レノボでは、ThinkPad Tablet 2のオプションとして「ThinkPad Tablet 2 スリーブ(製品番号: 0A33902)」という専用のケースを販売しています。

タブレットのみの携帯は専用のケースでなくても全然構わないと思うのですが、ThinkPad Tablet 2 スリーブはThinkPad Tablet 2と、専用のキーボードを持ち運ぶのに最適なつくりになっており、傷等から製品を守りたい方にはおすすめ。

ケースとしてはそれなりの価格のものですが、周辺機器用のクーポンを利用する事で安価に購入する事ができるため、タブレットをお持ちの場合は是非購入しておきたいオプションの一つだと思います。(掲載製品の公式ページはこちら: ThinkPad Tablet 2 スリーブ


実際の製品は、どのような感じのものなのかというと・・




蓋になる部分の角に、ThinkPadのロゴ。
タブレットやノートなどの製品と似たようなデザインですが、Lenovoロゴはありません。




側面。
ゴムのような素材で出来ており、多少伸縮性があります。




背面にはなにもなし。




内側は真っ赤。
表は黒、中は赤と、ThinkPadノート用のスリーブケースと同じようなデザインです。この配色は個人的にとても好きです。

蓋はよくあるマジックテープなどで留めるタイプのものではなく、マグネット式で高級感があります。




フェルトのような、柔らかいけどしっかりとした素材です。




小さなポケットがあります。
といっても、薄いものしか入りません。




ThinkPad Tablet2と、タブレット専用のキーボードを収納した図。




中央に仕切りが設置してあるため、キーボードとタブレットを重ねて入れてもぶつかって傷ついてしまうような事はありません。

一応、ThinkPad Tablet2はキーボードを重ねても、液晶面にキーボード表面がぶつからないような設計になっているのですが、仕切りはあった方が安心です。





・・・という具合に、見た目に高級感があり、保護のためのケースとしても十分機能するしっかりとしたスリーブケースですが、唯一の難点は重さ。

ThinkPad Tablet2、専用のBluetoothキーボード、そしてケースを合わせると1234g。

タブレット単体(デジタイザペン入り)だと大体560~570gの重さ、タブレット&キーボードは実測で920gの重さなので、ケース単体の重さは314gという事になります。

作りや素材がしっかりとしている分、ケースとしては少し重いです。

1234gだと、小型のノートPCを持ち歩くのと変わらない重さになってしまうので、どうしても軽い方が良いという方は専用のスリーブを使わない、また携帯時はタブレットのみを持ち歩くなどの工夫が必要となります。

ただ、製品自体はとても良いもので購入してガッカリしてしまうようなものではありませんので、ThinkPad Tablet 2やキーボードを安心して持ち歩きたい、また全てをThinkPadで揃えたいという方にはおすすめできるオプションです。



なお、このスリーブケースは直販のレノボショッピングでも購入可能ですし、Amazon等でも販売されています。販売価格はAmazonの方が若干安いようですが、直販はクーポンが利用できるため、週末等に登場する割引率の高いクーポンを利用して購入されるのが多分最安。

スリーブ自体は3千円台後半と若干高価な製品ですが、クーポンで30%~オフになる事を考えると、市販の同じような質のケースよりも安価ではないかと思います。

【ThinkPad Tablet 2 レビュー記事目次】

・ThinkPad Tablet 2 外観など
外観・インターフェースのチェック重量付属品

・ThinkPad Tablet 2 操作性・液晶の画質など
タッチパネルの操作性とデジタイザペン音質液晶の見やすさQuickLaunch

・ThinkPad Tablet 2 ベンチマーク結果
構成と特徴ベンチマーク結果消費電力・温度バッテリ駆動時間

・ThinkPad Tablet 2のウェブカメラで写真撮影
撮影写真写真を加工

・ThinkPad Tablet 2 Bluetooth キーボードを使ってみる
外観チェックペアリングの設定実際の使用感重量・携帯性について

BIOS(ThinkPad Setup)設定画面の表示方法

・ThinkPad Tablet 2で絵を描いてみる
IllustStudioのインストール絵を描いてみる感想

ThinkPad Tablet 2の使用感まとめ