Haswellを搭載するマウスコンピュータのノート、「NEXTGEAR-NOTE i980」の簡易レビューです。

NEXTGEAR-NOTE i980は、G-Tuneブランドのゲーミングノート。
第4世代CoreプロセッサやGTX780を搭載する、NEXTGEAR-NOTEでは最上位に位置づけられるハイエンドなモデルです。

今回はそんなNEXTGEAR-NOTE i980の性能について掲載したいと思います。
・・といきたい所なのですが、掲載しているi980はOptimusによって内蔵グラフィックスで動作しており、最も肝心な点であるGTX780M動作時のベンチスコアをうっかり測り損ねてしまいました。

というわけで今回は参考記事として、i980の筐体と Haswellの内蔵グラフィックスの性能について簡単な事柄を掲載したいと思います。(また近々実機を見る機会があると思うので、その際に詳細な内容を掲載します)


NEXTGEAR-NOTE i980 外観

まず、外観をチェックします。

筺体正面から見たNEXTGEAR-NOTE i980の全体図。
液晶は17.3型サイズ、筐体のサイズは幅412mm、奥行き276mm、高さ41.8~45.4mmで、重量は約3.9kg。

ゲーム向けの高性能PCだけあって、筺体は大きく結構厚みがあります。




非光沢の液晶を搭載。解像度はフルHD(1,920×1,080)。

機器の展示は屋外でしたが、映り込みや光の反射が光沢液晶に比べて少ないため、周囲が明るい割には見やすい画面でした。





側面のインターフェースをチェックします。

筐体左側面の様子。
左からIEEE1394(多分)、LAN、USB3.0×2、eSATAとUSB3.0のコンボポート、マルチカードリーダー。

一番左側の端子は、多分形状から考えてIEEE1394ではないかと思うのですが、写真の写りが不明瞭であったため、正確なところは不明です。(仕様にはIEEE1394とはどこにも書いていませんし)




そして筐体右側面の様子。

DVDスーパーマルチドライブ、マイク入力、ヘッドフォン出力、S/PDIF(コアキシャル)、USB2.0を搭載。なお、オーディオ端子は4つ並んでいますが、1つだけ何なのかわからない端子があります。




前面には端子類はなし。




背面の様子。
左端からセキュリティロックスロット、DisplayPort、HDMI、mini DisplayPort、電源コネクターが並びます。

モニター出力端子が背面にあるのは使い勝手が良いです。




天板の様子。
カラーはブラック、多分ヘアライン加工のアルミ素材を使用しているのでしょうか。

左側にG-Tuneのロゴが配置されています。




キーボード全体の様子。
右側にテンキーを搭載しています。

Windowsキーは左側で、Fnキーが左になく、ゲーミングPCならではのWASDキーに矢印が付いています。

仕様によるとキーピッチは約19mm、ストロークは約1.5mm。「る」「め」「ろ」といった一部のキーのみ、ピッチが狭くなっています。




チョコレートのような形のキーです。キートップの形状は完全にフラット。

キーが離れ小島のようになっている分、隣接するキーとキーの間のスペースが広くなりますが、指や爪などが引っかかりにくくなるので打ちやすいです。

なお、写真のキーボードはバックライトキーボードが点灯しています。

写真はブルーのライトが点灯していますが、i980のキーボードは左・右・中央という具合に3つのセクションに分かれており、各セクション毎にライトのカラーを変更する事ができるようになっています。

また点灯させるだけではなく、ライトを点滅させるといったパターンの指定も可能です。




タッチパッド。
ボタンの表面のみ、凹凸の加工がされています。

普通に使いやすいです。指紋が目立ちにくい素材である所も良いですが、製品の性質的に、操作時はマウスメインでタッチパッドはあまり使われないかもしれません。



NEXTGEAR-NOTE i980 構成と性能

性能面に簡単に触れます。

冒頭にも記載した通り、本来ならばNEXTGEAR-NOTE i980に標準搭載されているGTX780M稼働時のスコアを掲載するはずだったのですが、今回はOptimusによって設定された内蔵グラフィックス(HDグラフィックス4600)動作時のスコアしか測定していませんので、そちらを掲載します。

グラフィックス以外の主な構成は、Core i7-4700MQ、メモリ8GB、500GB HDDという内容です。


【Win エクスペリエンス・インデックス】

プロセッサ 7.8
メモリ 7.8
グラフィックス 4.9
ゲーム用グラフィックス 6.9
プライマリ ハードディスク 5.9


【ファンタシースターオンライン2 ver. 2.0】

1920×1080 ・・・ 3318

~2000 処理負荷によっては動作が重くなる
2001~5000 標準的な動作が見込める
5001~ 快適に動作

詳しく検証してみなくては正確な所はわかりませんが、Haswellの内蔵グラフィックス、確かに前世代の内蔵グラフィックスよりも若干パフォーマンスは良いように思います。



以上となります。
製品についてはまた見る機会があると思いますので、その際により詳しい情報を掲載します。

NEXTGEAR-NOTE i980のより詳しい記事はこちら