最近、レノボのIdeaシリーズやLenovoシリーズの製品が多数発表されましたが、
どのような製品が発表されたのかについて簡単にまとめてみました。


これは昨日(6月12日)発表されたIdeaPad Z480

殆ど自分の覚書きなので、参考情報をお探しの方にはあんまり参考にならないと思います。
製品の概要がかかれたページへのリンクも記載しておきますので、そちらを参考にしてください。

あと、発売延期となったU310をはじめとする各製品について
再度販売予定日がアナウンスされたのでそちらも記載しておきます。

また実際に製品が発売され、時間に余裕があれば各製品についての詳細に触れるつもりです。





IdeaPad U310

8万円を切るHDDとSSDを搭載したUltrabook「グラファイトグレー」「アクアブルー」「チェリーブロッサムピンク」
7月上旬より販売開始予定。





IdeaPad Z480

14.0型HDのモバイルノート。「グラファイトグレー」「チェリーレッド」「コーラルブルー」
6月15日(金)より販売開始予定。





IdeaPad Z580

15.6型HD液晶搭載メインストリームノート。Z480と同シリーズ。「エナメルホワイト」「チェリーレッド」
6月15日(金)より販売開始予定。





IdeaPad Y580

15.6型のフルHD(1,920×1,080)液晶やブルーレイ搭載、IdeaPadでは最上位にあたるプレミアムノート
6月15日(金)より販売開始予定。





Lenovo G580

安価なエントリーノートだが結構高性能。
量販店では安くとても人気のあるGシリーズの新製品です。「グロッシーブラウン」
6月15日(金)より販売開始予定。





Lenovo H520s

省スペース型のデスクPC。価格が安く結構人気がある。
6月15日(金)より販売開始予定。




最近のIdeaシリーズは昔に比べると、デザインや機能面、性能面など総合して結構内容は良いです。

ただモデルによって安価なもの、また逆に高いのでは?と思うものもあり、
お勧めできるものとこれはちょっと・・と思うものもあります。(無駄に高いわけではないのですが)

個人的にはZとYシリーズの過去モデルは使いやすかったです。
特にZは色が綺麗なので機能だけでなくその辺りに拘る方にも最適。ただ、重いので携帯には適さないと思います。

Gは安く、モデルによっては結構高性能でコスパに優れますが、作りはIdeaの方がしっかりとした印象があります。
デザインは良く言えばシンプルで無駄がない、悪く言うと地味。
家で使える安価なノートを探している方に向いているのではないでしょうか。

U310はU300sやU400と同じUltraBookですが、これらは価格が結構異なる為、
U310については実際に見て触ってみないとどのようなものなのかわかりません。

Lenovo Hシリーズは省スペース性とデザインを気にする方に最適。過去モデルは安価だからか人気があります。
ただ私はこのHシリーズには、展示会等で簡単にしか触った事がありません。機会があれば細かく触れたいです。




今回、上記全てのモデルでインテルの第3世代Core iプロセッサーが採用されています。
U310は7月上旬、それ以外は一応6月15日(金)より販売開始予定とされています。

その他の詳しい情報については以下をご覧下さい。