現時点では未発表・未発売のドスパラの製品、Erdesbook(エルデスブック)を見せていただいたので簡単にレビュー・解説します。2013年2月に発表予定の製品だそうです。

このErdesbookはスライドタイプのタブレットPC。
サイズを聞き忘れてしまったのですが、大きさから考えて11型前後の製品です。

そういえば以前、ドスパラではErdes Padという10.1型のタブレットが販売されていましたが、名前が似ている事から同シリーズの製品ではないかと思われます。

Windows 8を搭載したハイブリッドタイプの製品は各社から出ていますが、Erdesbookは液晶をスライドさせる事でタブレットスタイルやノートPCスタイルに変形できるというもの。

スライドさせてタブレットに変形する製品はSONYのVAIO Duo 11等が思いつきますが、市場ではあまり多くはなかったと思います。

未発表の製品ですので実際の製品と異なる可能性がありますが、以下、簡単に外観の写真や解説等を掲載します。




Erdesbook 外観チェック

まず、タブレットからノートPCスタイルに変形する様子を掲載します。

タブレットの状態。




液晶を奥にスライドさせた状態。




横から見るとこんな感じです。
この状態のまま、液晶を手前に立てると・・




ノートPCスタイルになります。




ノートPCスタイル時のErdesbookを横から見た状態。




斜めから見た状態。
液晶の角度は比較的広い範囲で調整可能です。

冒頭にも記載したとおり、液晶サイズは多分11型前後で解像度はフルHD。光沢の液晶を搭載しています。




Erdesbookを背面から見た状態。




こういった形態の製品は、ヒンジ部分の剛性を確保するのが結構大変なのだそう。





筐体のインターフェースの内容をチェックします。

左側面にはLANポート。




右側面には電源ボタン、HDMI、USB3.0、オーディオ端子、USB3.0、電源コネクターを搭載。




背面左側の位置にはメディアカードスロットやボリュームコントロールボタン、
画面回転ロックボタンなどを搭載しています。




底面。
何もありません。

隅に見える通気口はステレオスピーカーでしょうか。





キーボードの様子をチェックします。

写真では英語キーボードですが、実際の製品には日本語キーボードが搭載されるそうです。
タッチパッドやポインターといった類のものは見当たりません。




Fnキーが右にあります。

実際の製品がどのような配列になるのかは不明ですが、Fnが右にあるとカーソルキーに割り当てられたHome等のボタンが使いやすくなるので便利です。

キーボードのうち心地は普通。使いやすいというほどでもないですが、使い難いという事もなく・・ といっても、現時点ではなんともいえません。




液晶下にWindowsボタンが配置されています。。




正確な重量は不明ですが、持った感じでは1kg半ば~はあると思います。
片手で持つにはやや重いですが、スライドタイプのハイブリッドPCとしては特別重いわけではないです。




Erdesbook 性能面のチェック

あくまでも掲載の製品についてですが、構成と性能面を簡単にチェックします。

主なスペックはCore i5-3317U、4GBメモリ、64GB SSDでWindows 8を搭載。

カスタマイズが出来るのかとか、価格などが気になりますが、
そういった細かい事柄は全く決まっていないのだとか。

以下、エクスペリエンス・インデックスの表などを掲載します。

プロセッサ 6.9
メモリ 5.9
グラフィックス 4.4
ゲーム用グラフィックス 6.1
プライマリ ハードディスク 7.6

構成から想像できる通り、快適なパフォーマンスです。
この製品で想定される用途への利用には、全く問題ないと思います。



Erdesbookの感想として、使い勝手などは簡単に触った感じでは特に問題はなさそうです。(もちろん、長く触れないと気づかない事もあると思いますが)

今の時点では価格がわからないので何ともいえないのですが、ドスパラの製品ということでコストパフォーマンスに期待してしまいます。このタイプの製品は若干価格高めなものが多いため、安ければ非常に魅力的な製品になるのではないでしょうか。

スライド型のタブレットPCに興味をお持ちの方は、今後のドスパラの発表を要チェックです。