高さ/mm)
重量   約7.2kg
保証   1年間 持込修理保証

※記事に記載の仕様や解説等は、記事を作成した2015年08月24日時点の情報となります。

Windows 8.1、Core i7-4790、メモリ8GB、Geforce GTX970(4GB)、2TB HDD、DVDスーパーマルチドライブを搭載する基本構成そのままの内容を持つモデルです。

現在無料アップグレード中という事で、グラフィックスには0dB-TECH仕様のGTX970 JetStreamモデルが標準で搭載、また無線LANも「発売記念」の特典として標準で搭載されるなど、ややお得感の大きい内容となっています。

2015年8月24日確認の情報によると、現時点ではSSDの追加も特価で安くなっているようで、いずれも終了時期は不明ですが、もし近いうちに本製品を購入予定としているのなら、アップグレードが終わらないうちに購入するのがお得だと言えるでしょう。

一通りの構成について簡単に触れておくと、先でも述べた通りグラフィックカードは Geforce GTX970(4GB)固定となりますが、CPUやメモリ、ストレージなどの構成は提供されている範囲内でカスタマイズが可能。電源には、SFX電源でありながらも600Wと大容量な、SILVERSTONE製の製品が標準搭載されています。

OSはWindows 7やWindows 8.1はもちろん、Windows 10の搭載もPro、Home共に可能となっており、CPUはCore i3から選択する事が可能、メモリは最大16GB、ストレージはHDD・SSD含めて最大3基まで搭載可能となっており、さらにブルーレイドライブへのカスタマイズやCPUグリスの変更なども可能。

さすがゲーミングモデルだけあって、かなり細かい部分までカスタマイズ出来るようになっています。ストレージも最大3台まで搭載できるなど、小型であっても全く不足を感じさせない内容です。



搭載されているストレージの内容を確認します。


HDDの仕様

TOSHIBA製の「MD04ACA200」という2TB HDD(7200rpm)が搭載されていました。

ベンチマークのスコアによると、HDDにしてはかなり高速なモデルです。
SSDほどではないにせよ、体感でもサクサクとした快適な使用感であり、普段からHDDを搭載するPCを利用されている方なら、特にSSDを選ばなくても快適に利用できると思います。

ただし、必ずしも販売製品に上記のHDDが搭載されるとは限らないため、速度を気にされる方はカスタマイズ時にストレージをSSDへと変更するか、HDDとは別にSSDを追加される事をお勧めいたします。



ベンチマークテストの実行結果

以下、掲載しているGALLERIA SFで実行したベンチマークテストの結果です。


【Win エクスペリエンス・インデックス】

プロセッサ 8.3
メモリ 8.3
グラフィックス 8.7
ゲーム用グラフィックス 8.7
プライマリ ハードディスク 5.9

※WinSAT.exeの実行によってスコアを取得しています。


【CrystalDiskMark】

Seq 183.3179.2
512K 0.7190.936
4K 183.3179.9
4K QD32 0.7941.922

数値は左がRead、右がWrite、テストデータはランダム


【3DMark】


実行したテストの結果


Fire Strikeの詳細


Fire Strike Ultraの詳細

Ice Storm・・・ 150054
Cloud Gate・・・ 24379
Sky Diver・・・ 23329
Fire Strike・・・ 9068
Fire Strike Ultra・・・ 2407


【ファンタシースターオンライン2 ver. 2.0】

1920×1080(描画設定3) ・・・ 129202
1920×1080(描画設定5) ・・・ 67602

~2000 処理負荷によっては動作が重くなる
2001~5000 標準的な動作が見込める
5001~ 快適に動作


【BIOHAZARD 6】

1280×720 ・・・ SCORE:19095 / RANK:S
1920×1080 ・・・ SCORE:14949 / RANK:S


【FINAL FANTASY XIV】

【新生エオルゼア キャラクター編】


【蒼天のイシュガルド(DirectX 11)】


【新生エオルゼア】
1280×720(最高品質) ・・・ SCORE:19511 / 評価:非常に快適
1920×1080(最高品質) ・・・ SCORE:13774 / 評価:非常に快適
3840×2160(最高品質) ・・・ SCORE:4547 / 評価:快適

