LIFEBOOK AHシリーズ WA2/J を使用し、性能面や使い勝手などについて感じた事を長所と短所にわけてまとめてみました。

外観やベンチマークの結果など、細かい部分のレビューについては前記事をご覧下さい。

以下、LIFEBOOK AHシリーズ WA2/Jのまとめです。
記載の内容の中には主観も多く含まれていますので、参考程度にご覧下さい。



【LIFEBOOK AHシリーズ WA2/J 長所】

【長所】

・高性能な構成を選択可能
・IPSやフルHDの液晶を選択可能
・従来のモデルよりも薄く軽量
・カスタムメイドモデルは3年の標準保証


LIFEBOOK AHシリーズと一口にいっても、ハイスペックなものからやや性能を抑えたものなど様々な構成のマシンがラインアップされていますが、今回掲載の WA2/J はLIFEBOOK AHシリーズの中でも高性能な部類に属します。

最大でCore i7-3632QMや16GBメモリ、大容量HDDやブルーレイディスクドライブなども選択可能となっており、
一般的な作業(メールやネット、動画閲覧、写真や動画の編集など)においては十分な性能を発揮する事ができるでしょう。

今回のモデルはCore i7-3632QMや8GBメモリを搭載 性能は結構良いです

外部グラフィックスの選択肢は無いため、ゲーム用途などには向きませんが、
LIFEBOOK AHシリーズは、LIFEBOOKシリーズで高性能な製品をお探しの方に最適なPCだと言えます。




次に液晶について。

LIFEBOOK AHシリーズ WA2/Jでは、液晶の解像度を1366×768ドット及び1920×1080ドットから選択することが出来ます。
さらにフルHDのIPS液晶なども選択できるようになっているなど、選択の幅が広いです。

今回掲載のモデルは1366×768ドットの液晶を搭載

15.6型で1366×768ドットだと、私であればやや解像度が低すぎるように感じます。
一方で15.6型でフルHDだと、文字などの表示が小さすぎて見づらいという方もおられます。

ノートPCを購入する際、性能と同じくらい液晶の解像度を重要視される方は少なくないと思いますので、
好みに応じて液晶の解像度が選択できるようになっているというのは、大きな長所です。




さらに筐体のサイズと重量について。

今回の掲載のLIFEBOOK AHシリーズ WA2/Jは、従来のAHシリーズと比べて最厚部が33.0mmから25.5mmに、
また重量が2.9kgから2.4kgへと薄型・軽量化されました。(選択する構成によって多少サイズや重量は変化します)

数値だけでなく見た目にもスリムになりました

15.6型サイズのノートでは、重量やサイズはさほど気にする所ではないのかもしれませんが、
軽ければPCを持って部屋を移動する事も出来ますし、見た目にも圧迫感がありません。

IPS液晶を選択すれば、さらに薄く軽量化する事ができます。
(IPS液晶選択時の最厚部のサイズはなんと20.8mm、重量も約2.2kgと軽くなります)



最後に保証について。

こちらは他の機種のレビューでも何度か触れているのですが、LIFEBOOK AHシリーズ WA2/JのようなWEB MART(富士通の直販サイト)限定のカスタムメイドモデルには、無償で3年間のメーカー保証が付属します。

一般的なPC製品では、標準で付属するメーカー保証は大抵1年ですし、
同じLIFEBOOK AHシリーズでも、量販店向けのカタログモデルのメーカー保証は1年。
長期間の保証を付ける場合は、有料のオプションになる事が殆どです。

私は富士通の製品においては何かとカスタムメイドモデルをお勧めしているのですが、
それはカスタマイズが可能であるという理由の他に、無償で3年保証が付くという理由もあります。

メーカー保証で全ての故障やトラブル等が解決できるわけではないですが、
ある程度の性能を持つPCは1年以上使われる方が殆どだと思いますので、保証は長ければ長いほど安心です。





【LIFEBOOK AHシリーズ WA2/J 短所または気になる部分】

次に短所です。
短所というよりは、自分の希望によるものが大きいかもしれません。

【短所】

・HDDのみしか選択できない


前記事でも述べたのですが、LIFEBOOK AHシリーズ WA2/JのストレージにはHDDの選択肢しか提供されていません。

今回のモデルにおいてもプロセッサやメモリの性能はとても高いのですが、
HDDを搭載しているために、マシンやアプリケーションの起動があまり早くは感じられず・・

ディスク性能のベンチマーク結果。HDDとしては普通で性能は悪くはありませんが、どうしてもSSDの速度と比べてしまいます。

今回掲載のマシンにSSDを搭載できれば、非常に快適なパフォーマンスを発揮できるでしょう。
性能が高いモデルなだけに、SSD搭載の選択肢も提供されればと思わずにはいられません。

とはいえ、LIFEBOOK AHシリーズ WA2/JではSSDの提供は無いものの、
500GB~1TBの大容量HDDを選択する事が出来るようになっており、
写真や動画等の大きなデータをPCで保存したいと思われる方には便利だと思います。




【LIFEBOOK AHシリーズ まとめ】

従来よりも薄く軽量化された事により、非常に扱いやすくなったLIFEBOOK AHシリーズ。

薄く軽くなったといっても携帯用のノートには向きませんが、
気分転換に部屋を変えて作業をする・・といった事が気軽に行えるようになったと思います。

スタイリッシュになった筐体は見た目にも美しいです。
薄くなった事で、操作性を損ねるような事もありません。


性能に関しては選択する構成の内容によって変わるので一概にどうとはいえませんが、
今回掲載したモデルに関しては、申し分のないパフォーマンスです。

ハイエンドなPCゲームのような負荷の高い作業は厳しいですが、
ネットや動画閲覧・編集等といった一般的な作業であれば余裕で行えます。

液晶に関しても、低解像度な液晶と高解像度な液晶を選択できるようになっており、
ここに魅力を感じる方も少なくないのではないかと思います。

短所の項で述べたように、SSDの選択肢などは用意されていませんが、
大容量のHDDを搭載できるため、写真や動画・音楽といったサイズの大きいファイルを保存したい方には最適。

富士通のPCならではのマニュアルやサポートが充実している部分もこの製品の大きな魅力で、
PCに余り詳しくない初心者にもお勧めできるノートPCだといえるでしょう。

高性能な屋内用のPCをお探しの方は、是非製品をチェックしてみてください。



記載の製品情報は記事作成時点のものであり、正確ではない可能性があります。
記事を参考にされる方、及び製品の購入を検討されている方は、公式サイトの製品情報を必ずご確認ください。