前記事(Venue 8 3000(3840)シリーズレビュー 8型WUXGA液晶を搭載するAndroidタブレット)に続き、今回はVenue 8 3000(3840)シリーズの構成や性能面について。

掲載のモデルはOSにAndroid 4.4、CPUにはAtom Z3480、メモリ1GB、16GB eMMCを搭載するという構成のタブレット。

メモリもストレージもやや少な目ですが、高解像度液晶やAC対応の無線LANの搭載など、製品価格を考えると悪くはない内容の製品です。

今回は、そんなVenue 8 3000の構成特徴や実際の性能面について詳しく触れてみたいと思います。

【Venue 8 3000(3840/Android)シリーズ レビュー記事目次】

・Venue 8 3000シリーズの外観やインターフェース 使用感など
タブレットの外観・インターフェース重量液晶の見やすさ

・構成特徴とベンチマークテストの結果
構成と特徴ベンチマークテストの結果消費電力・温度バッテリ駆動時間

・アプリケーションの内容をチェック
搭載アプリケーションの内容

・製品のまとめ
Venue 8 3000(3840) まとめ

※掲載製品は メーカー様よりお貸出しいただいたものとなります。


Venue 8 3000(3840)シリーズ 構成とその特徴について

まず、掲載しているVenue 8 3000(3840)シリーズの構成内容とその特徴について解説します。
以下はCPU-Zの実行結果と、掲載モデルの初期時のストレージ情報です。

【CPU-Z】

【ストレージ情報】

【Venue 8 3000(3840)】

OS   Android 4.4
プロセッサ   Atom Z3480(最大2.1GHz/2コア)
メモリ   1GB LP DDR3
ストレージ   16GB eMMC
ディスプレイ   8型WUXGA (1920×1200)IPS、光沢あり、タッチ対応
無線機能   IEEE 802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.0
バッテリ   1セル(17.29Whr (4550mAh))
サイズ   216×130×8.95(横持ち時/幅×奥行き×厚み/mm)
重量   約338g(公称値/最小重量)
付属   microUSBケーブル、電源アダプター他
保証   1年間引き取り修理サービス

※記事に記載の仕様や解説等は、記事を作成した2015年02月09日時点のものです。

Android 4.4、Atom Z3480、メモリ1GB、16GB eMMCという内容のモデルです。

目に付く点としてはメモリが1GBと少な目であること、またストレージも空きが10GB弱と少ないですが、ストレージに関してはSDカードで最大64GBまで容量を拡張できるため、特に問題はないと思います。

メモリは軽い用途では特に問題はないのですが、多数のアプリを起動するとメモリが足りなくなるのか、アプリが落ちたり画面がちらついたりといった場面が何度かありました。

利用が困難という程ではありませんが、神経質な方だとややストレスを感じる事があるかもしれません。個人的には簡単な用途用としては許容範囲です。

そのような感じでメモリが気になりはするものの、WUXGAの高解像度液晶や AC対応の無線LANの標準搭載など、2万円弱という価格を考えると決して内容は悪くはないです。

特に、高解像度液晶の搭載は多くのユーザーに嬉しい要素ではないかと思います。


なお、本製品にはWifiモデルとSIMフリーのLTEモデルがラインアップされていますが、現在LTEモデルはどこにも見当たらず、一時的にだとは思いますが購入する事ができなくなっています。

SIMフリーモデルの需要は大きいのではと思われるため、早めの販売再開に期待したい所です。



ベンチマークテストの結果

以下、掲載しているVenue 8 3000で実施したベンチマークテストの結果です。


【A1 SD Bench】

SDカード・・・ Read 33.89 / Write 16.26
内蔵ストレージ・・・ Read 151.34 / Write 48.49


【3DMark】

Ice Storm・・・ Maxed out!
Ice Storm Extreme・・・ 9330!
Ice Storm Unlimited・・・ 14420


【PCMark for Android】

Work performance・・・ 4003
Work battery life・・・ 6h 25min


【Quadrant Standard】

score total・・・ 13750


【PassMark PerformanceTest Mobile】

システム・・・ 4838
CPU・・・ 11837
ディスク・・・ 12021
メモリ・・・ 5432
2Dグラフィック・・・ 3892
3Dグラフィック・・・ 1591