【蒼天のイシュガルド(DirectX 11)】
1280×720(最高品質) ・・・ SCORE:14406 / 評価:非常に快適
1920×1080(最高品質) ・・・ SCORE:10371 / 評価:非常に快適
3840×2160(最高品質) ・・・ SCORE:3181 / 評価:やや快適


【ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族】

1280×720(最高品質) ・・・ スコア:18254 / 評価:すごく快適
1920×1080(最高品質) ・・・ スコア:18118 / 評価:すごく快適


【CINEBENCH】

OpenGL ・・・ 141.79fps
CPU ・・・ 766cb


【Tomb Raider】


1920×1080(NORMAL) ・・・ MIN:206.0 / MAX:294.0 / AVERAGE:250.8
1920×1080(HIGH) ・・・ MIN:146.0 / MAX:208.0 / AVERAGE:176.4
1920×1080(ULTRA) ・・・ MIN:110.0 / MAX:160.0 / AVERAGE:136.3
1920×1080(ULTIMATE) ・・・ MIN:64.0 / MAX:122.0 / AVERAGE:88.6
1920×1080(ULTIMATE/手動で最高描画設定) ・・・ MIN:32.9 / MAX:62.0 / AVERAGE:46.4




METAL GEAR SOLID V: GROUND ZEROES 高画質でも余裕でプレイできる


CPU性能、グラフィック性能共に非常に高いです。
大抵のゲームを最高画質設定でプレイできる事はもちろん、4K環境でのゲームプレイも、重いゲームでは画質を調整する必要はあるにせよプレイ可能です。

本製品の様なコンパクトサイズのデスクトップPCでも、性能に妥協はありません。

なお、構成の解説時に「0dB-TECH」仕様のGTX970が搭載されていると述べた通り、GPUの温度が60度以下の場合、ファンが完全に停止する仕様となっているため、それ程負荷がかからない日常作業だとかなり静かです。

もちろん、CPUファンなどの音は聞こえるなど無音ではありませんが、ハイエンドなパーツを搭載したゲーミングデスクトップPCとは思えない静かさ。

PC周りの環境にもよりますが、軽いゲームのプレイ程度ではさほどGPUの温度は上がらず、比較的静かな環境でのプレイが可能だと思います。

また本製品でゲーム以外の作業を行う事もあるかと思いますが、そういった作業を夜中などに行う場合、ゲームのサウンドがない分ファンの回転音が気になりやすいですが、JetStreamクーラー採用のGPUを搭載した本製品であれば、並の構成を持つデスクトップに近い静かな環境で作業を行う事が可能。

特にゲームプレイ以外の部分で、JetStreamクーラー採用のGPUを搭載する恩恵を感じられるのではないかと思います。

JetStreamクーラー採用の GTX970の搭載は現時点での特典であり、いつまでこの無料アップグレードが実施されるのかは不明ですが、このGPUが標準で搭載されているというのは様々な点でメリットが大きいと言えるでしょう。



消費電力・温度

GALLERIA SFの消費電力を測定。
以下はアイドル時、ベンチマーク(BIOHAZARD 6)実行時の消費電力測定値です。

以下の数値に、液晶モニターの消費電力は含まれません。

アイドル時 ・・・ 44W
ベンチマーク実行時 ・・・ 235W

※実際の値は若干上下する為、平均と思われる値を掲載しています

構成が構成だけに、ベンチマーク実行時の消費電力はかなり高めです。




次に、GALLERIA SFの筐体内のパーツ温度を測定してみました。
以下はアイドル時、ベンチマーク実行時(BIOHAZARD 6を20分以上実行)のパーツ温度です。

軽めにクーラーをかけたやや涼しめの室内で測定を行っています。

スリムPCであっても冷却性能は高いです。
高負荷な状態が続くとそれなりにパーツの温度は上昇しますが、思ったよりも低温な印象です。

長時間負荷の高いゲームをプレイし続けるような方は、なるべく吸気口や排気口の空気の流れを邪魔しないようなPCの設置を心掛けるとより安心です。



再起動(起動&シャットダウン)にかかる時間

PassMark Rebooterを利用し、GALLERIA SFの再起動にかかる時間を測定。
以下は10回の再起動時間と、その平均値です。

1回目 0:45
2回目 0:46
3回目 0:42
4回目 0:44
5回目 0:45
6回目 0:58
7回目 0:57
8回目 0:55
9回目 0:55
10回目 0:57

