前記事(LaVie Direct HZ[Hybrid ZERO] レビュー 超軽量の13.3型WQHDモバイルノート)に続き、今回はLaVie Direct HZ[Hybrid ZERO]の構成と性能面について。

掲載しているモデルは OSにWindows 8.1 Pro、CPUにはCore i7-5500U、メモリ8GB、13.3型WQHDの非光沢液晶、512GB SSDを搭載するWQHD 液晶モデル。

大容量かつ高速なPCIe接続タイプのSSD搭載でハイパフォーマンスである事に加え、大容量バッテリを搭載する事で長時間のバッテリ駆動を実現した、使い勝手の良い構成のマシンです。

今回は、上記構成を持つLaVie Direct HZの特徴や性能面について詳しく触れたいと思います。

当ページに掲載の製品は販売終了しています。
現在販売中のモデルについては、以下の記事をご覧ください。

LAVIE Direct HZ[Hybrid ZERO]のレビュー

【LaVie Direct HZ[Hybrid ZERO] レビュー記事目次】

・LaVie Direct HZ[Hybrid ZERO] 外観や操作性
外観・インターフェースキーボードの操作性重量液晶の見やすさ主なオプション品

・構成特徴とベンチマークテストの結果
構成と特徴ベンチマーク結果消費電力・温度再起動にかかる時間バッテリ駆動時間

・標準搭載されているソフトウェアの内容
プリインストール・ソフトウェアの内容

・製品レビューのまとめ
LaVie Direct HZ[Hybrid ZERO] まとめ

※掲載製品は メーカー様よりお貸出しいただいたものとなります。


LaVie Direct HZ [Hybrid ZERO] 構成と特徴

まず、掲載している LaVie Direct HZの構成内容とその特徴を解説します。

【CPU-Z】





【LaVie Direct HZ [Hybrid ZERO] の主な構成】

OS   Windows 8.1 Pro Update 64bit
プロセッサ   Core i7-5500U(2.40GHz/TB時最大3.00GHz)
グラフィックス   HD グラフィックス 5500
メモリ   8GB(8GB×1/LPDDR3 SDRAM/オンボード)
ストレージ   512GB SSD(PCIe接続/SAMSUNG製)
ディスプレイ   13.3型WQHD(2560×1440)、非光沢
無線機能   IEEE 802.11 ac/a/b/g/n、Bluetooth v4.0
バッテリ   大容量バッテリ、公称の駆動時間:約9時間
サイズ   319×212×16.9(幅×奥行き×高さ/mm)
重量   約850g
カラー   ストームブラック
ソフトウェア   標準ソフトウェアパック
保証   1年間保証

※記事に記載の仕様や解説等は、記事を作成した2015年06月15日時点のものです。

Windows 8.1 ProやCore i7-5500U、メモリ8GB、13.3型WQHDの非光沢液晶、512GB SSD、大容量バッテリを搭載する構成内容のモデルです。

WQHD液晶を搭載するモデルにはCore i5とCore i7を搭載したモデルがラインアップされており、掲載製品は上位構成のモデルにあたります。

主にこのモデルでは、Windows 8.1もしくはWindows 8.1 Pro の選択が可能、またストレージは128GB、256GB、512GB SSDの中から、バッテリについても標準バッテリもしくは大容量バッテリを選択する事が可能です。

いずれの構成もパフォーマンスは高めですが、ストレージは512GB SSDのみ高速なPCIeタイプであるため、よりパフォーマンスを重視するのなら512GB SSDの選択がお勧めです。

あと長時間電源の無い場所で作業を行うような方には、大容量バッテリの選択がお勧めです。やや本体の重量は増してしまいますが、増してしまうと言っても約850gと非常に軽量です。



搭載されているストレージの内容を詳しくみてみます。


SSDの詳細


ディスクの内訳

SSDにはSAMSUNG製の「MZHPU512HCGL-000L1」という512GB M.2 SSDが搭載されていました。

先でも述べた通り、PCI Express接続タイプで非常に高速なストレージです。
速度に関して不満を感じるような場面はまずないでしょう。

なお、本製品で提供されている128GBおよび256GB SSDに関してはSATA接続となるため、512GB SSD搭載の構成と比較して速度面では劣ると思われます。ただHDDなどに比べると、いずれのストレージも高速です。



