先日、HPの本社で開催された HP ENVY14 SPECTRE の製品説明会参加の様子を書いた記事で、
会場で見た HP ENVY14 SPECTRE のレビューを載せると述べたのですが、
ENVY14 SPECTRE については既に簡単なレビューを書いているため、よく考えるとそれ程書くこともなく・・

前に見た ENVY14 SPECTRE と構成が違うならまだしも、
同じ量販店モデルの構成(下位構成)なので、性能に関しても全く違いはありません。

ただ、説明会で始めて知った事などもあるので、今回の記事では
前の記事の補足と言う形で、まだ記事上で触れていない事等を中心に掲載してみました。





前にも載せましたが、一応簡単に筐体の写真などを載せておきます。

左側面はMini DisplayPort、HDMI、LAN、USB3.0、USB2.0、ヘッドフォン&マイクのコンボ、
SDカードスロット・・と一般的なノートとそれ程違いがない内容。




右側面にはミュート、ボリュームコントローラー、Beats Audio ソフトウェア起動ボタン、
電源コネクターと言う内容で、Beats Audio ソフトウェア起動ボタンはもとより、
アナログ式のボリュームコントローラー等は他のノートにはない、ENVY14 SPECTREならではの特徴です。



ちなみにBeats Audio ソフトウェア起動ボタンを押すと・・

その名の通り、Beats Audio ソフトウェアが起動します。

Beats Audio ソフトウェアは普通にタスクバーのアイコンや、スタートメニューから起動させる事ができるので、
必要なのかな?とも思いますが、音楽等をこのノートで扱う方であれば結構便利なのかもしれません。

※Beats Audio ソフトウェアはサウンドをイコライジングするソフトウェアです。




前面にはBeats Audio のマーク。
このマークの下側に・・




このようなステレオスピーカーが搭載されています。
もちろんBeats Audio対応で、反対側にも同じスピーカーが搭載されています。




背面。

ENVY14 SPECTREに限らず、最近のHPの製品は
背面に「HEWLETT-PACKARD」のロゴが印字されているものが多いです。




ENVY14 SPECTREの天板。
この日の製品説明で初めて知った事ですが、天板には黒いガラスが利用されているのだそう。

最初、黒い天板にガラスがコーティングされていると思っていたのですが、
にしては表面が浮いた感じがせず、真っ黒だなあと思っていたのです。

はっきりとした綺麗な黒です。
ただ指紋がやや目立つ事と、かなり周囲の風景が映りこむので写真が中々上手く撮れません。




前にも触れましたが、ENVYのキーボードは英語版です。
(なので、人によってはお勧めできない)

写真はキーボードバックライトが点灯した状態。

なお、このキーボードバックライトはキーの一つ一つにライトが設置されており、
通常のキーボードバックライトよりも、より文字を明るく照らす事が出来るのだそうです。



あと、このENVY14 SPECTRE には近接センサーが搭載されており・・

このセンサーにより、PCの前に人がいるかいないかを感知し、
キーボードバックライトのオンオフを行ないます。

PCの前に人がいる場合はキーボードバックライトをオンに、離席するとオフに・・といった具合です。
もちろん、キーボードバックライトのオンオフを行わないようにする事もできます。




パームレストにもタッチパッドにもガラスが使われています。
タッチパッドは指に汗をかいた状態だと、少々使いにくく感じる事があるかもしれません。




ENVY14 SPECTRE の底面。
他のENVYと変わらない感じですが、バッテリーは内蔵式だそう。

といっても、Ultrabookでは珍しくない仕様です。

ですが底面のカバーは簡単に開くようになっており、
HDDやメモリなどのパーツ類にはアクセスできるのではないかと思います。




HP独自のソフトウェアはこれまでにもおなじみのものが多いですが、
ひとつだけ見たことが無いものがありました。




HP Touch to Shareというソフトウェアです。
Android搭載のスマートフォンと、閲覧するコンテンツを共有する為のもののようです。

ただ、まだ現時点では使った事が無いので、どのような動作をするのかはわかりません。





ENVY14 SPECTRE に関しては以上となります。

構成と性能に関しては、以前にも簡単に掲載しているのでここには載せません。
(以前のENVY14 SPECTREの記事をご覧下さい)
また何かあれば掲載します。