再起動(起動&シャットダウン)の平均時間 ・・・ 50秒

再起動にかかる時間はおよそ50秒と、HDDの割にかなり短いです。
HDDを搭載するPCよりは少し速く、SSDを搭載するPCよりは少し遅いという位の速度だと言えるでしょうか。

ただし、実際の製品に掲載モデルと同じHDDが搭載されるとは限りませんので、高速な環境が好みの方はSSDをご選択下さい。



プリインストール・ソフトウェアの内容

GALLERIA SFに搭載されている、プリインストール・ソフトウェアの内容を簡単にチェックします。
製品の購入時期や、購入時に選択する構成・オプションの内容によっては、以下とは異なる可能性がありますので一例としてご覧ください。

OSにWindows 8.1を搭載するPCの内容です。




デスクトップ画面


スタート画面(モダンUI)


アプリ一覧画面

プリインストール・ソフトウェアはWindows 8.1標準のソフトウェアに加え、「NVIDIA GeForce Experience」などのNVIDIA系のツール、パソコン診断ソフト「PC-Doctor」、再生ソフト「CyberLink PowerDVD」、オーディオユーティリティ「Realtek HD オーディオマネージャ」などが搭載されるという内容です。

今回のモデルには見当たりませんでしたが、実際の製品にはセキュリティソフトの「マカフィー・インターネットセキュリティ 12ヶ月(定価5,500円)」が標準搭載されており、12か月間無料での利用が可能となっているようです(OSなしで購入した場合は付属無し)。

今に始まったことではありませんが、ゲーマーが好みそうな非常にシンプルで無駄のないソフトウェアの構成だと思います。

私はゲーマー(ゲームはしますがゲーマーという程ではない)ではありませんが、やはりこのようなシンプルなソフトウェアの構成が自分に合った環境を構築しやすく好みです。




パソコン診断ソフト「PC-Doctor」 ハードウェアの状態を診断できる


再生ソフト「PowerDVD」 今回の製品にはメディアが同梱されていた



GALLERIA SF まとめ

GALLERIA SFのレビューは以上となります。
最後にまとめると・・

・幅10cm、容積14リットルというスリムなKTCケースを採用
・GeForce GTX 970M JetStream(4GB)を標準搭載しており、低負荷時は比較的動作音が静か
・スリムケースを採用しながらも冷却性能が高い
・縦置き・横置きに対応

ケースの幅約10cm、容積14リットルというスリムかつコンパクトなKTCケースを採用する ゲーミングデスクトップPCです。

そのような小型筺体でありながらもGPUにはGeForce GTX 970M(4GB)を搭載しており、外観からは想像できない高いパフォーマンスでゲームを快適にプレイする事が可能です。

本製品はGTX 970M搭載のモデルですが、同じKTCケースを採用するSシリーズの製品では最大GTX 980を搭載するモデルもラインアップされており、小型ではあるものの性能には全く妥協のない製品だという事がわかります。

また小型のデスクトップPCでは、どうしてもスペースを取りがちなストレージの拡張性が抑えられてしまう傾向にありますが、本製品は設置場所を工夫する事により、HDD・SSD含めて最大3台までのディスクを搭載可能。

ゲーム用途のPCとしては、3台も搭載出来れば十分でしょう。
今はディスク1台当たりの容量も大きくなっていますので、逆に3台以上のディスクを搭載する方が少数派ではないかと思います。

気になる冷却性能については、私が触れた限り(数時間ゲームやベンチマークテストを実行しっぱなしにする程度)ではまだまだ温度に余裕がある印象であり、まず問題ないようです。

こちらでどうこう言う以前に、製品発売前に入念にテストを行われていると思いますので、よほど設置の仕方が悪いとか、劣悪な環境で利用しているというのでない限り、まず問題が起こる事はないと思います。

PCの設置スペースに余裕がないという方はもちろん、大きなデスクトップPCのケースを置きたくないという方、またイベントなどでデスクトップPCを持ち運ぶ事があるという方におすすめできる製品です。

今回はGTX 970搭載のモデルをご紹介しましたが、同じKTCケースを採用する GALLERIA SシリーズのデスクトップPCには、GTX960やGTX980など、他のグラフィックカードを搭載したモデルも数多くラインアップされていますので、まだ購入するPCの構成をはっきりと決めていないという方には、シリーズ一覧にも目を通される事をお勧めいたします。