ベンチマークテストの結果

以下、LaVie Direct HZ [Hybrid ZERO]で行ったベンチマークテストの結果です。


【Win エクスペリエンス・インデックス】

プロセッサ 7.4
メモリ 7.5
グラフィックス 5.9
ゲーム用グラフィックス 5.9
プライマリ ハードディスク 8.65

※WinSAT.exeの実行によってスコアを取得しています。


【CrystalDiskMark】

Seq 12531019
512K 285.2229.4
4K 1060893.1
4K QD32 30.4181.13

数値は左がRead、右がWrite/上記はランダムの値


【3DMark】


実行したテストの結果


Fire Strikeの詳細

Ice Storm・・・ 48820
Cloud Gate・・・ 5375
Sky Diver・・・ 2805
Fire Strike・・・ 753


【モンスターハンターフロンティア 大討伐】

1280×720 ・・・ 2820~2879
1920×1080 ・・・ 1413~1478


【BIOHAZARD 6】

1280×720 ・・・ SCORE:1750 / RANK:C
1920×1080 ・・・ SCORE:991 / RANK:D


【FINAL FANTASY XIV】



【新生エオルゼア】
1280×720(標準品質/ノートPC) ・・・ SCORE:2327 / 評価:普通
1920×1080(標準品質/ノートPC) ・・・ SCORE:1215 / 評価:設定変更が必要

【蒼天のイシュガルド(DirectX 9)】
1280×720(標準品質/ノートPC) ・・・ SCORE:2180 / 評価:普通
1920×1080(標準品質/ノートPC) ・・・ SCORE:1200 / 評価:設定変更が必要


【ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族】

1280×720(標準品質) ・・・ スコア:5891 / 評価:快適
1920×1080(標準品質) ・・・ スコア:3198 / 評価:普通


【CINEBENCH】

OpenGL ・・・ 29.71fps
CPU ・・・ 283cb


内蔵グラフィックスを利用する構成であるため、PCゲームができるような性能ではありませんが、性能は全般的に高いです。

ゲームもかなり軽めのものならそこそこ快適に動くようです。
日常用途のPCとしては十分すぎる内容の構成だと言えるでしょう。


消費電力・温度

LAVIE Direct HZ [Hybrid ZERO] の消費電力を測定。
以下はアイドル時とベンチマーク実行時(BIOHAZARD 6)の消費電力値です。

液晶の輝度は50%前後に設定しています。

アイドル時 ・・・ 6W
ベンチマーク実行時 ・・・ 29W

※実際の値は若干上下する為、平均と思われる値を掲載しています

13.3型とやや大きめのノートPCととしては、かなり低消費電力です。




続いて、筐体内のパーツ温度を測定。
以下、アイドル時とベンチマーク実行時(BIOHAZARD 6を20分以上実行)のパーツ温度測定値です。

高負荷な状態が続くとやや温度が上がりますが、それ程高温ではないです。




さらに、高負荷時のキーボード表面の温度を測定してみました。

キーボード表面は全体的に低温です。
温度が高くなる排気口付近でも40度台と低め。

比較的低温だとは言え、膝の上などにPCを置いて作業をする場合には注意が必要ですが、キーボード入力など快適に作業できると思われます。



再起動(起動&シャットダウン)にかかる時間

PassMark Rebooterを利用し、LAVIE Direct HZの再起動にかかる時間を測定。
以下は10回の再起動測定時間と、その平均値です。

1回目 0:44
2回目 0:43
3回目 0:44
4回目 0:42
5回目 0:42
6回目 0:42
7回目 0:43
8回目 0:42
9回目 0:42
10回目 0:42

再起動(起動&シャットダウン)の平均時間 ・・・ 42秒

LAVIE Direct HZ の再起動にかかる時間は約42秒。

SSDを搭載するPCの平均的な再起動時間は30~40秒であり、本製品はSSDを搭載するPCとしては特別起動やシャットダウンが高速だというわけではないようですが、普段の作業は非常に高速です。



バッテリ駆動時間

LAVIE Direct HZのバッテリ駆動時間を測定。
大容量バッテリを搭載した、モデルの駆動時間です。

測定に利用したソフトウェアはbbench、ソフトの設定はストロークの実行が10秒毎、無線LAN利用によるインターネット(ブラウザで新規ページを開く)へのアクセスが60秒毎という内容。

