マウスコンピューターが販売するタブレット、LuvPad WN1100 の簡易レビューです。

LuvPad WN1100はWindows 8、AMD Z60 APU、128GB SSDという内容を持つ11.6型のタブレット。

Win 8搭載のタブレットは珍しくありませんが、LuvPad WN1100はは上記内容で59,850円~(2013年6月25日時点)という、他にはない安価な価格を実現したコストパフォーマンスの高い製品です。

フルHDのIPS液晶を搭載し、無線はIEEE 802.11 a/b/g/n、Bluetoothも標準搭載するなど中身も充実しており、Windosw 8のタブレットが欲しいが価格がちょっと・・と思われていたユーザーに適した一台ではないかと思います。

今回は、そんなLuvPad WN1100の内容について簡単に触れてみたいと思います。


LuvPad WN1100 外観

LuvPad WN1100の外観やインターフェースの内容をチェックします。

LuvPad WN1100を液晶側から見た様子。
11.6型フルHDのIPS液晶を搭載しています。

10点マルチタッチ対応で、やや光沢気味。(映り込みはそれ程ひどくないので、表面に何らかのコーティングがなされているのかもしれません)

IPSなので視野角も広く、映りも綺麗です。ただ、使用した環境のせいかもしれませんが、若干色が白っぽく見えました。




液晶上には100万画素のウェブカメラが搭載されています。
ウェブカメラは前面のこれのみで、背面には搭載されていません。

カメラは使う方は使うと思いますが、必要かというとそうでもないので、今回の製品では必要でないだろうというスタンスなのかもしれません。不要な部分を省く事によってコストダウンの効果もあります。





側面のインターフェースを見てみます。

タブレット左側面には、ヘッドフォン出力とMicro HDMI出力を搭載。




タブレット右側面には、Micro USB2.0と電源コネクター、音量調整ボタンを搭載。




タブレットの上側面には電源ボタンを搭載しています。
インターフェースに関しては、SDカードスロットなどはありませんが、必要にして十分という感じの内容です。




背面のデザインは非常にシンプル。
ブラックカラーのマットな質感の素材を使用しています。

隅の方に、mouse computerのロゴを配置しています。


その他、筐体サイズは幅296.32mm、奥行き191.18mm、高さ10mmで重量は810g。見た目よりも軽く、携帯には便利な重さだと思います。



LuvPad WN1100 主な構成とエクスペリエンス・インデックススコア

次に、LuvPad WN1100 の主な構成と、エクスペリエンス・インデックススコアについて。

掲載のLuvPad WN1100 の構成は、Windows 8(64bit)、AMD Z60 APU、2GBメモリ、128GB SSD、Radeon HD 6250(CPU内蔵)という内容です。

パフォーマンスと直接関係のない所では、IEEE 802.11 a/b/g/nの無線LANに対応していたり、Bluetoothの標準搭載などがあげられます。

センサーは加速度センサーと照度センサーを搭載しており、GPSなどは非搭載。バッテリーの動作時間は公称で約5.5時間と謳われています。


【Win エクスペリエンス・インデックス】

プロセッサ 2.7
メモリ 4.7
グラフィックス 4.0
ゲーム用グラフィックス 5.5
プライマリ ハードディスク 7.4

Windows 8マシンとしては高性能ではありませんが、日常的な作業には十分快適に使える内容です。

Windows 8を搭載したタブレットではディスクのスコアが今一つな製品も存在しますが、LuvPad WN1100に搭載のSSDは比較的高速なようです。容量が128GBと大きい所も魅力の一つだといえるでしょう。

59,850円~(2013年6月25日時点)という価格で、この内容は非常に安価だと思います。送料を加えると6万円を少し超えますが、それでも十分に安いです。



自分がLuvPad WN1100に受けた印象として、デザイン的に洗練された感じはあまりありませんが(液晶の縁が太い等)、IPSのフルHD液晶や容量の大きいSSDを搭載するなど、比較的中身が充実した内容でありながらも、6万円前後という価格を実現しているというのは驚きです。

私的にカードスロットがない部分は若干不便だと感じる事、また、バッテリが実際の利用でどの程度持つのかという疑問はありますが、この内容・価格であればさほど気にはなりません。(バッテリは最低4時間程度は持ってほしい所ですが)

Windows 8搭載のタブレットの購入をお考えの方、また、Win8搭載のタブレットが欲しいけれど価格面で躊躇している・・という方は是非製品をチェックしてみてください。