マウスコンピュータのNEXTGEARシリーズにGTX680を搭載したモデルが登場しました。


NEXTGEAR の筐体

GTX680は、3月26日に解禁になったばかりのNVIDIA の最新グラフィックスで、
GTX580よりも性能が向上しているのにも関わらず大幅にTDPが抑えられるなど、魅力のあるモデルです。

このグラフィックスが追加されたのはSandy Bridge-Eを採用するX79ベースのNEXTGEAR i830シリーズで、
GTX680を搭載したモデルは基本構成で¥169,890~という価格で販売されています。

このNEXTGEARはカスタマイズ性が高く、GPUはGTX560~GTX680まで、ストレージはHDD~300GB SSD、
メモリは最大64GBまで(今回取り上げたモデルはカスタマイズでは32GBまで)搭載可能となるなど、
ゲームに最適な仕様を持つマシンです。

筺体はどちらかというとシンプルではありますが、前面に搭載のLEDを5色に変化させる事が出来るなど、
若干ですがデザイン面にゲーミングモデルらしい要素も持ちます。

なお、X79搭載モデルとしては最上位のMASTERPIECEシリーズもラインアップされていますが、
現状ではGTX680を搭載したモデルは追加されておらず、今の所G-Tuneで GTX680搭載モデルというと
NEXTGEAR i830となります。(2012年4月2日確認)


以下、GTX680を搭載した NEXTGEAR i830の主な構成とNEXTGEARで使用されている筺体の写真です。


【NEXTGEAR i830GA1-SP3の基本構成】
2012年4月2日に確認した情報です。

OS Windows 7 Professional 64bit(DSP)
プロセッサ Core i7-3820 (3.60GHz、TB時最大3.80GHz)
チップセット X79 Express
ビデオカード GeForce GTX680(2GB)
メモリ 16GB(4GB×4/PC3-12800 DDR3/最大64GB)
ストレージ 1TB HDD(7200rpm)
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
拡張スロット PCI Express x16×3(最下段のスロットはx8動作)、PCI Express x8×2、PCI Express x1×1
拡張ベイ 5.25インチ×3、3.5インチオープン×2、3.5インチシャドウ×2
ケース ATX ミドルタワー
電源 700W 80PLUS GOLD 電源
サイズ 190×495×435(幅×奥行き×高さ/mm)
重量 約13.2kg
キーボード Accurate Keyboard(G-Tuneオリジナル/最大11キーロールオーバー対応)

上記構成で、価格は169,890円(税込)~。
メモリは最大64GBまで搭載可能ですが、カスタマイズでは32GBまでとなります。
(NEXTGEAR i830には、64GBメモリを標準搭載したモデルも用意されています)

なお、今回のモデルに限らず、コストパフォーマンスを重視される方にこのNEXTGEARシリーズはお勧めです。

G-tune最上位のMASTERPIECEはデザイン性などにも拘ったシリーズで、SLI構成のオプションが用意されるなど、
内容もその位置づけに相応しいものとなっています。

ですが同構成のモデルでみた場合、価格はNEXTGEARシリーズの方がかなり安価に設定されており・・

もちろんMASTERPIECEは価格なりに良い部分はあるのですが、
性能以外の余計な部分に拘りがない場合はNEXTGEARシリーズの方が適していると思います。
(よりコストを抑えたゲーミングPCをお求めの方には、NEXTGEAR-MICROシリーズがおすすめ)


以下、NEXTGEARで採用されている筐体の簡単な写真です。




NEXTGEARの筐体前面。
前面にLEDが点灯していますが、それ以外はいたってシンプルなデザインです。




下部にUSBやオーディオ端子を搭載。
この辺は使い勝手が余り良くないです。




側面に排熱口。
CPUが見えています。




上にも記載したとおり、筐体前面にはLEDが点灯します。

このランプ、ボタンを押すたびに色が変化するのですが、
社員の方曰く、設計当初は自動で色が変化していくように・・と考えていたそうです。

結局、コストなど色々な事情によって今の形に落ち着いたのだとか。




筐体内部。

HDDの接続部が逆を向いており、ややメンテナンスが面倒に見えます。
筺体内の拡張性は高いです。





参考までに、Core i7-3930K、GTX580、1TB HDDを搭載したNEXTGEARシリーズのスコアを載せておきます。

24040は低解像度、14618が1920×1080のスコアです。





NEXTGEARについては以上となります。
このシリーズにはGTX680以外にも多数のモデルがラインアップされています。

価格や仕様等の詳細については、公式サイトの情報をご確認下さい。