マウスコンピューターが販売する11.6型のゲーミングノート「 NEXTGEAR-NOTE i300 」です。

このNEXTGEAR-NOTE i300は、4月の末にマウスコンピューターより発表・販売が開始された
G-Tuneブランド初の11.6型ゲーミングノート。

少し前の記事にも製品について何度か触れていましたが、市場では数少ない(というかもう無くなる?)
11.6型のゲーミングノートだけあり、非常に注目されている製品です。

そのNEXTGEAR-NOTE i300の特徴や実際のパフォーマンス、使用感などについて、
今後の記事で詳しくレビューしていきたいと思います。

とりあえず今回はまだ届いたばかりという事で、製品の簡単な写真などを掲載してみました。




天板。
イベント会場などだと照明などの関係で黒っぽくみえていたのですが、実際のカラーはダークブラウンです。

黒よりも若干暖かく落ち着いた雰囲気です。




天板には細かなエンボス加工が施されています。
左寄りの位置にG-Tuneのロゴマーク。

しつこい位書いていますが、天板が光沢でないのは好みです。
光沢パネルは見た目は良いのですが、触ると指紋が付いて綺麗でないです。




11.6型ワイドHD(1366×768)の光沢液晶を搭載。




キーボードはアイソレーションタイプ。
パームレストやタッチパッドなども天板と同じ、エンボス加工が施されたデザイン。

天板と同様の理由で、指紋がつきにくい部分が好みです。





という感じです。
前に書いた事ばかりですが、まだ現時点ではそれ程マシンに触れていないので・・

ちなみに、自分がこのモデルを一番最初に見たときに思ったのはとても小さいという事。

11.6型だから小さくて当然なのですが、小さくてもパフォーマンスは見た目に比例せず、
構成によってはそこそこ負荷の高いゲームのプレイも可能となっています。

そのような内容でありながらとても安価・・という事で、
ゲーム目的でないユーザーにもニーズはあるのではないかと思っています。


そういうわけで今後、NEXTGEAR-NOTE i300の特徴や性能他、
詳しい内容についてレビューしていきたいと思います。

製品に興味をお持ちの方は、是非今後のレビュー記事をご覧下さい。