前記事(Inspiron 15 7000(7548)レビュー Adobeの動画像編集ソフトが付属する15.6型ノート)に続き、今回はInspiron 15 7000(7548)シリーズの構成と性能面について。

今回記事に掲載しているのは、OSにWindows8.1、CPUにはCore i7-5500U、メモリ16GB、Radeon R7 M270、ストレージには1TB HDDを搭載するという上位構成のモデル。

上記の内容に加え、ディスプレイには4Kの解像度を持つ15.6型液晶を搭載するなど、比較的ハイスペックな内容のマシンです。

Graphic Proの一製品という事で、Adobeの写真・動画編集ソフトが標準付属しており、クリエイティブな作業向けのノートをお探しの方にピッタリの製品だと言えるでしょう。

今回は、そんなInspiron 15 7000(7548)シリーズの上位モデルの構成特徴や性能面について詳しく触れたいと思います。

当ページに掲載の製品は販売終了しています。
現在デルでは、以下の15.6型ノートを販売中です。

Inspiron 15 7000(7569) 2-in-1の実機レビュー

【Inspiron 15 7000(7548)シリーズ Graphic Pro レビュー記事目次】

・Inspiron 15 7000(7548)シリーズ 外観や液晶・操作性について
外観・インターフェースキーボードやタッチパッド液晶の見やすさ

・構成特徴とベンチマークテストの結果
構成と特徴ベンチマーク結果消費電力・温度再起動にかかる時間バッテリ駆動時間

・標準搭載されているソフトウェアの内容
プリインストール・ソフト - Adobeの動画・画像編集ソフトが付属

・製品のまとめ
Inspiron 15 7000(7548)シリーズ まとめ

※掲載製品は メーカー様よりお貸出しいただいたものとなります。


Inspiron 15 7000シリーズ 構成内容とその特徴について

まず、掲載しているInspiron 15 7000の構成内容とその特徴について解説します。
以下、CPU-ZやGPU-Zの実行結果と、掲載モデルの主な構成内容です。

【CPU-Z】





【GPU-Z】

【Inspiron 15 7000(7548)シリーズ プラチナモデル の主な構成】

OS  Windows 8.1 Update 64bit
プロセッサ   Core i7-5500U(2.40GHz/TB時最大3.00GHz)
グラフィックス   Radeon R7 M270(4GB)
メモリ  16GB(8GB×2/DDR3L 1600MHz)
ストレージ   1TB HDD(5400rpm/TOSHIBA製)
ディスプレイ   15.6型クアッドフルHD(3840×2160)、光沢、タッチ対応、IPS
無線機能   インテル Dual Band Wireless-AC 3160 Wi-Fi 、Bluetooth v4.0
バッテリ   4セル(58WHr/実測値は後の項に掲載)
電源アダプター   65W
サイズ   377.8×261.2×19.9(幅×奥行き×高さ/mm)
重量   約2.11kg
ソフトウェア   Adobe Photoshop Elements & Adobe Premiere Elements 13(デジタルデリバリー)
保証   1年間引き取り修理サービス

※記事に記載の仕様や解説等は、記事を作成した2015年04月07日時点のものです。

Windows 8.1、Core i7-5500U、Radeon R7 M270(4GB)、メモリ16GB、1TB HDDを搭載する上位のプラチナモデルの構成です。

本製品には第5世代のCore i5を搭載したモデルもラインアップされており、そちらはCPU内蔵のグラフィックスに、メモリ6GB、ディスプレイにはフルHDのタッチパネルが搭載されるなど、ややスペックを落とした内容となっていますが、いずれのモデルにもAdobe Photoshop ElementsやPremiere Elementsといった動画像編集ソフトは標準付属。

これからそういったソフトウェアや、編集用のPCを購入しようとお考えの方に向く製品だと言えるでしょう。比較的スペック高めの内容にデザイン性に優れた筐体など、製品の質は高いです。

なお、15.6型とサイズの大きいモデルですが、光学ドライブは付属しませんので、ドライブ付きのノートをお探しの方は注意が必要です。



搭載されているストレージの内容を詳しく見てみます。


HDDの詳細


ディスクの内訳

TOSHIBA製の「MQ02ABF100」という1TB HDDが搭載されていました。
回転数は5400rpm、厚み7mmのディスクです。

性能はHDDなりと言ったところで、遅くはありませんが速くもないです。
普段SSDを搭載したPCをお使いの場合、使い心地に多少の不満を感じる場面もあるかもしれませんが、ストレージの容量は大きく、サイズの大きな動画や写真等の保存には便利です。

