記事にするのが遅くなりましたが・・
2011年10月24日に登場したインテルのCore i7-2700Kを搭載したマシンが、
同日にドスパラより発売されました。

発売されたのは「Prime Galleria XF-K」と「Prime Galleria XT」の2モデル。

「Prime Galleria XF-K」は、Z68搭載マザーボードにCore i7-2700K、GTX570、8GBメモリ、2TB HDD、
DVDスーパーマルチドライブ、750W 80Plus DELTA ELECTRONICS製の電源を搭載した高性能デスクトップPC。
Windows 7 Professional インストール済みで、価格は¥119,980(税込)となります。

そして「Prime Galleria XT」も同じくZ68搭載マザーボードにCore i7-2700K、GTX560 Ti、8GBメモリ、2TB HDD、
DVDスーパーマルチドライブ、550W DELTA ELECTRONICS製の電源を搭載。
こちらはWindows 7 Home Premium インストール済みで¥99,980円(税込)。

両モデルともカスタマイズが可能です。


なお、同日にマウスコンピューターやTSUKUMO、フェイスからもCore i7-2700Kを搭載したマシンが発売されています。BTO系のメーカーはさすがに早いです。

Core i7-2700Kはクロックが3.50GHz、TB時は最大3.90GHz、L3キャッシュが8MB、
ハイパースレディングに対応、TDPは95W。
Core i7-2600Kとの違いはクロックのみで、他は同じです。(2600Kは3.40GHz、TB時最大3.80GHz)

ですが価格も2モデル間ではさほど変わらず、
2700Kは現在秋葉で28000円前後の価格で販売されているそうです。
最初からこの価格は安いですね。

でも先ではIvyBridgeも見えているので、必要でないなら待ったほうが良いのかも・・