安価なAndroidタブレットとしては、パフォーマンスは普通~やや高め。
CPUは2コアですが、思ったよりもスコアは高かったです。

メモリは性能的には悪くはないのですが、メモリ不足の挙動がやや気になります。
コストパフォーマンスに優れた製品ですが、多数のアプリを起動させて作業をされるような方には向かないと思います。



消費電力・温度

Venue 8 3000シリーズの消費電力を測定してみました。
以下はアイドル時と動画再生時、ベンチマーク(3DMark)実行時の消費電力値です。

アイドル時 ・・・ 3W
動画再生時 ・・・ 4W
ベンチマーク実行時 ・・・ 8W

※実際の値は若干上下する為、平均と思われる値を掲載しています

全体的に消費電力は低いです。




ベンチマーク(3DMark)実行時のタブレットの表面温度を測定してみました。

全体的に低温です。
部分的に温かいと感じる部分はあるものの、利用していて熱が気になるような事は多分ないと思います。



バッテリ駆動時間

Venue 8 3000シリーズのバッテリ駆動時間を測定してみました。

以下は、microSDカードに保存した動画を繰り返し再生し続けた場合のバッテリ駆動時間です。
画面の輝度は50%程度に設定。

100%~13% ・・・ 6時間22分

バッテリが100%から13%に減少するまでの時間は6時間22分。
長時間駆動とまではいかないものの、使っていて困らない程度には持つようです。



搭載されているアプリケーションの内容をチェック

Venue 8 3000シリーズに搭載されているアプリケーションの内容をチェックします。

以下は初期時のホーム画面やアプリ一覧画面の様子です。
購入時期によって内容が異なる可能性がある為、参考程度にご覧ください。


左:ホーム画面左 / 中央:ホーム画面 / 右:ホーム画面右


アプリ一覧画面(ウィジェットについては数が多いので省略)

アプリの内容については上記を見ていただければわかると思いますが、本製品で目に付くものとしては、主に「My Dell」や「Dell Cast」、「POLARIS Office 5」、「MAXX Audio」などがあげられるでしょうか。

オンラインストレージの「Dropbox」に関しては、容量20GBを1年間無料で利用できるという特典が付属しているようです。

アプリはPlayストアで自由にダウンロードできるため、上記の内容で特に不足を感じるような事はないと思います。




My Dell デル製のPCなどにも搭載されている総合的な管理アプリ


MAXX Audio オーディオ関連のユーティリティ


POLARIS Office 5 オフィスソフト



Venue 8 3000(3840)シリーズ まとめ

Venue 8 3000(3840)シリーズのレビューは以上となります。
最後にまとめると・・

・構成は Android 4.4、Atom Z3480、メモリ1GB、16GB eMMC
・8型 WUXGA(1920×1200)の高解像度IPS液晶を搭載
・AC対応の無線LANを搭載
・税込・送料込でも2万円台前半と安価(2015年2月9日時点)

・メモリ不足だと思われる挙動が気になる

Android 4.4やAtom Z3480を搭載する、8型のAndroidタブレットです。

税や送料込みでも2万円台前半と安く、それでいて1920×1200ドットの高解像度液晶やAC対応の無線LANを搭載するなど、コストパフォーマンスは高いです。

デザインもシンプルながら整った雰囲気を持っており、見た目は価格以上だと思います。

性能に関しては、それなりに快適なパフォーマンスだとは思うものの、アプリを多数起動させたりブラウザのタブを沢山開いたりすると、アプリが落ちてしまったり、スワップして無反応になってしまう事が何度かありました。

多分メモリ不足ではないかと思われますが、多数のアプリを起動させて利用するような方には本製品は使いにくいです。

とはいえ、上記のような使い方をしなければ特に問題はありませんので、利用方法によって購入を検討される事をお勧めいたします。

製品自体は、価格の割には良いと思います。