逆に今回のモデルの構成にSSDを搭載したとすると、価格が結構高くなってしまうでしょうから、妥当な内容かなと思います。



ベンチマークテストの結果

以下、Inspiron 15 7000で行ったベンチマークテストの結果です。

なお、 Catalyst Control Center内の「切り替え可能なグラフィックグローバル設定」は、「パフォーマンスを最大にする」に設定しています。


【Win エクスペリエンス・インデックス】

プロセッサ 7.4
メモリ 7.6
グラフィックス 5.9
ゲーム用グラフィックス 5.9
プライマリ ハードディスク 5.9

※WinSAT.exeの実行によってスコアを取得しています。


【CrystalDiskMark】

Seq 111.7104.4
512K 38.1050.06
4K 0.4561.084
4K QD32 0.9941.129

数値は左がRead、右がWrite/上記はランダムの値


【3DMark】


実行したテストの結果


Fire Strikeの詳細

Ice Storm・・・ 12126
Cloud Gate・・・ 6027
Sky Diver・・・ 4472
Fire Strike・・・ 1216


【モンスターハンターフロンティア 大討伐】

1280×720 ・・・ 4466~4490
1920×1080 ・・・ 2342~2354
3840×2160 ・・・ 663~665


【ファンタシースターオンライン2 ver. 2.0】

1280×720(描画設定3) ・・・ 3019
1920×1080(描画設定3) ・・・ 971

~2000 処理負荷によっては動作が重くなる
2001~5000 標準的な動作が見込める
5001~ 快適に動作


【BIOHAZARD 6】

1280×720 ・・・ SCORE:1889 / RANK:C
1920×1080 ・・・ SCORE:1055 / RANK:D
3840×2160 ・・・ SCORE:639 / RANK:D


【FINAL FANTASY XIV 新生エオルゼア キャラクター編】



1280×720(高品質/ノートPC) ・・・ SCORE:4046 / 評価:快適
1920×1080(高品質/ノートPC) ・・・ SCORE:1997 / 評価:設定変更を推奨
3840×2160(高品質/ノートPC) ・・・ SCORE:529 / 評価:動作困難


【ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族】


1280×720(標準品質) ・・・ スコア:5828 / 評価:快適
1920×1080(標準品質) ・・・ スコア:3314 / 評価:普通
1280×720(最高品質) ・・・ スコア:4460 / 評価:普通
1920×1080(最高品質) ・・・ スコア:2380 / 評価:やや重い


【CINEBENCH】

OpenGL ・・・ 36.70fps
CPU ・・・ 292cb


ゲームは、解像度や描画設定を下げればなんとか快適に動作するといった感じの性能です。

負荷の高いゲームを快適に動作させるだけのパフォーマンスは持ち合わせていませんが、動画や写真編集作業には問題の無い性能です。

スケーリング設定にもよりますが、4Kだと情報の表示量が多い為、編集作業などは行いやすいと思います。



消費電力・温度

Inspiron 15 7000 の消費電力を測定してみました。
以下はアイドル時とベンチマーク実行時(BIOHAZARD 6)の消費電力値です。

画面の輝度は50%程度に、Catalyst Control Center内の「切り替え可能なグラフィックグローバル設定」は、「パフォーマンスを最適化」に設定しています。

アイドル時 ・・・ 12W
ベンチマーク実行時 ・・・ 40W

※実際の値は若干上下する為、平均と思われる値を掲載しています

15.6型の4K液晶や外部グラフィックスを搭載する構成であるため、内蔵グラフィックスを利用するような構成のノートに比べると若干消費電力は高めですが、制作作業を行うようなマシンとしては低消費電力だと思います。




続いて、筐体内のパーツ温度を測定してみました。
アイドル時とベンチマーク実行時(BIOHAZARD 6を20分以上実行)のパーツ温度測定値です。

高負荷な状態が続いても、それ程温度は上昇しないようです。




さらに、高負荷時のキーボード表面の温度を測定してみました。

全体的に低温です。
なお、排熱口はディスプレイと本体を接続するヒンジのすぐ側に設置されています。



再起動(起動&シャットダウン)にかかる時間

PassMark Rebooterを利用し、Inspiron 15 7000の再起動にかかる時間を測定。
以下は10回の再起動時間と、その平均値です。

1回目 1:12
2回目 1:00
3回目 0:59
4回目 1:00
5回目 1:01
6回目 1:29
7回目 1:28
8回目 1:32
9回目 1:30
10回目 1:29

再起動(起動&シャットダウン)の平均時間 ・・・ 1分16秒

Inspiron 15 7000の再起動にかかる時間は、およそ1分16秒という結果です。
HDDを搭載するPCの平均的な再起動時間が1分~1分半であり、HDDを搭載するPCとしては標準的な速度だと言えます。

