マウスコンピューターが販売するデスクトップPC、NEXTGEAR i640 シリーズのレビューです。

NEXTGEAR i640 シリーズは、インテルの Z97チップセットを採用するゲーミングデスクトップPC。

一口にi640 シリーズといっても様々な構成のモデルがラインアップされていますが、今回掲載するのはグラフィックカード「GeForce GTX970(4GB)」を標準搭載するハイエンドなモデル。

高負荷なゲームを高画質設定で存分に楽しみたいという方に向くマシンです。非常に性能が高く、動画編集などゲーム以外の高負荷な作業など、マルチに使えるPCだと言えるでしょう。

今回は、そんなNEXTGEAR i640 シリーズの外観や内部構造、性能面について詳しく触れてみたいと思います。

当ページに掲載の製品は販売終了しています。
現在販売中のKaby Lake搭載の新シリーズ、NEXTGEAR i660シリーズのページをご覧下さい。

NEXTGEAR i660 シリーズ (Z270) 製品ページ

【NEXTGEAR i640 シリーズ レビュー記事目次】

・NEXTGEAR i640 シリーズ 筐体外観・内観をチェック
外観・インターフェース筐体内部の構造G-Tuneオリジナルのキーボードとマウスその他の付属品

・構成内容と特徴 ベンチマークテストの結果
構成と特徴ベンチマーク結果消費電力・温度再起動にかかる時間

・標準搭載されているソフトウェアの内容について
プリインストール・ソフトウェアの内容

・製品のまとめ
NEXTGEAR i640 シリーズ まとめ

※掲載製品は メーカー様よりお貸出しいただいたものとなります。


NEXTGEAR i640 シリーズの筐体外観・インターフェースをチェック

まず、NEXTGEAR i640 シリーズに採用されているケースの外観や構造、インターフェースの内容をチェックします。

ケースは幅190mm、奥行543mm、高さ450mmと、コンパクトではないけれど置き場所に困るほど大きくもないミドルタワー型のケースを採用しています。

まるで騎士の鎧のような、シンプルながらもゲーミングPCらしいデザインです。




フロントパネル全体


フロントパネル上部にはG-Tuneのロゴ


フロントパネル下部にはシルバーパーツが取り付けられている

フロントには光沢感のあるグロスブラックのパネルを採用。
エッジの効いた美しいシルエットが特長的なパネルです。

中央にあるシルバーパーツはデザインのアクセントとなっているだけでなく、電源オン時、内部で点灯するブルーLEDの演出が見える構造となっています。




フロントパネルの左右には吸気口が設けられている


フロントパネルを開いた図


フロントパネルは取り外す事ができる

フロントパネルは留め具部分が外せる構造となっており、簡単に取り外す事ができます。

設置場所の都合で、できるだけ筺体の奥行きを狭めたいという場合などに便利です。
参考として、フロントパネル取り外し前の筐体の奥行きは奥行543mmであるのに対し、フロントパネル取り外し後の奥行きは470mmとなります。




フロントパネル無しの状態 このスタイルでも特に不都合や違和感はない


上部のベイにはDVDスーパーマルチドライブが搭載されている

標準構成ではDVDスーパーマルチドライブが搭載されますが、カスタマイズでブルーレイディスクドライブへの変更が可能です。




フロント下部は一面にメッシュパネルが設置されている

このメッシュパネルも簡単に取り外す事ができます。




メッシュパネルを取り外した図



メッシュパネル内に取り付けられている防塵フィルターは、簡単に取り外す事が可能。
埃の溜まりやすい部分だけに、メンテナンスがしやすいというのは便利です。




メッシュパネルが取り付けられていた内側にはフロントファンが設置されている




筺体上部の様子をチェックします。




筺体上部にはフロント寄りの場所に電源ボタンや各種の端子を搭載している

端子はマルチカードリーダー、USB3.0×2、USB2.0×2、マイク入力、ヘッドフォン出力という内容。

本製品位のサイズのデスクトップPCともなると、机の上よりも床に設置する方が多いのではと思いますので、筺体上部に各種のインターフェースが設置されているのは便利です。

充電中のタブレットやスマートフォンなどを天面上に置いておく事ができます。




筺体右側のサイドパネルの様子 特に何もない


筺体左側のサイドパネルの様子

筐体左側面には、グラフィックカードが設置されているあたりにメッシュ状の通気口が設けられています。




底面に設置されたゴム足により、僅かに筐体が浮くような構造となっている




筐体背面のインターフェースをチェックします。

背面側にはPS/2端子やUSB2.0×2、USB3.0×4、オーディオポート×6(マイク入力、ライン出力、ライン入力、サイドスピーカー、センター・サブウーファー、リアスピーカー)、DVI-I×1、DVI-D×1、DisplayPort、電源コネクターなどの端子が並びます。