画面の輝度は50%に設定しています。




バッテリの電力が100%から5%に減少するまでの時間は30842秒。
約8.5(8.5672222…)時間のバッテリ駆動が可能という結果です。

比較的バッテリの持ちは良く、電源の無い場所であってもバッテリの残量を気にせずに作業できると思います。

ただしこれは大容量バッテリを搭載したマシンの駆動時間であり、標準バッテリを搭載する構成ではもう少し駆動時間は短くなります。



主なプリインストール・ソフトウェアの内容

LAVIE Direct HZにプリインストールされている、主なソフトウェアの内容をご紹介します。

製品の購入時期や、選択するオプションの内容によっては、以下とは内容が異なる可能性がありますので、参考程度にご覧ください。




デスクトップ画面


スタート画面



アプリ一覧画面

Windows標準のソフトに加え、主にLavieアップデートやおすすめ設定などといったNECならではの管理&サポートツール群、セキュリティソフトのマカフィー リブセーフ、ファイナルパソコンデータ引っ越し、筆ぐるめ、Roxio Creator LJ、ebi.BookReader4、PhotoDirector Mobile等のソフトウェアが入っていました。

数が多いので記載は一部のみとしますが、NECのPCで提供されている「標準ソフトウェアパック」が付属しているようです。

「標準ソフトウェアパック」は多彩なソフトウェアをまとめたパックで、反対に必要最低限のWindows アプリをインストールする「ミニマムソフトウェアパック」等も存在しますが、本製品ではミニマムソフトウェアパックは選択できません。


【主なソフトウェア(一部のみ)】

・Lavieアップデート
・おすすめ設定
・おてがるバックアップ
・再セットアップメディア作成ツール
・バッテリ・リフレッシュ&診断ツール
・ピークシフト設定ツール
・マウス接続設定
・Lavieアプリナビ
・SmartVision/PLAYER
・My Time line
・Lavieかんたん設定(ストアアプリ)
・AOSBOX Cool_n(使用期間限定版)




おてがるバックアップ データのバックアップや復元が簡単に行える


再セットアップメディア作成ツール


バッテリ・リフレッシュ&診断ツール


Lavieアプリナビ


Lavieかんたん設定(ストアアプリ)


AOSBOX Cool_n 90日限定でAOSBOX Coolのオンラインバックアップサービスを無料体験できる



LaVie Direct HZ [Hybrid ZERO] まとめ

LaVie Direct HZ のレビューは以上となります。
最後にまとめると・・

・13.3型WQHDの非光沢液晶を搭載
・約779g~と非常に軽量かつ薄い
・SSD標準搭載でハイパフォーマンス(PCIeタイプのSSDも選択可)
・初心者にも利用し易い充実したソフトウェア

13.3型サイズのノートPCでありながら、約779g~という非常に軽量なボディを実現したマシンです。
このサイズのノートPCとしてはありえない位に軽く、また薄型であるため、鞄への収納がしやすい事はもちろん持ち運びも容易です。

とにかく重いノートPCの持ち運びがストレス・・というような方には、これ以上にない携帯性を実現したモバイルノートPCだといえるでしょう。

やや大きめの画面に加えて13.3型WQHDの高解像度な液晶を搭載しており、写真や映像なども非常に高精細です。光沢パネルであるため、明るい場所でも作業がしやすいという点も、本製品のメリットです。

どの構成を選択しても全般的に性能は高く、いつでもどこでも快適に作業を行う事ができます。


なお、今回掲載の製品は2015年春モデルとなりますが(まだ2015年6月15日時点では販売中)、夏モデルも大きく内容は変わってはいませんので、夏モデルの購入を検討されている方にも本記事を参考にしていただけると思います。

ただし、現時点では春モデルの方がクーポンの割引率が高いため(2015年6月15日時点)、同じ構成であれば春モデルを購入した方がお得です。

販売終了も近いと思われますので、軽量なモバイルノートの購入を検討されている方は早めのチェックをお勧めいたします。(春モデルはリンク先のページ中ほどに表示されている、旧製品へのバナーよりご覧いただけます)


当ページに掲載の製品は販売終了しています。
現在販売中のモデルについては、以下の記事をご覧ください。

LAVIE Direct HZ[Hybrid ZERO]のレビュー