前記事にも記載しましたが、利用しているサーバーの移転を行ないました。

昨年末にデーターべースに負荷がかかっているとの連絡を受けてから、
色々対策をとり、一応負荷は軽減されたと思うのですが、
暫くデータベースのアクセス制限はそのままに様子見という事になり・・

これを機に他のサイトなども全て見直したのですが、やはり中々制限は解除されず、
サイト運営にストレスを感じていた事、また近い将来のサーバ移転は避けられないと思ったので、
今回の移転を決めました。

動的なファイルの生成を行なうWordPressでは、記事数やアクセスが増えてくると
静的なサイトよりもサーバーに負荷がかかります。

データーベースを利用しないのであれば前のレンタルサーバーでも全然良かったのですが、
安い共有サーバーのデータベースでは、大きな負荷には耐えられませんので、
WordPressのようなツールで長くサイトを運営していくのであれば、
サーバーの移転を避けるのは難しいのではないかと今回思いました。

※まだDNSが浸透しきっていないと思うので、表示は旧サーバーのページが混ざっていると思います。
右のサイドバーの「記事」という文字の横に小さく「.(ピリオド)」が表示されていれば、それは新サーバーです。




ちなみにタイトルにも記載している通り、これまで使用していたレンタルサーバーはlolipop。

ひと昔前には色々と言われてはいましたが、最近では大幅にスペックを強化し、
価格を考えるとサービスはかなり充実していると思います。
(lolipopのサービスが提供され始めた頃からずっと使っているので、馴染みもあります。
今は全てオンラインで完結しますが、当初は契約すると郵便物が送られてきていました。)

今回の移転にあたり、lolipopの上位プランであるチカッパというサービスに乗り換えようかと
考えたのですが、若干内容を上げた程度ではまた移転しなくてはならないかもしれません。

で、自分は他にさくらインターネットも利用しているのですが、
ここは価格の割りに安定していてサービス内容も良いです。

もう利用し始めて7年ほどになりますが、トラブルは非常に少なく、
安心して利用できるサービスだと感じているので、ここにしようかと・・

・・思ったのですが、自分が考えているプランだとpaperboy&co.(lolipopの運営会社)の
最上位プランであるhetemlと内容も価格もそれ程変わりません。

hetemlは同価格帯のレンタルサーバーでは最も高機能ですし、
自分が持っているドメインも同会社で管理しているのでDNSの設定がスムーズにいくなど、
いろいろメリットがあります。

hetemlも共有サーバなので、外れを引くと思ったよりも速度が出ない等の不運もあるみたいですが、
(その場合、サーバを変えてもらったユーザーもいるみたいです)
サービス提供開始当初と比べると内容も充実していますし、安定もしているようです。

42.195GBのディスク容量とデータベース(MySQL)が最大100個まで作成できる事、
マルチドメインに対応している等..etc..、とりあえず自分の用途には使い易いサーバだと思います。
(私は他にもlolipopサーバーをいくつかレンタルしているのですが、そのサーバーの期限が切れ次第、
そちらのドメインをhetemlに移すという事もできます。)

なお、その他にエックスサーバーとhetemlとでも迷いました。
hetemlに決めた理由は一番はサービスの内容ですが、これまで使っていたサービスと同会社って部分もあります。

hetemlの詳細


レンタルサーバと一口にいっても非常に数多くのサービスがあり、
もっと検討の余地があったのかもしれませんが、個人が利用できるような価格帯で絶対に
大丈夫なんてのはないと思います。

快適かそうでないかは、同じサーバーを利用する他のユーザーの使い方などにもよると思いますので、
運もあるかもしれません。(まあ、あまり高い負荷をかけると利用制限かけられると思いますが)

そんなわけで、今回lolipopからhetemlへ移動しました。



というわけで、次記事では新サーバーへの移行の過程を掲載したいと思います。

過去、サーバーの引越しは何度かやった事があるのですが、今回久しぶりだったので
自分のうっかりでWordPressの移行中にあれ?って事があり、ちょっと時間を食ってしまいました。