前記事(LaVie G タイプZ のベンチマーク結果 軽さに加えてバッテリの持ちも良い)に続き、LaVie G タイプZに搭載されているソフトウェアの内容について。

一見すると、プリンインストールされているソフトウェアの内容はかなり多いように思えるのですが、良く見るとPCの基本的な設定を支援するサポートツールのようなものも多く、使うか使わないかわからないようなものはあまりないように見受けられました。

PCの扱いに慣れない初心者の方にも、使いやすい内容であると言えます。

今回の記事では、そういったソフトウェアの内容を簡単に解説すると共に、LaVie G タイプZの特徴や使い勝手など、PCを使用した感想についてまとめてみました。

LaVie G タイプZ 製品ページをお探しの方はこちら

当ページに掲載の製品は販売終了しています。
現在販売中のモデルについては、以下の記事をご覧ください。

LAVIE Direct HZ[Hybrid ZERO]のレビュー

【LaVie G タイプZ(タッチパネル フルHD IPS液晶モデル) レビュー記事目次】

・LaVie G タイプZ 外観や操作性・液晶の品質などをチェック
外観・インターフェース角型の電源コネクターキーボード重量付属品液晶の見やすさ

・構成やその特徴・ベンチマークテストの結果など
構成とその特徴ベンチマーク結果消費電力・温度再起動にかかる時間バッテリ駆動時間

・搭載されているソフトウェアの内容について
プリインストールソフトウェアの内容

・製品レビュー まとめ
LaVie G タイプZ まとめ


プリインストールされているソフトウェアの内容について

LaVie G タイプZにプリインストールされているソフトウェアの内容について簡単に解説します。

なお、掲載の内容は今回記事に取り上げているモデルの内容であり、別のモデルや選択するオプションによっては内容は異なる可能性がありますので、参考程度にご覧ください。


以下、初期状態でのデスクトップ画面やスタート画面、アプリ一覧画面の様子です。(クリックで大きい画像を表示します)


デスクトップ画面


スタート画面(モダンUI)


アプリケーション一覧画面

上にも書きましたが、一見するとソフトの数がかなり多いように思えます。
見た目通り少なくはないのですが、PCの基本的な設定やリカバリメディアを作成するためのツールなど、サポート的なものが多いです。

内容を簡単にあげていくと、アプリの検索やトラブル解決の「ソフト&サポートナビゲーター」や、バックアップツールの「おてがるバックアップ」、リカバリメディアを作成する「再セットアップメディア作成ツール」、MECの更新プログラムを入手するための「Smart Update」などといった管理的なツールの他、省電力設定の「ECOモードの設定」やパネルの開け閉めによる電源オンオフを設定する「パネルオープンパワーオンの設定」、「ピークシフト設定ツール」、「パワーオフUSB充電の設定」、バッテリの劣化を抑える「バッテリ・リフレッシュ診断ツール」といったPCの基本設定やメンテナンスを簡単に行うためのユーティリティを搭載。

エンターテインメント系のソフトとしては、画像の編集・加工を行う「DigiBook Browser」や、ラインティングソフトの「Roxio Creator LJ」、ウェブカメラの拡張ソフト「CyberLink YouCam」等を搭載。

アンチウイルスソフトウェアには「ウイルスバスタークラウド」、ハガキ作成の「筆ぐるめ」やPCのデータを移行する「ファイナルパソコン引越し」といったソフトも搭載されています。

今回掲載のモデルには「Microsoft Office Home and Business 2013」が搭載されていますが、そちらは購入時のオプション選択によるものなので、選択内容によっては搭載されない場合もあります。

ストアアプリもいくつか搭載されているようですが、そちらは数が多いので触れません。




ソフト&サポートナビゲーター アプリの検索やNECのサポート情報を参照可能


お手軽バックアップ 簡単にマシンのデータのバックアップ作成ができます


パネルオープンパワーオンの設定

こちらは元々、Windowsのコントロールパネルなどで設定できる項目ですが、わかりやすいようにユーティリティという形で提供されています。

PCに詳しくない方は、設定を行う場所までたどり着けない事が多いと思いますので、こういったユーティリティのような形で提供されているとわかりやすくて良いと思います。




バッテリ・リフレッシュ&診断ツール バッテリのリフレッシュをサポートするツール


再セットアップメディア作成ツール リカバリメディアを作成するためのツールです


ウイルスバスタークラウド(無料体験版) アンチウイルスソフトウェア


筆ぐるめ20 年賀状などのハガキを簡単に作成するソフトウェア


プリインストールソフトは最低限の内容が良い、と言う方もおられますが、PCの操作にあまり詳しくない方には扱いやすい内容であると思います。

リカバリメディアの作成や、バックアップが簡単に行えるようになっているのは良いです。※PCに詳しくないユーザーで、リカバリメディアを作成していない方は結構います。



LaVie G タイプZ まとめ

LaVie G タイプZについては以上となります。
最後にまとめると・・

・とにかく軽いので携帯が楽
・バッテリ駆動時間が長い
・高性能
・解像度が高く作業が行いやすい

・キーボードの使用感はいまいち

この製品の長所であり、最大の特徴は何と言っても軽さ。

タッチパネルのフルHD液晶モデルでは約964g、IGZO液晶を搭載するモデルでは約795gとタブレット並みか、13.3型というサイズを考えるとタブレット以上の軽さを実現しており、PCを長時間携帯される方には目からウロコのノートPCだと言えます。

見た目から想像する重さと、実際に手に持った時の重量のギャップが大きく、まるで中身のないモックを持っているようだと最初に思いました。

高性能でありながら、バッテリ駆動時間が長いという所も良いです。
ライトな使い方をされる方なら、数日は充電しなくても使えるのではないでしょうか。

解像度に関しては、高解像度が良いという人もいれば逆に使い難いという人もいる為、一概に良い悪いとは言えないのですが、個人的には解像度が高い方が、場面に応じて表示を小さくしたり大きくしたりと幅広く融通が効くため、好みです。

絶対に低解像度な液晶でないとダメだというような方の利用は難しいかもしれませんが、デフォルトでは画面の表示サイズがかなり大きく設定されているため、普通に使っていて見辛いなどと思うような事はあまりないのではと思います。

気になったのはキーボードのキーストロークの浅さで、こちらも好みがあるかと思うのですが、私自身は普段、比較的キーストロークが深いキーボードを使用しているため、LaVie G タイプZのキーを打っているとやや手が疲れる感じがしました。

慣れてくればまた操作感も変わってくるのかもしれませんが、もう少しキーに深さがあれば良いと思います。(軽量化との両立は難しいのかもしれませんが)


・・という具合に、若干気になる所がありはするものの、モバイルノートとしては非常に優秀。Ultrabookは薄くはあるもののあまり軽くはない、という印象を打破する製品です。

ノートPCがこの軽さであれば、Windowsタブレットにモバイルキーボードを組み合わせて使う・・などといった苦肉の策的な工夫をする必要もなく、どこにでも気軽にノートPCを携帯出来るでしょう。

なお、NEC Direct(直販)のカスタマイズモデルでは、3年保証のオプションも提供されているため、長く使う事を前提に購入を検討されている方には、NEC Directでの購入をお勧めいたします。

直販の製品ページでは、製品が割引となるクーポン等も公開されているため、購入時は必ずご確認ください。


当ページに掲載の製品は販売終了しています。
現在販売中のモデルについては、以下の記事をご覧ください。

LAVIE Direct HZ[Hybrid ZERO]のレビュー