GW最後の休み、5月6日の日曜日の事になりますが、
CAT-2さんの友人であるへのさんが東京の方に遊びに来ていたので、皆で亀戸天神の藤まつりに行きました。

藤の写真撮影が目的です。

植物にあまり詳しくないので、藤はCAT-2さんの写真でしかまともに見たことがなかったのですが、
満開の時期はとても綺麗だとの事。

その日は晴れたり曇ったりで天気がいまいちだったのですが、
とりあえず行って来ました。




私は亀戸天神に行くのは初めてです。

あちこちにこのようなチラシが貼ってありました。
藤まつりは毎年行なわれているそうです。




家を出てくる時は一応晴れていたのですが、着く頃には空は真っ暗。
今にも雨が降りそうな感じの重々しい雲でした。

風も強いです。




東京スカイツリーがみえます。
歩いていけるくらいの距離です。

ちなみにこの日は「東京ホタル TOKYO HOTARU FESTIVAL 2012」というイベントが隅田川であり、
それに伴ってスカイツリーの点灯が行なわれる予定でした。
そちらも行ってきたので、後の記事に載せます。




天候が余り良くないのにも関わらず、沢山の人がお参りに訪れていました。




悲しい事に、大半の藤が散ってしまった後のようでした。
ここ数日風が強かったからでしょうか。




一応、残っている所もあります。
なんとなく、葡萄みたいです。

薄紫色をしており、晴れていたらとても綺麗だったと思います。




と、ここでいきなり雨が降ってきます。
本当にいきなりです。

しばらく、近くに設置してあったテントの下で雨宿りをします。
雷もなっていて怖いです。

人の上に雷の落ちる確率なんてどれだけ低いと思ってるのって言われますが、
そう思っていても落ちる時は落ちるので、やっぱり怖いです。
(雷が鳴り始めたら出かけるの止めようと思うくらい怖い)

幸い、この時はゴロゴロと数回なっただけで止みました。




雨も雷も止んだので、また撮影して回ります。




帰ってきて写真を見てから亀に気付きました。
この亀、やや遠目に見ると本物に見えるくらいリアルな亀です。




屋台も沢山出ていました。
ただ私達が行ったのは結構遅い時間だったので、ちらほら片付けはじめているお店もありました。




屋台で金太郎飴とか売れるのでしょうか。




シロップかけ放題のケースについた蛇口が面白いです。




藤は咲いている所と咲いていないところがありましたが、
あちこちでつつじの花が沢山咲いていました。




昔は花とか平気で触れたのですが、今は虫が怖くて触れません。
いないと思っていても中から出てきたりする時があるし・・




さっきまで真っ暗だったのに、急に日が差してきました。
この日は竜巻が起きた地域もある位風が強かったので、雲の動きもかなり早いようです。





以下、暫く藤の写真です。

やはり葡萄を連想してしまいます。
一つ一つの花が小さいので、遠目だと花の様子がよくわかりません。

ですが、近づいてよく見て見るとしおれている花や散りかけている花も多かったです。




私は形がわかり難い小さい花よりも、
チューリップやコスモスといった一つ一つの花が独立した感じの花が好きです。

でもバラはあんまり好きではないです。




日に照らされた花がとても綺麗でした。
満開だったら良かったですが、もっと混んでいたかもしれません。




池はどんよりした感じで、見た目があまりきれいではないです。



よく見ると・・

亀が泳いでいるのが見えます。
亀は好きではないですけど、小さいのは可愛いです。


が、隣にいた知らないおじさんに、良く見てみと言われてさらによく見ると・・





大量の亀が絡まって泳いでいて、恐ろしかったです。

と思いながらも、これだけの亀が絡まっている所は滅多に見れないので沢山写真を撮ってしまいました。
でも載せるのはこれだけにしておきます。

さすが亀戸天神だけあって、亀ワールドでした。




そろそろ神社を後にします。
おまつりももう終わりのようでした。




次はスカイツリーの方へ向かいます。
歩いて10分程度です。



上にも書きましたが、この日(5月6日)は隅田川の方で「東京ホタル TOKYO HOTARU FESIVAL 2012
というイベントがあり、それに伴いスカイツリーの点灯が行なわれる予定だったので、
イベントとスカイツリーを観る為にそちらへ向かいます。

次の記事に続きます。