2012年4月9日、レノボ・ジャパンはインテルの第3世代CPU(Ivy Bridge)を搭載する
コンパクトなデスクトップPC「ThinkCentre Tiny」シリーズを発表しました。


ThinkCentre M72e Tiny

「ThinkCentre Tiny」シリーズは、ゴルフボール4個幅という非常に小さなサイズのマシン。

これまでのレノボの製品の中で最も小さいサイズを実現した製品で、
小さいながらもレノボ独自の冷却技術(Intelligent Cooling Engine 2)により、筐体の冷却を可能にしています。

ラインアップされるのは ThinkCentre M92p Tiny、ThinkCentre M92 Tiny、ThinkCentre M72e Tinyで、
専用のTinyブラケットは75mm、または100mmのVESA規格に対応しているため、
例えばモニターの側や、もちろんアームにも取りつけることも可能です。

基本的にこのモデルは法人を対象とした製品という事ですが、個人向けとしても販売されます。

今はまだはっきりとした情報(正確なサイズや仕様など)は公開されていないようですが、
今後、ThinkCentre Tiny専用のオプションも豊富に提供されていくという事で、個人で使うにも便利そうなモデルです。

価格がどの程度のものになるのかが気になりますが、
また2012年6月上旬に再度詳細が発表されるとの事。

以下の画像は、ThinkCentre Tinyです。




ThinkCentre M92p/M92 Tiny
背面のオプション用として用意されたポートの選択内容によっては、4画面を1画面として表示するモザイクモードに対応





ThinkCentre M72e Tiny 
専用ブラケットはVESA規格に対応しており、モニターの裏側にも取り付ける事が可能



あと、上記の「ThinkCentre Tiny」シリーズとは別に「ThinkCentre M92z All-In-One」という一体型PCや、
ThinkVision LT2323z」というIPSモニターも発表されているのですが、こちらも詳細は2012年6月上旬に発表されるとの事。

昨年だと、この時期にはもうかなりの数の新製品が出ていたのですが、
今年はIvy Bridgeのおかげでかなり待たされている感があります。

しかし、直に色々な製品が出てきそうな感じで、楽しみです。