2012年1月31日レノボより、昨年の末に登場した IdeaPad U300s の下位モデルが発表されました。

U300sは13.3インチ(1,366×768)の液晶を搭載する重さ約1.32kgのUltrabook。

Core i7-2677Mや256GBのSSDなど、Ultrabookとしては比較的ハイスペックな構成を持つ、
つなぎ目のないワンピース構成・最薄部14.9mm・クレメンタインオレンジカラーの筺体が特徴的なノートPCです。

今回登場したIdeaPad U300s は、Core i5-2467Mや128GBのSSDなど、
構成をグレードダウンして価格を抑えた下位モデルで、天板カラーにグラファイトグレーを採用。

従来のモデルはUltrabookではどちらかというと個性的な雰囲気を持つマシンでしたが、
今回のグラファイトグレーを採用したモデルは、外観はよりUltrabookらしいモデルだと思います。
(悪く言えば、どのモデルも非常に似て見えるのですが・・)

というわけで以下、IdeaPad U300s 下位モデルの構成と価格です。


【IdeaPad U300s (108075J)の主な構成】

OS Windows 7 Home Premium SP1 64bit
プロセッサ Core i5-2467M (1.6GHz、TB時最大2.3GHz)
チップセット QS67 Express
ビデオカード HD グラフィックス3000
メモリ 4GB(4GB×1/PC3-10600 DDR3 SDRAM/最大4GB)
ストレージ 128GB SSD
ディスプレイ 13.3型ワイドHD(1366×768)、光沢あり
無線機能 IEEE802.11 b/g/n、Bluetooth 3.0
サイズ 324×216×14.9(幅×奥行き×高さ/mm)
重量 約1.32 kg
バッテリー 4セル(バッテリー駆動時間:約7.5時間)

下位モデルと上位モデルの違いは、Core i7-2677Mが Core i5-2467Mに、
256GB SSDが128GB SSDにグレードダウンした事、そして筺体のカラーにグラファイトグレーが採用された事。

インターフェース等に違いはありません。

気になる価格ですが、従来の上位モデルが15万円前後であったのに対し、
今回登場した U300sは11万円前後

以前のモデルは価格的に気軽に購入できるようなものではありませんでしたが、
価格を落とした事で少しはお求め安くなったかもしれません。

ですが10万を切るUltrabookも多数出ている事を考えると、
まだ少し高いかもしれないと思います。

製品の販売開始予定日は2012年2月3日(金)、量販店でのみ販売されます。

【2012年2月2日追記】
諸般の事情で、3月上旬に発売が延期されるとの発表がありました。
何か、毎回製品の発売が延期されているような気がしないでも・・



IdeaPad U300s (クレメンタインオレンジ)の実機レビューはこちら