マウスコンピュータより、外部グラフィックスを搭載したUltrabook「 LuvBook L 」の発売が開始されました。

このLuvBook Lは、一つ前のモデルが今年の8月に発売されたばかりなのですが、
なんと1ヶ月弱で次のモデルが出てしまいました。

今回のLuvBook Lは、前モデルにはなかった外部グラフィックを搭載し、
プロセッサもCore i5-3317UからCore i7-3517Uへとグレードアップを果たすなど、内容が大きく変更。

ちなみに、LuvBook Lといえば11.6型の液晶を搭載する同名のモデルが昨年にも販売されていたのですが、
そちらとはサイズも性質も全く異なるモデルです。

今回のLuvBook Lの主な構成はというと、プロセッサにはCore i7-3517U、メモリ8GB、GeForce GT 640M、
500GB HDD&32GB SSD(キャッシュ)、14型ワイドHD(1,366×768)光沢という内容で価格は79,800円

ストレージを240GB SSDに変えた場合、価格は8万9,880円
外部グラフィックスを搭載したUltraBookとしては、かなり安価だと思います。

その他の容量のストレージも用意されており、カスタマイズ価格が馬鹿高く無いというところが良いです。


ただ、前モデルのLuvBook Lは今回よりもスペックは低いものの、59,850円と非常に安価に販売されていました。

既に公式サイトでは前モデルのページ自体がなくなっており、
激安のUltraBookが欲しいと考えられていた方には少々残念なモデルチェンジかもしれません。