ドスパラより、GeForce GTX680 を搭載したゲーム向けPC「 Galleria XG-e 」や「 Galleria XG 」が発売開始されました。

GeForce GTX680は、2012年3月22日に発売開始されたNVIDIAの最新グラフィックス。
GTX580登場から随分長い期間があきましたが、ようやく置き換えとなる新世代のグラフィックカードが登場しました。

このGTX680は、従来のGTX580から大幅にパフォーマンスを上げながらも、
TDPにおいてはGTX580の244Wよりも49W下げた195Wを実現しています。

各メディアからも様々な情報が出ていますが、ライバルであるRadeon HD 7970と比較しても
パフォーマンス、消費電力等様々な部分において優位に立つ傾向にあり、
とても期待のできるGPUである事が分かります。

今回ドスパラでは、このGTX680を搭載したゲーム向けPCを複数販売開始。
「Galleria XG-e」はSandy Bridge-Eを採用したモデルで、「Galleria XG」はCore i7-2700K を基本搭載したモデルとなります。

以下、その構成や価格、特徴などの詳細です。


【Galleria XG-eの基本構成】
2012年3月26日に確認した情報です。

OS Windows 7 Professional 64bit(ディスク付属)
プロセッサ Core i7-3930K (3.20GHz、TB時最大3.80GHz/L3:12MB)
チップセット X79 Express
ビデオカード GeForce GTX680(2GB)
メモリ 32GB(4GB×8/PC3-12800 DDR3 SDRAM/最大64GB)
ストレージ 2TB HDD(SATA 6Gb/s接続)
光学ドライブ Blu-rayディスクドライブ(記録対応)
拡張スロット PCI Express x16×2、PCI Express x8×1、PCI Express x1×3
拡張ベイ 5インチ×3、3.5インチオープン×2、3.5インチシャドウ×4
ケース CB-350ケース
電源 750W 80PLUS 静音電源
サイズ 213×542×450(幅×奥行き×高さ/mm)
重量 約14kg

上にも記載しましたが、Galleria XG-eはSandy Bridge-Eを採用するモデルで、上記構成での価格は209,979円(税込)~。

こちらはメモリは32GBを搭載、最大で64GBものメモリ搭載が可能となっており、
GTX680に加えてCPUも比較的高価なものなので、価格は高めです。

使うとしたらクリエイティブな用途に向く製品。
カスタマイズで構成のアップグレード、及びダウングレードが可能となっています。




次にGalleria XGの構成詳細。

【Galleria XGの基本構成】
2012年3月26日に確認した情報です。

OS Windows 7 Professional 64bit(ディスク付属)
プロセッサ Core i7-2700K (3.50GHz、TB時最大3.90GHz/L3:8MB)
チップセット Z68 Express
ビデオカード GeForce GTX680(2GB)
メモリ 16GB(4GB×4/PC3-10600 DDR3 SDRAM/最大32GB)
ストレージ 2TB HDD(SATA 6Gb/s接続)
光学ドライブ Blu-rayディスクドライブ(記録対応)
拡張スロット PCI Express x16×1、PCI Express x8×1、PCI Express x4×1、PCI Express x1×2、PCI 2.0×2
拡張ベイ 5インチ×3、3.5インチオープン×2、3.5インチシャドウ×4
ケース CB-350ケース
電源 750W 80PLUS 静音電源
サイズ 213×542×450(幅×奥行き×高さ/mm)
重量 約14kg

こちらはZ68チップセット採用で、Sandy BridgeのCore i7-2700Kを搭載します。
価格は上記の構成で164,980円(税込)~。

i7-3930Kは性能は良いですが、i7-2700Kとの価格差や性能差を考えると、
コストパフォーマンス的にはGalleria XGの方が良いです。

XGもXG-e同様に、処理負荷の高いPCゲームやクリエイティブな用途に向く構成の製品です。