ARROWS Tab Wi-Fi WQ1/Jの大きな特徴の一つである、防水機能。
市場にタブレット製品は数多く存在しますが、今のところ防水機能を持つ製品はそれ程多くはありません。

仕様によると、このタブレットはIPX5、IPX7、IPX8の防水性能、及びIP5Xの防塵性能を有しているとの事。

防水のIPX5~IPX8とは、注水ノズルを使用して機器にあらゆる方向から噴流をあてたり、
水深1.5mの所に機器を沈めて約30分間放置後、取り出した後もタブレットとしての機能を有する・・という意味を持つ規格。

また防塵のIP5Xとは、直径75μm以下の固形物が入った検査装置に8時間機器を入れてかくはんさせた後も、
機器が正常に動作する事を意味する規格。

※ 上記は正確な説明ではありませんので、規格について詳しく知りたい方は検索等でお調べください
※ 防水・防塵性能が発揮されるのは、端子のキャップ等をしっかりと閉じた状態で使用した場合

水がかかるお風呂やキッチン、砂埃の多い場所でのレジャーでも安心して使う事が出来ます。
特に防水性能は非常に重宝します。

掲載製品の公式ページはこちら: ARROWS Tab Wi-Fi


【便利な防水機能】

タブレットの防水機能を便利だと感じられる方は多いと思います。
半身浴などをする場合や、キッチンでレシピを見ながら料理する際などにとても役立ちます。

私自身は、最近は半身浴などはしないためお風呂では使いませんが、キッチンでの利用は結構便利だと思います。

料理をする際にレシピを見ることは殆どないですが、
お菓子などを作る際は分量を正確に用意する必要があるため、レシピが側にあるのは非常に便利。

キッチンカウンターに設置しておくと、いつでもわからないことを調べたり、分量を確認する事ができます。





濡れた手での操作もOK

PCだと中々キッチンまで持ってくることは出来ませんし、
水が飛びやすい場所にスマートフォンを置いておくのは気が引けます。(小さくて見辛いのもあります)

ARROWS Tab Wi-Fi WQ1/Jなら少々水がかかっても大丈夫なので、
水が飛びやすい場所へ置いておいたり、濡れた手での操作も気兼ねなく行えます。

この製品はジェスチャー機能に対応しているため、手が食材で汚れていたとしても、
ジェスチャー操作でページをスクロールさせたりする事も可能です。

ただジェスチャー機能は照明の関係など、環境によってはうまく動作しない事がありました。





お風呂で半身浴などをされる方は、湯船につかりながらネットサーフィンをしたり、
ネットワーク上のPCやNASにアクセスし、写真や動画等を楽しむ事もできると思います。

私も昔はよく半身浴をしていたので、その頃にこのようなタブレットがあったら重宝していただろうと思います。
(本とか持って入っていました。捨てても良いような雑誌とか・・)


ネットワーク経由で動画を視聴

NASに保存した映像をネットワーク経由で幾つか視聴してみましたが、
サイズの大きいブルーレイ品質の作品などだと、途切れてしまう事がたびたびありました。

テレビ番組等を録画したものであれば普通に観る事ができました。

なお、ARROWS Tab Wi-FiのAndroid搭載版にはワンセグチューナーが搭載されており、
電波のつながる場所であればどこでもテレビ放送を見ることができます。

テレビ機能が欲しいのであれば、Windows 8版ではなくAndroid版のARROWS Tab Wi-Fiがお勧めです。



なお、冒頭で水に沈めてもOK・・といったニュアンスの説明を記載しましたが、
幾ら防水とはいえ、水の中で使ってもOKという製品ではないと思いますし、
使い続けるうちに端子のキャップに見えない傷が出来るなどして、本来の防水性能を発揮できない事もあるかもしれません。

個人的には少し濡れる程度で留めておいた方が良いのではないかと思います。

とはいえ、防水でない機器を水周りで使う事に比べれば、
防水仕様であるという安心感は大きいですし、防水カバーなどをかけなくても良い分手軽です。

この辺りの機能を重視される方には、ARROWS Tab Wi-Fiは非常にお勧めできるタブレットだと思います。