ThinkPad X230やT430s、T430、T530、Edge E430といった新製品の各シリーズに、
新しいCPUのラインアップが追加されました。

ThinkPad X230で言うと、製品ページの一番左端に表示されているCore i3-3110Mの構成がそれにあたります。
価格は¥99,960からと、これまでは最小構成でも10万円を越えていた事を考えると若干安価になりました。

IvyBridgeのCore i3を搭載したモデルにはまだ触れた事が無いのですが、
従来(SandyBridge)のi3の性能を考えると、普段使い程度であれば快適に使えると思います。
X230のレビューはこちら

あとEdgeシリーズの14型モデル Edge E430ですが、こちらもこれまでSandyBridgeのCore i5だった構成が、
IvyBridgeのCore i5へと斬新されました。

例えばCore i5-3210M を搭載したEdge E430だと、価格は¥54,810(税込)。
X230だとi5搭載で10万円を越えてしまう事を考えると、相変わらずコストパフォーマンスは高いです。
Edge E430のレビューはこちら

なお、同じEdgeシリーズの15.6型モデル Edge E520のCore i5搭載モデルは、
まだ現時点では従来のSandyBridgeのままとなります。

あとE520で出るといわれている高解像度液晶の選択肢はまだ追加されておらず・・
そのオプションが出るのを待っている人もいるのではないかと思います。


各モデルの詳細な構成については、公式サイトの製品ページをご確認下さい。

※上記の価格や構成は2012年7月3日時点のもので、変更される可能性があります。