T430とT530に続いて ThinkPad T430sの詳細です。

このT430sはThinkPad T420sの後継となる、
Tシリーズ中最も軽い重量を実現した14型のモバイル向けノートです。

14型サイズでありながら約1.79kgの重量を実現し、筐体も高さ21.2~26.0mmとかなり薄め。

そのような内容でありながらThinkPadの操作性と堅牢性、高いパフォーマンスを実現しているという事で、
やや通常のTシリーズよりも高価であるにもかかわらず、高い人気を誇ります。
(過去、このシリーズを使っている方を結構見かけました)

内容的にはT430やT530とそれ程大きく変わらないのですが、カスタマイズの幅はT430やT530よりもやや狭めです。

他のTシリーズと同様、このモデルにも新しい6列のプレシジョン・キーボードが搭載されており、
その辺りの操作性が現時点ではまだ不明なのですが、キーボードの操作性さえ良ければ使い易いモデルだと思います。
自分のように重いものがダメな人にはモバイル用としては無理ですが・・


ちなみにモバイル用のT・・というと、T430uというUltrabookが今年の初めに
海外(CES)でアナウンスされており、まだ確かな事はあまり分からないものの(出るのかどうかも)
T430sとの位置づけが微妙ではないかと最初は思いました。

ですが、T430uの海外での販売予定価格は849ドルだそうで、Tにしては非常に安価。

過去の情報ではT430uは1.8kg以下、厚さは21mm程度でT430sよりも薄くはあるものの、
Ultrabookという事でバッテリーは交換不可ですし、液晶は1366×768ドット・・とそれ程魅力的でもないと思うのですが、
Tの特徴を持ち合わせながらも薄く軽く、更に安価であるなど、特に価格の部分のインパクトが大きいです。

今年の第3四半期に発売予定(日本は不明)との事で、本当に登場するのかどうかは置いておいて、
どのような製品になるのかちょっと興味深くはあります。
(Ultrabookは珍しくありませんが、Tシリーズとして発売されるという部分に興味)


話がそれましたが以下、現在販売中のT430sの主な仕様です。

【ThinkPad T430s(バリューパッケージ)の最小構成】

※価格や構成は2012年6月7日確認のものとなります。

OS Windows 7 Home Premium SP1 64bit
プロセッサ Core i5-3320M (2.6GHz、TB時最大3.3GHz)
チップセット QM77 Express
ビデオカード HDグラフィックス4000
メモリ 4GB(4GB×1/PC3-12800 DDR3 SO-DIMM/2スロット/最大16GB)
ストレージ 320GB HDD(5400rpm)
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ(脱着式)
ディスプレイ 14.0型ワイドHD(1366×768)、非光沢液晶
無線機能 IEEE802.11 b/g/n
サイズ 343×230×21.2~26.0(幅×奥行き×高さ/mm/6セルバッテリー搭載時)
重量 約1.79kg(6セルバッテリー搭載時)
バッテリー 6セルバッテリー(バッテリー駆動時間:約6.1時間)

上記構成で価格は¥134,820(税込)~。
同じような構成を持つT430やT530と比べると、価格は高め。

ですが上でも述べたように、14型液晶に光学ドライブを搭載、かつ堅牢性の高いThinkPadのボディを
持ち合わせながら、重量約1.79kgを実現しているというこのモデルならではの特長がT430sにはあります。

軽いといっても、個人的にはこのサイズのモデルを携帯する事はまず無いのですが・・


構成に関してもう少し触れると、今のところは最大でCore i7-3520M(2.9GHz、TB時最大3.6GHz)、
液晶は1600×900ドットの非光沢も可、グラフィックスはNVS 5200M(1GB)、256GBのSSDや32GBのキャッシュ用SSD、
そして光学ドライブベイにセカンドHDD(500GB/7200rpm)などを選択する事が可能です。

みる限りではT430やT530と構成内容は似ていますが、構成の選択肢はT430sの方が若干狭め。

ちなみにT430sに搭載されている光学ドライブは、T430やT530と同じ脱着式ですがドライブの種類が異なります。
T430やT530よりも薄型なT430sには、9.5mm厚のドライブを用いた「ウルトラベイ・スリム」が、
T430やT530には12.5mm厚のドライブを用いた「ウルトラベイ・エンハンスド」が採用されています。

あと、T430sには標準では6セルバッテリーが搭載されていますが、
カスタマイズにてラピッド・チャージが可能な4セルバッテリーの選択が可能です。

これは30分で約80%までの高速充電を可能にしたというバッテリーで、
4セルと容量は小さめですが、急いで充電したい場合などに便利。

ただ、T430sは6セルバッテリー搭載で約6.1時間のバッテリー持続時間ということで、
これが公称値だという事を考慮するともう少し小さい値になると思われるため、
6セルよりも小さい4セルバッテリーではさほど持たないのではと思われます。

緊急用という感じでしょうか。


とりあえず、ThinkPad T430sについては以上となります。

それ程代わり映えしなく新製品の割には地味ではありますが、
キーボードの使い勝手さえ良ければ扱いやすい製品ではないかと思います。

なお、記載の仕様や価格は記事作成時点(2012年6月7日)のものである為、
正確な情報については公式サイトの製品ページをご確認下さい。