前記事に秋葉原で開催のHPのイベントへ行ったと書きましたが、
実はその前にASUSの「ASUS 自分レボリューションキャンペーン」と言うイベントへ参加するために新宿へ寄り道していました。

「ASUS 自分レボリューションキャンペーン」は、ASUS ZENBOOKメインのイベント。
ZENBOOKのタッチトライや、ZENBOOKにちなんだクイスラリー等が用意されています。

新色のホットピンクも展示されているという事で、色々見てみました。




新宿。

新宿での開催場所は「新宿モア4番街という事でしたが、どこだっけ・・
と思いながらGoogleMapの指し示すほうへ向かうと・・




ありました。

どこか屋内だろうと思っていたのですが、外でやるとは思いませんでした。
これだったら近くの新宿ステーションスクエアでやったらいいのに・・と思わなくもありません。




結構人が出入りしている様子。




きょろきょろしていると、スタッフの方がイベントの用紙をくれました。
用紙にはクイズが書かれており、書いて提出すると参加賞がもらえるようです。

とりあえず製品を・・という事で、近くにあった実機を触ってみることにしました。




ASUS ZENBOOK。
このモデルは最新ではなく、昨年の末に出た11.6型のウルトラブックです。

Core i7-2677Mや4GBメモリ、120GBのSSDなど結構スペックは高めで、
メーカー希望小売価格は¥95,048、量販店での最安値では7万円台から販売されています。




キーボードはウルトラブックではお馴染みのアイソレーションタイプ。

特別変わった所はありませんが、キーボード右上のキーが電源ボタンになっており、
Deleteが左に続く配置となっているので、間違えて電源ボタンを押してしまいそうです。

あと、カーソルキーは独立していて使いやすいですが、
キーは全体的に押し心地が硬めに感じました。




タッチパッドは一体型で、それ程使いやすくはありません。
ウルトラブックなので、こんなものなのかな・・




インターフェースは左側面がminiVGA、USB2.0、ヘッドフォンポート。




右側面がminiHDMI、USB3.0、電源コネクター。

端子類は少なめですが、3~17mmと薄いのでこんなものでしょう。
(といっても、薄くでもインターフェースが充実しているウルトラブックはありますが)

しかし、デザインがMacなんたらAirに似てます。





性能は・・

プロセッサ 6.9
メモリ 5.9
グラフィックス 5.4
ゲーム用グラフィックス 6.2
プライマリ ハードディスク 7.9

構成がCore i7-2677M、4GB メモリ、128GB SSD・・といった内容で、上記のスコアとなります。
性能は良いです。現在最安値が7万円台だとすると、MacなんたらAirよりコスパは良いのでは?と思います。

といっても単純に価格と構成だけを見比べた場合で、操作性や携帯性などは考えていません。

なお、このモデルは11.6型で1366×768の解像度なのですが、
13.3型のモデルは13.3で1600×900だとの事で、ウルトラブックでは貴重な高解像度モデルとなります。




上記に載せたモデルのカラーはシルバー。
上にも書きましたが、昨年からあるカラーのモデルです。

今年に入ってからのカラーとして、1月にさくらピンク、
そして3月にホットピンクが追加されています。




こちら、ホットピンク。
かなり派手なピンクで、使う人を選びそうです。

私は・・無理かな・・




キーにプリントされた文字の色もピンク色です。




その後、クイズラリーの最後に記載されている「あなたの2秒チャレンジ」に挑戦します。

トレーラー内で行なうようです。

ちなみにこのトレーラー、HPが現在開催中のキャンペーンで走らせているトレーラーのように、
車に牽引されて東京都内を周遊しているようです。(4月17日まで)

こんなトレーラー



というわけでそのトレーラーに入ります。

トレーターの奥にこんな装置が設置されていました。

スタッフの方曰く、中央のボタンを押して前の画面に表示されているタイマーを2秒ぴったりか、
もしくは近い数値でとめると、外付けハードディスク等の景品がもらえるそう。

ちなみに何故2秒かという事ですが、ASUS ZENBOOKは高速起動に対応しており、
スリープ状態からディスプレイを開くと、約2秒で復帰する事ができます。

その2秒がどれくらい早いかを体感してみよう、という試みです。




・・2.34秒でした。
別に外付けHDDは必要ではないのですが、何となく残念。




トレーラーの後部には、ASUSの他のモデルが展示されていました。




何の機種かはわかりません。
機種名を記載しておくと、見る方も分かりやすくて良いのにと思います。





トレーラーから出た後は、会場のインフォメーションカウンターへ行きます。

カウンターにはZENBOOKのホットピンクやさくらピンクの天板、マシンのケースが展示されていました。
さくらピンクは光の加減でピンクっぽく見えませんが、微妙な色加減がとても綺麗です。




カウンターで製品のカタログと、参加賞のASUSボールペンをもらいました。




さらに・・

5000円の商品券がもらえるかもしれない抽選券を、指定の家電量販店に出しに行きます。

会場で回収してくれたら良いのにと思いますが、
指定の量販店はすぐ近くなのでいってみました。




抽選店舗は3店舗。
全て新宿駅周辺です。

しかし、PCコーナーの「コーナー」が「コナー」になってます。
どうでもいいですけど・・

当たったらラッキー、当たらなくても忘れていると思います。





という感じのイベントでした。

なお、このイベントは4月14、15は有楽町、4月21、22は大阪なんばパークスでも開催される予定だそうです。
大阪のイベントは複数の大手メディアでは4月21・22となっているのですが、
公式サイトでは4月14・15となっています。今の所、どっちが正しいのか不明です。

気軽に参加できるので、製品やイベントに興味をお持ちの方は寄り道してみてください。