SSDの速度に慣れている方には、やや遅く感じられるかもしれません。



バッテリ駆動時間

Inspiron 15 7000のバッテリ駆動時間を測定してみました。
測定に利用したソフトウェアはbbench、ソフトの設定はストロークの実行が10秒毎、無線LANによるインターネットへのアクセス(ブラウザで新規ページを開く)が60秒毎という内容。

画面の輝度は50%程度に、Catalyst Control Center内の「切り替え可能なグラフィックグローバル設定」は、「省電力を最適化」に設定した上で測定を行っています。


バッテリの電力が100%から5%になるまでの時間は21848秒。
約6(6.068888…)時間ものバッテリ駆動が可能という結果です。

15.6型サイズでやや高性能な内容のノートPCにしては、バッテリは持つ方だと思います。

本製品位のサイズのノートPCだと、電源につなぎっぱなしで利用するという方も少なくはないと思いますが、バッテリの持ちが良いと、屋内で移動しながらPCを利用するような場合に便利です。



プリインストール・ソフトウェア - Adobeの動画像編集ソフトが付属

Inspiron 15 7000にプリインストールされているソフトウェアの内容をご紹介いたします。

以下、デスクトップ画面やスタート画面、アプリ一覧画面のキャプチャです。
製品の購入時期や、選択したオプションの内容によっては、以下とは内容が異なる可能性がありますので、ソフトの一例としてご覧下さい。




デスクトップ画面


スタート画面


アプリ一覧画面

標準搭載されているソフトウェアはWindows 8.1標準のソフトに加え、デル製の各種ツール、グラフィックスや電源の設定を行える「AMD Catalyst Control Center」、動画編集ソフト「Adobe Premiere Elements 13」、画像編集ソフト「Adobe Photoshop Elements 13」、顔認識ソフト「FastAccess Facial Recognition」、セキュリティソフトの「マカフィー リブセーフ」が搭載されるという内容です。

他、本製品にはDropbox 20GBを1年間無料で利用できるという特典が付属しており、セットアップを行う事でDropboxを利用する事ができるようになります。

デル製のツールの内容については、PC全体の総合的な管理を行う「My Dell」や、バックアップやリカバリの管理を行う「Dell Backup and Recovery」、購入したソフトウェアをクラウド上で管理できる「Dell Digital Delivery」、電源設定の「Power Manager Lite」、オーディオユーティリティの「Dell Audio」が搭載されていました。

先にもあげた通り、本製品にはAdobe製の動画像編集ソフトが標準付属していますが、それらのソフトウェアや、顔認識ソフト「FastAccess Facial Recognition」は、Dell Digital Deliveryを利用してインターネット上からダウンロードするような仕組みとなっています。

製品にメディア等は付属しませんので、ご注意ください。




My Dell PCの総合的な管理を行うためのソフトウェア


Dell Backup and Recovery バックアップ&リカバリーツール


Dell Digital Delivery 購入したソフトウェアをクラウド上で管理


Power Manager Lite バッテリの詳細な設定を行える


Dell Audio オーディオユーティリティ


Adobe Photoshop Elements 13 画像編集ソフト


Adobe Premiere Elements 13 動画編集ソフト


Dropbox 20GBを1年間無料で利用できる特典が付属



Inspiron 15 7000(7548)シリーズ まとめ

Inspiron 15 7000(7548)シリーズのレビューは以上となります。
最後にまとめると・・

・15.6型ワイドフルHD、または15.6型ワイドUHDの液晶をラインアップ
・上位モデルはCore i7、メモリ16GB、Radeon R7 M270搭載と比較的ハイスペック
・薄くスタイリッシュな外観
・Adobeの動画像編集ソフトが標準付属

インテルの第5世代Coreプロセッサを搭載する、15.6型サイズのノートPCです。

上位モデルには4K液晶やRadeon R7 M270といった構成が提供されており、高精細な画面で編集作業を行いたいというユーザのニーズにも対応可能です。

Adobeの動画像編集ソフトが標準で付属しているため、ソフトをお持ちでない方でも製品が届いてすぐに編集作業を始めることができます。私が使用したモデルに関しては液晶も比較的綺麗であり、そういった作業には向いていると言えるでしょう。

15.6型サイズのノートの割には薄く軽く、扱いやすい所も本製品のメリット。

クリエイティブな作業用のノートPCとしては価格もそれ程高くはなく、画像や動画の編集用PCを初めて購入するというような方にもお手頃な製品だと思います。

当ページに掲載の製品は販売終了しています。
現在デルでは、以下の15.6型ノートを販売中です。

Inspiron 15 7000(7569) 2-in-1の実機レビュー