日本HPからインテルの第3世代Core iプロセッサーを搭載した「 HP Pavilion dv4-5000 」が登場しました。
HPでは初のIvy Bridge搭載機です。


こちらはブラックリコリス

このモデルは14型サイズの光沢液晶を搭載する個人向けのノートPC。

プロセッサにはCore i7-3612QMを、グラフィックスにはGeForce GT 630Mを搭載するなど、
比較的パフォーマンスの高い内容で構成された固定仕様のマシンです。

モデルには「ブラックリコリス」というカラーが施されたパフォーマンスモデルと、
「カーマインレッド」というカラーが施されたパフォーマンス・オフィスモデルの2種をラインアップ。

これらモデルの違いは、パフォーマンスモデルが500GB HDDにDVDドライブにオフィスなしの構成であるのに対し、
パフォーマンス・オフィスモデルには32GB SSD&750GBにブルーレイROMドライブ、Office Personal 2010が搭載されます。

各モデルの価格はパフォーマンスモデルが¥72,870 (税込)~で本日の12:30より発売、
パフォーマンス・オフィスモデルは¥96,600 (税込) ~で5月下旬より発売開始と予定されています。

以下、2モデルの主な構成内容です。


【HP Pavilion dv4-5000 パフォーマンスモデル(ブラックリコリス) の基本構成】

※価格や構成は2012年5月2日時点のものとなります。

OS Windows 7 Home Premium SP1 64bit
プロセッサ Core i7-3612QM (3.10GHz)
チップセット HM77 Express
ビデオカード GeForce GT 630M(2GB/GDDR5)
メモリ 4GB(4GB×1/PC3-12800 DDR3 SO-DIMM/2スロット)
ストレージ 500GB HDD(7200rpm)
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
ディスプレイ 14.0型ワイドHD(1366×768)、光沢液晶
無線機能 IEEE802.11 b/g/n、Bluetooth 4.0
サイズ 345×236×30.5~37.5(幅×奥行き×高さ/mm)
重量 約2.25kg
バッテリー 6セル(バッテリー駆動時間:約8時間)

上記の構成で、価格は¥72,870(税込)~。
このdv4-5000 パフォーマンスモデルは本日(5月2日)の12:30より公式サイトで発売開始となります。



そしてオフィスを搭載した「カーマインレッド」カラーのモデルはというと・・

【HP Pavilion dv4-5000 パフォーマンス・オフィスモデル(カーマインレッド) の基本構成】

※価格や構成は2012年5月2日時点のものとなります。

OS Windows 7 Home Premium SP1 64bit
プロセッサ Core i7-3612QM (3.10GHz)
チップセット HM77 Express
ビデオカード GeForce GT 630M(2GB/GDDR5)
メモリ 4GB(4GB×1/PC3-12800 DDR3 SO-DIMM/2スロット)
ストレージ 32GB SSD + 750GB HDD(7200rpm)
光学ドライブ ブルーレイROMドライブ
ディスプレイ 14.0型ワイドHD(1366×768)、光沢液晶
無線機能 IEEE802.11 b/g/n、Bluetooth 4.0
サイズ 345×236×30.5~37.5(幅×奥行き×高さ/mm)
重量 約2.25kg
バッテリー 6セル(バッテリー駆動時間:約8時間)
付属 Microsoft Office Personal 2010 SP1

上の構成で価格は¥96,600(税込)~。

パフォーマンスモデルとの違いはオフィスが搭載されている部分、
またストレージに32GB SSDや750GB HDDや、ブルーレイROMドライブが搭載される部分となります。

その他、両モデルにはお馴染みのBeats Audioステレオスピーカーなども搭載しています。

自分的にはSSDをキャッシュに搭載したカーマインレッドのモデルの方が良いかなと思いますが、
オフィス搭載・非搭載を選べれば良いのにと思います。(あともう少し解像度の高い液晶も)