OLYMPUS PEN mini E-PM2は昨年の秋に発売されたミラーレス一眼カメラ。

出た当初から欲しかったモデルですが、それから約半年が経過して価格も下がり、安価に購入する事ができました。(キャンペーンでカメラバッグももらいました

というわけで、簡単にレビューしてみたいと思います。

【OLYMPUS PEN mini E-PM2 レビュー記事目次】

PM2の外観・付属品

・E-PM2のアートフィルター&エフェクトで遊ぶ
アートフィルターの種類アートフィルターによる撮影写真


PM2の外観・付属品

今回購入したのはOLYMPUS PEN mini E-PM2のレンズキット。
M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II Rが付属するセットモデルです。

価格は送料入れて3万円台後半。
発売当初は5万円を超える額だったことを思うと、かなり価格が下がりました。

取扱説明書やソフト類。




本体と付属品一式。

PM2本体、14-42mmのレンズ、ストラップ、バッテリ、充電器、フラッシュ、フラッシュケース、AVケーブル、USBケーブル等が同梱されていました。




ボディにフラッシュがついていないので、フラッシュとフラッシュケースも付属。




PM2ボディとレンズです。
カラーバリエーションはブラック、シルバー、レッド、ホワイトで、今回はブラックを選択。




前面。
E-PM1にはグリップがありませんが、E-PM2にはグリップが設けられました。

デザイン的な意味もあると思いますが、あるとボディを片手で持っても手が滑りにくいために使いやすいです。


・・E-PM1の名前が出たので少し横道にそれますが、現在オリンパスでは望遠レンズ 75-300mm F4.8-6.7 IIの発売記念(2013年3月頭に発売)として、E-PM1と75-300mmの望遠レンズのセットがお得に購入できるキャンペーン(台数限定/直販)を開催しています。

単体で買うと5万円弱する望遠レンズとE-PM1のセットで6万円弱・・だから若干安価なのかもしれませんが、E-PM1は旧モデルでかなり値下がりしているので、安いところで買えば75-300mmのレンズとE-PM1を買っても同じくらいか若干安価になります。ので、あんまりお得感はないかも・・

E-PM2とセットなら良かったのではと思います。




ボディ上部。
モノラルスピーカー、ステレオマイク、フラッシュ端子、電源ボタン、LIVE GUIDEボタン。




下部にはSDカード&バッテリースロット、三脚取付穴。




右側面にはUSBやAV、HDMI出力。




背面。
3.0型で約46万ドットのタッチ液晶が搭載されています。

その他再生ボタン、消去ボタン、動画ボタン、INFOボタン、コントロールダイヤル、OKボタン、MENUボタンを配置。モードダイヤルがないなどシンプルな内容です。モードの変更は、メニューを呼び出して行います。




付属のM.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II R。
若干のズームが可能なレンズです。あまり近く&遠くは撮れません。




上のレンズ、使用時は普通にレンズを繰り出して撮影するのですが、レンズを収納する場合には普通に回すだけではなく、UNLOCKボタンをスライドさせながら回さなくては収納できません。

ちょっと面倒くさいかも・・




外観については以上です。

PM2は液晶も可動せず、モードダイヤルなどもないエントリーモデルですが、下位モデルでありながら、上位機種であるOM-Dと同じ撮像素子が採用されているという理由でこの製品が欲しいと思いました。

見た目はシンプルですが、OM-Dと同じ画質でありながらレンズ付属で3万円台(ダブルズームは5万円台)は非常に安価。まだ簡単に撮影しただけですが、屋内のやや暗い場所での撮影でもそれ程ノイズが目立たず、言われている通り画質はとても良いです。

アートフィルターやエフェクトが充実している部分も魅力。安くて画質の良いカメラをお探しの方にはおすすめできる製品だと思います。


というわけで、また後日に写真等掲載したいと思います。