Inspiron One 2330では、タッチなしの液晶とタッチ有りの液晶を選択する事ができます。

タッチ有りの液晶は後から追加されたもので、今回掲載のモデルはタッチ有りの23型ワイドフルHD(1920×1080)光沢液晶を搭載しています。

今回の記事ではその液晶の画質や操作感について簡単に触れてみました。

【Inspiron One 2330 タッチスクリーン レビュー記事目次】

・Inspiron One 2330 外観やインターフェースのチェック
外観付属のキーボード・マウス

・Inspiron One 2330 ベンチマーク結果
構成と特徴ベンチマーク結果消費電力 他

Inspiron One 2330 タッチパネル搭載液晶について

Inspiron One 2330 レビューまとめ


視野角

液晶の見え方(視野角等)を簡単にチェックします。

前から見た場合、明るくみやすいです。





横から見た場合


上から見た場合

画面を斜めから見た場合、画面の色が反転したり暗くなります。
内容が見難くなるほどではないですが、視野角はそれ程良くはないようです。




光沢液晶

今回のモデルに搭載された液晶は、光沢タイプです。

製品発売当時、このInspiron One 2330にはタッチなしの非光沢液晶が搭載されていましたが、後からタッチありの光沢液晶が追加されました。(タッチ液晶も非光沢・・という記述があるメディアもあるようですが、自分が触った製品は光沢のタッチ液晶です。もしかすると、時期によって光沢・非光沢が異なるのかもしれません。)

なお、現在もタッチ機能を持たない液晶は非光沢だと思うのですが、公式サイトの製品ページの仕様には光沢・非光沢の記載が無い為、確かではありません。


電源オフ時の液晶


電源オン時の液晶

画面に表示された映像が暗色系だと、光の反射や映り込みが結構目立ちます。

ゲーム画面や映画などを見たりする場合、暗い場面などで映り込みが気になる事はあるかもしれませんが、それ以外の場面では特に気にはなりませんでした。



操作性に関しても、タッチパネル搭載なのでWindows 8のUIが使いやすいです。

といっても、細かい作業を行なう場合はマウスの方が楽です。

タブレットなどの小さい画面だと、指での操作も楽に行えるのですが、画面が大きいと腕を上げ下げしなくてはならないので、長時間の操作だと結構疲れます。たまにボタンを押したり、大まかな操作はタッチが楽です。

なお、購入時にタッチ無しのモデルを選択した場合はWindows 7を選択する事ができますが、タッチ機能搭載モデルの場合はOSがWindows 8になります。




液晶を簡単にまとめると・・

・視野角は普通(良くは無いが悪くもない)
・映り込みは場面によって気になる事がある
・タッチ機能搭載で操作性は良い

なお、タッチ無しの液晶については、今回の液晶とはまた内容が異なると思います。
実際に見た事がない為、どのような感じの液晶なのかは不明です。