ThinkPad LシリーズのIvy Bridge版である ThinkPad L430L530が販売開始されました。


ThinkPad L430

L430やL530はL420やL520の後継となるモデルで、それぞれ14型と15.6型の液晶を搭載します。
ThinkPadではローエンドに位置づけられる低価格なシリーズです。

安価といってもEdgeシリーズよりは価格は高めではあるのですが、
ビジネスモデルでありながらコンシューマー向けの要素を多く含むEdgeに対し、
Lシリーズはセキュリティチップを搭載するなどEdgeよりもビジネスよりの位置にいます。

Tシリーズなどだと少々価格が高い、だがEdgeよりももう少しビジネス用途に特化したノートが欲しい、
と思われる個人の方や企業向けとしてLシリーズは適しているといえるでしょう。

見た目とても地味なシリーズなのですが、結構ニーズは高いようです。

前モデルとの主な違いは、6列のキーボードが採用された事、USB3.0が追加された事、
またL420では1366×768ドットの液晶しか選べなかった(L520やL530は1600×900ドットまで)ものが、
L430では1600×900ドットの液晶も選択可能となった事などが上げられます。

他にも機能等で細かく変化している所はあるようですが、最大の変化はアーキテクチャが変わった事、
またキーボードが変わったという所で、相変わらず地味なモデルであるのには変わりないです。


というわけで以下、ThinkPad L430/L530の主な構成です。


【ThinkPad L430の最小構成】

※価格や構成は2012年6月15日確認のものとなります。

OS Windows 7 Home Premium SP1 64bit
プロセッサ Core i5-3210M (2.5GHz、TB時最大3.1GHz)
チップセット HM76 Express
ビデオカード HDグラフィックス4000
メモリ 4GB(4GB×1/PC3-12800 DDR3 SDRAM/2スロット/最大8GB)
ストレージ 320GB HDD(5400rpm)
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ(固定)
ディスプレイ 14型ワイドHD(1366×768)、非光沢液晶
無線機能 IEEE802.11 b/g/n
サイズ 354×243×29.6~31.4(幅×奥行き×高さ/mm/4・6セルバッテリー搭載時)
重量 約2.31kg(6セルバッテリー搭載時)
バッテリー 6セルバッテリー(バッテリー駆動時間:約9.2時間)

仕様によると、今回登場したL430とL530は一部Sandy Bridgeの構成を持つものがあるようなのですが、
現時点の直販サイトで販売されているモデルの内容を確認した所では、Ivy Bridgeの構成しか見当たらず。

上記の最小構成だと¥72,870(税込/2012年6月15)~と、同構成の他シリーズに比べるとやはり安価だと感じます。

なお、ThinkPad L430とL530の違いは液晶と筐体サイズ、重量、バッテリー駆動時間位で、
その他の内容に差はありません。価格も構成が同じであればほぼ同等だと思われます。

個人的には、14型のL430で1600×900ドットの液晶が選択できるようになった所が良くなったかなと思います。
Tなどでは14型でも1600×900ドットの液晶が選べるので・・