マウスコンピューターより、Windows 7を搭載した7型のタブレット「 LuvPad WN701 」が発表されました。

LuvPad WN701 は、防塵・防滴、落下 70cmへの耐衝撃性などを備えたタブレットで、
TPMセキュリティチップを搭載するなど、個人の他、法人向けとしても利用できるハード設計と構成を持つ製品。

7型ワイド(1024×600)の液晶を搭載したコンパクトな筺体に約526gの重量を実現しており、
軽く携帯しやすいというメリットと、スマートフォン等よりも操作性に優れるといった長所を持ち合わせます。

10.1型のWindowsタブレットはこれまでにも見かけましたが、7型は無かったのではないでしょうか。

ビジネス用途向けのAndroid端末も登場してはいるものの、
今の所はまだビジネスにはやはりWindows OSでないと難しい部分もあると感じるため、
実際に利用してみなくてはわからないものの、悪くない製品なのではないかと思います。

CPUにはAtom Z650を搭載し、メモリは2GB、32GB SSDという内容で、価格は4万9,980円(税込)。
以下、その構成の詳細です。


【LuvPad WN701 の主な構成】

OS Windows 7 Home Premium SP1 32bit
プロセッサ Atom Z650(1.20GHz)
セキュリティ セキュリティチップ (TPM TCG V1.2 準拠)
チップセット SM35 Express
グラフィックス GMA600(CPU内蔵)
メモリ 2GB(DDR2 オンボード)
ストレージ 320GB SSD
ディスプレイ 7.0型ワイドSVGA(1024×600)、静電容量式タッチパネル
無線機能 802.11b/g/n、Bluetooth 3.0 + HS
センサー 加速度センサー、照度センサー
カメラ機能 背面:200万画素、前面:30万画素
バッテリー 内蔵リチウムポリマーバッテリー(駆動時間:約6時間)
サイズ 207.1×135×16.8(幅×奥行き×高さ/mm)
重量 約526g

上記内容で、価格は49,980円(税込)。
+5,250円(税込)でWindows 7 Professionalに変更可能となります。
(法人のみの組み込み製品としてWindows Embedded Standard 7 にカスタマイズ可能)

安価な製品の多い、Androidタブレットと比較するとやや高価な部分は否めません。

ですがWindowsを搭載したタブレットを必要とされるユーザーには、
Windows OS搭載のモデルとしては安価で、コンパクトなこのタブレットは魅力だと思います。