ENVYシリーズ初の15.6型モデル「 ENVY15-3000 」です。(これまでは17.3型と14型のみ)
今回のモデルは最上級シリーズらしい内容で登場しました。

【特徴・機能】

・2012年春モデルノートの最上位モデル
・キーボードは英語配列
・Beats Audioスピーカーを6基、サブウーファーを2基搭載
・音量レベルをダイヤルで調整可能な「アナログ・ボリュームコントローラー」搭載
・在席、及び離席時にキーボードのバックライトが自動でオン・オフされる近接センサーを搭載
・バッテリ駆動時間は約8時間
・Adobe Premiere Elements 9や Photoshop Elements 9を標準搭載
・2月上旬発売予定

Beats Audioスピーカーを6基、サブウーファーを2基搭載しており、
ノートPCですが、音質に拘る方にはかなり魅力的なモデルだと思います。

ただ、従来の製品と同じく、Adobe Premiere Elementsなどのソフトがバンドルされており、
不必要な方には無駄となる可能性があること、またキーボードが英語版しか用意されておらず、
慣れていない方には操作性の面で難があるかもしれません。

なお、直販モデルと量販店モデルとでは構成が異なり、
量販店モデルは直販モデルよりも性能を下げた内容となります。

個人的には価格と内容的に直販モデルの方が魅力があるように思えます。


以下、ENVY15-3000の直販モデル、量販店モデルの主な構成です。


【ENVY15-3000 直販モデルの主な仕様】

15.6型フルHD(1,920×1,080)
Core i7-2670QM(2.20GHz)
8GBメモリ
300GB SSD(インテル製)
Radeon HD 7690M(スイッチャブルグラフィックス対応)
IEEE 802.11a/b/g/n、Bluetooth 4.0
DVDスーパーマルチドライブ(スロットイン方式)

直販価格:139,650円

【ENVY15-3000 量販店モデルの主な仕様】

15.6型HD(1,366×768)
Core i5-2450M(2.50GHz)
4GB メモリ
750GB HDD
Radeon HD 7690M(スイッチャブルグラフィックス対応)
IEEE 802.11a/b/g/n、Bluetooth 4.0
DVDスーパーマルチドライブ(スロットイン方式)

店頭予想価格:13万円前後

冒頭にも記載していますが、販売は2012年2月上旬となります。
詳しい構成に関しては製品ページでご確認下さい。