2012年6月5日、レノボ・ジャパンより新しいThinkPad W/T/L/Xシリーズが発表されました。

今回発表されたのはThinkPad X230/X230 Tablet、ThinkPad L530/L430、ThinkPad T530/T430/T430s、
ThinkPad W530の8モデル。直販での発売は明日からとなるようですが、ようやくという感じです。

しかし、やはり7列のキーボードは廃止されてしまったようで、
今回のThinkPadには「6列プレシジョン・キーボード」が採用されています。

「6列プレシジョン・キーボード」とは初めて聞く言葉ですが、プレスリリースによると
キートップの領域が従来と比較して約30%広く、隣り合うキーの感覚は約5倍となってミスタイプを軽減・・との事。

良くわかりませんが、これまでのThinkPadに搭載されていたキーボードと同様に、
人間工学に基づいたキーの打鍵感などはそのまま維持しているそうです。

EdgeやX1なんかに搭載されているキーボードと同じに見えるのですが、違うのでしょうか?


その他の特長としては、全シリーズでLenovo Enhanced Experience 3の搭載、
W/T/Xシリーズで新6世代のフクロウファンの採用、またW/Tシリーズには新しいカーボンファイバーを採用、
新ThinkVantage Toolsの採用やRapidConnect(WiFiなどの接続を高速に)、RapidResume(システムの再開を高速に)他、
様々な新しい機能が搭載されているようです。

聞いた事があるものも多いのですが、中には初めて耳にするものもあり、
Bluetooth HIDエミュレーターという機能ではThinkPad TabletのキーボードをThinkPadのキーボードや
トラックポイント、タッチパッドで制御できるのだそうで、これは全シリーズで対応しているようです。


各モデルの仕様についてはまだ仕様表等が見当たらないので細かく書きませんが、
とりあえず分かる範囲でX230の簡単な内容を上げて見ると・・

追記:仕様が公開されました → ThinkPadシリーズ製品カタログ

【ThinkPad X230】

・最大第3世代Coreプロセッサー・ファミリー搭載
・Windows 7 Professional
・12.5型HD(1,366×768)
・320GB HDD
・最大16GBメモリ
・約1.48kg(6セルバッテリー搭載時)
・バッテリー駆動時間:約9.4時間

最大第3世代Core・・という事は、そうでないモデル(Sandy Bridge)もあるのでしょう。
重さはあんまり変わっていないようです。

細かい部分については、発売開始後の実際の製品(と仕様)をみてみない事にははわかりませんが、
各モデルの詳細については順次まとめていきたいと思います。

※まだ新モデルはページには掲載されていません。6月6日より販売開始