Note GALLERIA QF655を使用して感じた、製品の長所や短所等の特徴をまとめてみました。

製品の外観やインターフェース、性能面等の詳細については過去の記事をご覧下さい。

【Note GALLERIA QF655 レビュー記事目次】

・GALLERIA QF655 外観・インターフェース
外観筐体内部の構造付属品など

・GALLERIA QF655 ベンチマーク結果
主な構成と特徴ベンチマーク結果消費電力・温度バッテリ駆動時間

GALLERIA QF655 S-BAR(ランチャー)やリカバリなど ツール類について

掲載製品の公式ページはこちら: Note GALLERIA QF655

記事では主に長所と思う部分、短所と思う部分にわけて特徴をまとめていますが、個人的な好みや見解も多く含まれるため、記載の内容は参考程度にしていただくようお願いいたします。


GALLERIA QF655 長所と短所

QF655で良いと思う部分は・・

・コストパフォーマンスが非常に高い
・高い拡張性と豊富なカスタマイズオプション
・メンテナンス性に優れている

イマイチな部分、気になる所等は・・

・デザインにややチープ感あり


ドスパラの製品全般に言える事ですが、QF655は非常にコストパフォーマンスが高いです。2桁(10万円)を超えない価格であっても、快適にゲームが楽しめる構成のマシンが手に入ります。

今回掲載のQF655の構成は、最新のタイトルにはやや力不足な面もありますが(BIOHAZARD 6のベンチ結果はあまりよくありませんでした)、そういったゲームをプレイするのではないとわかっているのであればお買い得な製品です。

パーツのカスタマイズオプションも、一般的なメーカー製のPCに比べるとかなり安価につける事ができるため、コストを抑えながらも高性能なPCがほしいという方にぴったりです。


さらに、ノートPCながら拡張性が高いという部分も長所だと言えます。

今回の製品はGeForce GT 650M(2GB)を標準で搭載しています。CPUはクアッドコアが標準ですし、HDベイは1基であるものの、別にmSATA SSDを搭載することができるようになっています。

メモリが2スロットである部分が、ゲーム向けのPCとしてはやや残念かもしれませんが、メモリ容量的には2スロットでも十分だといえるでしょう。

カスタマイズオプションが充実しており、よりハイスペックな構成へ簡単にカスタマイズする事ができるという部分も魅力。自分で換装等を行われる方も多いかと思いますが、するのが面倒だという方もおられます。

上にも書いたように、ドスパラでは一般的なメーカー製のPCに比べて比較的安価にパーツのカスタマイズを行えるため、メーカー製のPCに比べると若干気軽にスペックアップできるのではと思います。




あと、メンテナンス性にも優れているため、あとからパーツを交換したり追加したいと思った場合にも、容易に行う事ができます。


メンテナンス性に優れた筐体

マシン底面のパネルは簡単に外れます。見ての通り、カスタマイズを行う可能性のあるパーツにほぼ全てアクセスする事が可能です。





良い点が沢山存在する一方で、ややイマイチに感じる部分は外観。

デザインは悪くないと思うのですが、筐体の質感が若干安っぽく見えてしまいます。(写真では金属質に見えるかもしれませんが、実際は金属風プラスチックといった感じの見た目で重々しさがない)

唯一良いと思うのは、光沢素材でありながら指紋が目立たない部分。天板はもちろん、タッチパッドやパームレストなどに指で触れても、指紋がつき難く目立ち難いです。

携帯するPCではないため(人の目に触れることが少ない)気にされない方は多いのかもしれませんが、個人的に結構気にする所なので、指紋汚れが目立たないのは良いと思いました。




最後に・・

最後にもう1つだけ、性能面について記載しておきます。

QF655は高性能なゲーミングPCですが、ドスパラがラインアップしているGALLERIA QFシリーズのなかでは下位に位置付けられる製品であり、最新のPCゲームにはやや力不足な面もあります。


性能はとても良いが、最新タイトルのプレイにはやや性能不足

プレイするタイトルが決まっており、QF655の構成で十分賄えるというのならばともかく、そうでないのならより上位のマシンがおすすめです。

現在(2013年3月11日)、GALLERIA QFシリーズでQF655よりも高性能な15.6型のノートというと、GALLERIA QF675MXが存在します。

QF675MXはGeForce GTX675MXを搭載しており、2ドライブ(mSATAではない)の構成も可能。内容が内容なので標準構成でも10万円を超えますが、15.6型でより高性能なGALLERIA QFシリーズをお探しの方は、GALLERIA QF675MXという選択肢もあります。

あと、17.3型サイズのGALLERIA QFシリーズのラインアップはより充実しており、サイズに拘らないのであれば17.3型のノートも含めて検討されると選択の幅が広がります。




GALLERIA QF655については以上となります。

QF655は新しい製品ではありませんが、コストパフォーマンスは非常に高いです。
安価で高性能な製品をお探しの方は製品をチェックしてみてください。

なお、QF655以外のGALLERIA QFシリーズについては、下記のリンク先にある「GALLERIA ゲームパソコン一覧」をご覧下さい。構成毎に製品がまとめられており、マシンの位置づけがとても分かりやすいです。