拡張スロットの上付近に水冷用の穴が設けられているのが見えますが、製品購入時のカスタマイズで水冷CPUクーラーを選択する事が可能です。



筐体内部の構造をチェック

次に、筐体を開き内部の構造をチェックします。
ケースは左右どちらのサイドパネルも開く事ができる構造ですが、パーツにアクセスするには左側のサイドパネルを開きます。

ネジを緩めるのにドライバーが必要です。


背面のネジを取り外す事で内部へアクセスできる


筐体内部全体の様子

フロント側から吸気し、背面へ空気が抜けるエアフローです。
見ての通り、フロントファンのすぐ内側を塞がない構造となっているため、直にグラフィックカードやCPU等のパーツを冷却する事が可能です。

あと、性能などには関係しませんが、搭載されている各種のベイや電源などがすべてブラックカラーで統一されています。内部が見えるような構造のケースではないだけに、デザインへの拘りを強く感じます。




フロント側上部には5.25インチベイ


フロントファンによって吸気された空気を遮るものがなく、効率の良いパーツの冷却が可能


フロント側下部にはHDDベイ

エアフローを良くするためにHDDケージの面積をカットしているのにもかかわらず、最大で計4基のディスクを搭載可能です。



搭載されていたハードディスクマウンタ。
スクリューレスで着脱が容易です。

2.5インチのディスクにも対応します。




電源ユニット 仕様の記載は見えないが 700W(80PLUS BRONZE)電源を標準で搭載


グラフィックカード下部のマザーボードの様子


CPU回りのマザーボードの様子


メモリのすぐ左下側にM.2スロットが見える

製品購入時のカスタマイズでM.2規格のSSD(PCI Express x2)を選択可能です。




筺体右側のサイドパネルも開く事が可能



G-TuneオリジナルのAccurate Keyboardとゲーミングマウスが付属

NEXTGEAR i640 シリーズに標準付属する、G-Tuneオリジナルのキーボード「Accurate Keyboard」やゲーミングマウスをご紹介いたします。

製品購入時のオプション選択の内容や購入時期の違いなどにより、以下とは内容が異なる可能性がありますので、参考程度にご覧ください。




Accurate Keyboard全体の様子


キーボード左半分を拡大


キーボード右半分を拡大

「Accurate Keyboard」は、G-Tuneオリジナルのゲーミングキーボードです。
PS/2接続の採用で最大11キーの同時押し(※)に対応しており、様々なコマンド入力を行うゲームのプレイに適しています。

※同時押しが可能なキー: W / A / S / D / Shift / Ctrl / Space / ↑ / ← / ↓ / →

またWindows Lockキーを搭載しており、ゲーム中のWindowsキーの誤動作を防止する事ができます。

マクロキー等はありませんが、単純な文字入力などキーボードの操作自体も行いやすく、標準搭載するキーボードとしては実用的で使いやすいものだと思います。




Windows Lockキーの搭載 Windowsキーの動作を無効化


キートップは端から中央にかけて湾曲する形状であり、指なじみが良い


キーボード底面の様子


キーボード底面の背面側2か所に設置されているチルトスタンド



チルトスタンドをたてる事でキーボード面を傾斜させる事ができる


キーボード底面の前方側2か所には滑り止めのゴム足 安定したキーボード操作が可能




次に標準付属の「G-Tuneオリジナル オプティカルゲーミングマウス」について。


USB接続タイプのマウス

キーボードと同じく、こちらのマウスもG-Tuneオリジナルのアイテム。
やや小型で持ちやすいサイズのマウスです。

計6つのボタンや、DPI設定の切替え(1000/1600dpi)機能を搭載しています。




DPI(解像度)切替えボタンを利用する事で、マウスカーソルの移動速度を簡単に切替えられる


サイドにはショートカットボタンを装備

ショートカットボタンには、予めブラウザの「戻る」「進む」機能が割り当てられています。



その他の付属品

NEXTGEAR i640 シリーズの付属品(キーボードやマウス以外)を簡単にご紹介いたします。

こちらもキーボードやマウスと同様、オプション選択の内容や購入時期の違いなどによって内容が変わる可能性がありますので、参考程度にご覧ください。




付属品


電源ケーブルや、フロントパネル留め具のキャップパーツなど


変換コネクター

変換コネクターは、「DVI-HDMI変換コネクタ」と「DVI-VGA変換コネクタ」が付属していました。




マシンの基本設定や操作についての説明書「サポートマニュアル」


キャンペーンなどによる特典チケット

特典チケットは、製品の購入時期によって内容が変わります。
今回は上記のチケットが付属していましたが、時期によってはない可能性もあるため、掲載の内容は参考までに・・





NEXTGEAR i640 シリーズ の筐体外観や内部の構造、付属品等については以上となります。
引き続き、次記事では掲載しているNEXTGEAR i640 シリーズの構成内容や特徴、実際の性能について詳しく触れたいと思います。

非常に高性能なマシンです。
興味をお持ちの方は、ぜひ次記事もご覧ください。

次: NEXTGEAR i640 シリーズのベンチマーク結果 GTX 970やi7-4790K搭載で超快適なパフォーマンス

当ページに掲載の製品は販売終了しています。
現在販売中のKaby Lake搭載の新シリーズ、NEXTGEAR i660シリーズのページをご覧下さい。

NEXTGEAR i660 シリーズ (Z270) 製品ページ