少し前にCAT-2さんが、カンパンが沢山あるけど要る?と聞くので「要る」と返事しておいたら、
ある夜でっかい紙袋をぶらさげて帰ってきました。

何でも、会社が引越しするので捨てなくてはならないのだそうです。

やたら大きいし、やたら重いです。

私が子供の頃、おばあちゃんの家の戸棚で見かけたカンパンは筒状の缶詰のような形のものだったので、
そういう感じのものを持って帰ってくると勝手に想像していたのですが、何か求めていたものとは違うような・・




私がおばあちゃんの家で見かけたのはこんなカンパン。

パッケージの絵柄は違ったかもしれませんが、カンパンと金平糖が入った缶詰です。

私はお菓子の缶詰と思い込み、おばあちゃんに食べたいとしつこくねだって開けてもらったのですが、
カンパン超不味・・

普通の甘いビスケットを想像して食べたから余計だと思うのですが、想定外の味でした。

ただ、一緒に入っていた金平糖は普通に甘くて美味しい金平糖だったので、
小さかった私は美味しい金平糖だけ全部食べてしまい、残ったカンパンは放ったらかし・・

それを見つけた親に後から怒られた記憶があります。
残ったカンパンの行方は知りません。



・・というカンパンの思い出が私にはあるのですが、
CAT-2さんの持って帰ってきたカンパンはなんか違う感じです。

一応「砂糖」の文字は見えますが、金平糖らしき文字は見えません。





とりあえず開けてみます。

結構頑丈なガムテープで封をしてあります。




これは・・




単なるカンパンです。
カンパンしか入っていません。 薄々気付いていたもののちょっとショック

カンパンだけだと普通に消費するには難しそうです。
一応期限は平成27年の5月までという事なので、今から大体3年後までは持ちますが・・




一袋324kcalという事なので、一食分のカロリーには全然足りませんが、
臨時の時の食事なので、一袋一食分でしょうか。

喉に詰まりそうなので水は必須です。








・・早速味見してみます。

カンパンを包む袋は結構頑丈です。
穴が開いたら期限まで持たなくなってしまうので、そうなっているのだと思います。




見た目は普通のビスケット。
点々とあちこちに黒く見えるのはゴマです。




結構厚め。





というわけで食べてみましたが、小さい頃の記憶はどこへやら・・結構美味しいです。
いや、美味しいという程のものではないのですが、食べれない事はないです。

なんていうか、「ギンビス アスパラガスビスケット」みたいな味です。(わからんって?)

私が過去に食べたカンパンは全く甘味が無く、無味乾燥な味だったように思うのですが、
今回のは噛むとほんのりあまくてゴマが香ばしくて、お腹が空いている時だったら結構美味しく食べられると思います。

といっても、買ってまで食べたいと思う味ではないです。
もし期限までに消費できなかったら、全部粉々に崩してレアチーズケーキか何かの土台にしてしまいます。

ゴマ入りですけど・・
そうなった際には、また記事にしようと思います。