SpectreXT 13-2100を購入する際にオプションとして選択した、65WのスリムACアダプターの詳細です。

HP SpectreXT 13-2100はカスタマイズを行う事は出来ませんが、
製品購入時にいくつかの周辺機器を有料で選択することができるようになっています。

今回のスリムACアダプターは、通常のアダプターよりも軽量・薄型に出来ており、
ACアダプターを携帯することがあるという方にはおすすめの製品。

USB端子も1基搭載されているため、USB端子が2基しかないSpectreXT 13-2100での利用は結構便利です。
というわけで簡単にその内容を掲載してみました。


【HP 65W スリム ACアダプターの詳細】

箱の中身を見てみます。

電源ケーブル、プラグの形状が異なるケーブルが3つ、電源本体、
ウォールマウントプラグ、説明書、CD-ROM。




3本のケーブル。




プラグの形状の異なるマシンでも利用できるよう、大中小のサイズを持つプラグが提供されています。




電源ケーブルと電源本体。




接続部の形状はミッキー型です。




反対側にはUSB端子が搭載されています。

上にも書いたとおり、SpectreXT 13-2100にはUSB端子が2基しか搭載されておらず、
周辺機器の接続やスマートフォンの充電などでUSB端子を多数利用される方には少々不便な内容なのですが、
この電源アダプターを使用する事で利用できるUSB端子を増やす事ができます。




こちらはウォールマウントプラグ。




上写真ように電源本体に接続する事で、本体を直接コンセントに接続する事ができます。

電源アダプターを携帯する際の軽量化にもなりますし、
電源ケーブルがうっとうしいと思われる方にも良いです。




ウォールマウントプラグを用いた場合のスリムACアダプターの重量は約212g。

軽量化といっても、通常のACアダプターと比べて大幅に軽量化できるかというとそうでもないのですが、
薄型に出来ている為、カバンに入れる場合などに便利だと思います。



スリム ACアダプターの内容は以上です。

次記事では HP SpectreXT 13-2100の長所や短所など、特徴をまとめてみたいと思います。
興味をお持ちの方は是非ご覧下さい。